ほむか速報!まどマギ SS マギレコ まとめ【魔法少女まどか☆マギカ】

魔法少女まどか☆マギカのSS、フィギュアやグッズのレビュー、マギアレコードなどを主に取り扱っています。

魔法少女まどか☆マギカの自作SSや、ねんどろいど、キューポッシュをメインにしたフィギュアやグッズのレビューがメインのブログです。
現在はマギアレコード(マギレコ)の感想なども行っています。

ゆるまぎ

ゆるまぎ 第⑨話 「あたし、シアンと言いますにゃ(噛み)」⑧

翌日の放課後

マギカ部

マミ「いらっしゃい!あなたが聖川さんね?」

シアン「は、はい、聖川詩杏と言いますにゃ」

マミ「にゃ?」

さやか「ああ、緊張したりすると噛んでこうなるんですよ」

シアン「あぅ…」

マミ「あら?そうなの…ふふ、昨日の船見さんの写真はそう言うことだったのね」

マミ「まあ、それはおいといて…私は巴マミ、二年生で一応部長をつとめているわ」

マミ「改めてマギカ部にいらっしゃい」

シアン「は、はいですにゃ!」

まどか「うぇひひ、そんなに緊張しなくても大丈夫だよ?」

シアン「うぅ、わかってるんだけどにやぁ…」

杏子「もうシアン=猫ってなってるし一々気にしなくても大丈夫だって」

仁美「ふふ、そうですわね」

シアン「それって良いことなのかな…」

さやか「良いことだって、むしろ特徴あっていいじゃん」

シアン「んー…」

ほむら「それよりも、あなたバンドがしたいのよね?」

シアン「あ、うん、そうなの」

まどか「ごらく部はどうだったの?」

シアン「みんな仲良くて面白そうだったよ」

シアン「歳納先輩は一人で作曲もしてたから、すごいなぁって」

マミ「歳納さんは天才だからね…この前もテストで学年1位だったし」

シアン「にゃ!?そんなに頭も良いのにゃ!?」

さやか「うん、まじもんの天才よ」

シアン「にゃにゃにゃ…」

杏子「もはや噛むってレベルじゃなくね?」

仁美「まあまあ」

ほむら「巴さんはバンドについてどう思う?」

マミ「私も音楽には興味あるんだけど、楽器持ってないのよね」

仁美「楽器なら私が用意できますわ」

マミ「え、ほんと?」

仁美「ええ、昔レッスン用で一通り買い揃えていますの」

さやか「さすがお嬢様…!」

杏子「んじゃ楽器はクリアだな」

マミ「ええ、作曲はどう?誰かできる?」

杏子「あたしパス」

さやか「あたしはちょっと…」

まどか「わ、わたしも…」

ほむら(入院中に色々試したことあるから、できると思うけど)

ほむら(恥ずかしいから言いにくいなぁ…)

ほむら「…」ソワソワ

まどか「…?」

仁美「私は多少はできるかもしれませんが…シアンさんはできますわよね?」

シアン「う、うん!一応できますにゃ!」

マミ「そうなの?じゃあ聖川さんに作曲をお願いして作詞はみんなでしてみない!?」

ほむら「!」

シアン「!」

杏子「おー、いいんじゃない?」

仁美「私も賛成ですわ」

さやか「楽しそうじゃん!」

ほむら「……」シュン

まどか「…」

まどか(ほむらちゃん…)

シアン「で、でもごらく部はどうしよう…」

マミ「歳納さんや船見さんなら笑顔で応援してくれるはずよ」

さやか「あかりやちなつもそうだし、ごらく部はあの4人で完成系だし、シアンはこっちでやれば良いよ」

シアン「そうかなぁ…」

さやか「ま、どのみちセッションとか手伝うだろうし一緒に楽しめば大丈夫だよ」

マミ「うん、それが良いわね」

シアン「そ、それじゃあ…」

杏子「決まりだな」

ほむら「…」

まどか「ほむらちゃん、ちょっといいかな?」

ほむら「え?」

まどか「こっちに来て?」

ほむら「なに…?」

まどか「ここならみんなには聞こえないかな?」

ほむら「どうしたの?」

まどか「ほむらちゃん、作曲できるよね?」

ほむら「え!?」

まどか「てぃひひ」

ほむら「なんでそれを…?」

まどか「だってほむらちゃん、機嫌が良いとき鼻歌歌ってるけど知らない曲ばかりだし」

まどか「色々良くなっていってるから、自分で考えてるのかなぁ…って」

ほむら「!?///」

まどか「大丈夫だよ、わたししか知らないはずだし」

ほむら(たしかにリラックスしてる時は歌ってるかもしれないけど…)

ほむら(まさか聴かれてたなんて…!?)

ゆるまぎ 第⑨話 「あたし、シアンと言いますにゃ(噛み)」⑦

シアン「さやかちゃんは音楽に興味はないの?」

さやか「んー、ないわけじゃないけど…」

シアン「けど?」

さやか「バンドって言うよりかはクラシックって感じかなー」

シアン「クラシック…あ、わかったにゃ!」

さやか「ん?なにが?」

シアン「さやかちゃん、恭介くんのことが好きだったのにゃ!」

さやか「は!!?」

シアン「懐かしいにゃ!」

さやか「ちょ!ちょっ!ちょ!な、なにいってんのさ!ってかテンション上がりすぎ!」

シアン「あ…ご、ごめんね」

さやか「緊張した時の他にテンション上がっても語尾変わるのね…」

シアン「あはは…」

さやか「って言うか、恭介はただの幼馴染みだから!そんなんじゃないから!」

シアン「う、うん…」

ちなつ「……」

あかり「ん?どうしたの?」

ちなつ「ううん、さやかちゃんはそっちなんだなーって」

あかり「??」

ちなつ「あ、気にしないで?普通のことだし」

あかり「うん??」

京子「送信っと」

結衣「おま…っ!だ、誰に送った!?」

京子「なんとなくマミ」

結衣「なんでマミ!?」

京子「それよりも、バンドかー」

あかり「京子ちゃんはどうしたい?」

京子「実はもう何曲か作曲してるんだよね」

結衣「いつのまに作ってたんだよ」

シアン「作曲できるんですか?」

京子「まぁねー、ミラクるんの同人ゲームとかでも使うから慣れっこよ」

ちなつ「相変わらず無駄にスペック高いですね」

京子「ふっふっふ、そんなに誉めても曲しか出ないよ」

ちなつ「別にほめてませんよー」

さやか「作曲とかやり方すらわかんないわ」

京子「頭に浮かんだ音楽を再現するだけだよ?」

さやか「うーん………」

さやか「ダメだ、パクリっぽくなっちゃう…」

結衣「こいつはほんと無駄に天才肌だからね、作曲なんてそうそうできないよ」

あかり「あかりも何か作ってみたいなぁ」

ちなつ「私は結衣先輩と一緒に作曲したいです!」

結衣「それじゃあ今度挑戦してみよっか」

ちなつ「ほんとですか!?やたーーー!!!」

シアン「…」ポカーン

さやか「シアンは作曲できるの?」

シアン「う、うん、一応何曲かは向こうで作ったよ」

さやか「へー!こんど聴かせてよ!」

シアン「うん」

京子「んじゃ、私の曲も一緒に弾こうぜ!」

シアン「先輩は何か楽器持ってるんですか?」

京子「もってるよん!」

あかり「あれ?京子ちゃん持ってたの?」

京子「ギター!」

あかり「わぁー!」

結衣「どうせエアギターだろ」

ちなつ「でしょうね」

京子「ぶー、エアギターだってれっきとしたギターなのにー」

結衣「空気じゃねぇか」

さやか「シアンもギターだったよね?」

シアン「うん、ストロベリーハートって言うの」

さやか「おー!なんかすごい!」

京子「今度セッションしようなー!」

シアン「は、はいですにゃ」

ちなつ「ちょっと先輩、シアンちゃん困ってるじゃないですか」

シアン「だ、大丈夫にゃ」

ちなつ「でもにゃ、って言ってるし」

シアン「はぅ…///」

さやか「シアンは口調でだいたいのことわかるよね」

シアン「うぅ」

あかり「あかりは可愛いと思うよぉ」

シアン「あ、ありがとにゃ」

結衣「ふふ、本当に可愛いね」

ちなつ「!!」

ちなつ「う、羨ましい…」ギリリ

シアン「にゃ!?」ビクッ

さやか「あはは…えーっと、明日はマギカ部で話し聞いてみよっか」

シアン「う、うん」

ゆるまぎ 第⑨話 「あたし、シアンと言いますにゃ(噛み)」⑥

ごらく部

京子「おおー!君がシアにゃんか!」

シアン「し、しあにゃん…?」

結衣「ああ、ごめんね。こいつの言うことは気にしなくていいよ」

シアン「は、はぁ…」

京子「あかりから話は聞いておいたよ!私は歳納京子!よろしくね!」

結衣「私は船見結衣。転校して来たばかりで色々大変だとは思うけど」

結衣「わからなかったり困ったりした時はすぐに言ってね」

シアン「は、はい!ありがとうございます」

シアン「あ、えぇと、あたしは聖川詩杏と言いますにゃ!」

京子「む!」

シアン「またやっちゃった…///」

京子「おお!たしかに口癖が猫っぽい!」

シアン「別に口癖とかじゃないですにゃ…はぅ///」

京子「いいねいいね!!」

あかり「もぉ、京子ちゃん!あんまり食いついたらダメだよぉ」

京子「可愛いからさ~」

シアン「うう…」

結衣「んー、噛む癖があるのかな?」

シアン「は、はい…」

さやか「小さい頃からだから完全に癖なっちゃってますね!」

結衣「そっか…大変かも知れないけど、私はその癖悪くないと思うよ」

シアン「そ、そうですか?」

結衣「うん、すごく可愛いと思うし、むしろその癖を生かしてみると良いかもしれないね」

ちなつ「!!!」

シアン「癖を生かす…?」

結衣「うん、シアンちゃんはどことなく猫っぽい見た目だし」

結衣「シアンちゃんのチャームポイントになるようにしてみるとかさ」

シアン「チャームポイント…」

結衣「そう、もちろん時と場合にもよるけどね」

シアン「…」

京子「シアンちゃん困ってんじゃん、何か結衣が見本見せてあげなよ」

ちなつ「!!!」

結衣「え?私が…?」

結衣「うーーーん…」

結衣「………」

結衣「…に、に、にゃあ」ニコ

ちなつ「…」

京子「おし」REC

結衣「うぉぉぉぉぉぉい!何やってんだおまえ!!」

京子「結衣にゃんのムービーだよん☆」

結衣「けせえぇぇぇぇぇぇぇぇ」

あかり「見本になったかはわかんないけど結衣ちゃん可愛いね」

ちなつ「…」

あかり「ちなつちゃん?」

ちなつ「…」

さやか「気絶してる」

あかり「んん!?なんで?」

さやか「さっきの先輩はあたしから見ても破壊力抜群だったかし、ちなつちゃんなら瞬殺されても仕方ないわ」

あかり「ええー!?目を覚ましてちなつちゃーん!」ペシペシ

ちなつ「ふ…ふふふ…」

あかり「わーん!」

京子「いやぁ、結衣にゃんは可愛いにゃんねぇ」

結衣「いいからけせえぇぇぇぇぇぇぇぇ!」

シアン「あわわ」

さやか「相変わらずごらく部は4人で完成してるなー」

シアン「いつもこうなの?」

さやか「だねー、あたしらも仮入部したけどこんな感じだった」

シアン「そうなんだ、すごく賑やかだね」

さやか「そう言えばシアンって前の学校の部活どんな感じだったの?」

シアン「プラズマジカのことでいいのかな?」

さやか「そうそうそれそれ」

シアン「んとね、プラズマジカはあたしは途中から入ったんだけど」

シアン「4人って少ないメンバーだったけどすごく楽しかったよ」

さやか「どんな子がいたの?」

シアン「メンバーはあたしとレトリーとチュチュとモアで…」

さやか「え!?日本人なのそれ!?」

シアン「あっ、ううん。さっきのはバンドでの名前なの。あたしだけシアンのままだったけど」

シアン「でも漢字の詩杏じゃなくてカタカナでシアンだけどね」

さやか「ああ、なるほど」

シアン「ちなみにレトリーは最近歌い方を変えたけど、前はさやかちゃんと歌声が似てたよ」

さやか「あー、だからレトリーって言ってたわけね」

ゆるまぎ 第⑨話 「あたし、シアンと言いますにゃ(噛み)」⑤

放課後

さやか「ふー終わった終わった」

まどか「シアンちゃん、疲れたりしてない?大丈夫?」

シアン「ううん、大丈夫」

さやか「部活どうする?」

シアン「うーん…」

櫻子「うちはバンド部?ないからなー」

櫻子「杉浦先輩に頼んでみる?」

向日葵「ごらく部やマギカ部の時のように一定の生徒数がいないと成立しないから…どうかしら」

ちなつ「結衣先輩って音楽とかするのかな?」

あかり「んー…結衣ちゃんも京子ちゃんも特に…」

あかり「あ、でもこの前京子ちゃんがごらく部の歌作りたいって言ってたよぉ」

ちなつ「え?ごらく部の歌…あー、なんとなく想像できるかも」

シアン「あの、ごらく部って…?」

さやか「ごらく部はあかりやちなつの部活なんだけど」

さやか「まぁ簡単な話、好きなことをして過ごす部活って感じかなー」

シアン「え!?そんな自由な部活があるの!?」

さやか「あるんだなーそれが」

シアン「な、なんか凄い…」

さやか「まあねー」

杏子「マギカ部も結局ごらく部と一緒だけどなー」

さやか「たしかに何時もお茶してるだけだしね」

シアン「マジカ部!?」

さやか「マギカね、マギカ」

シアン「あっ…」

さやか「マギカ部はあたし、杏子、まどか、仁美、ほむら、あと2年の先輩一人が部員なんだけどさ」

さやか「さっきのごらく部みたいに好きなことを気儘にする部活なんだよね」

シアン「あんまりそんな部活って聞いたことにゃい…」

仁美「この学校は生徒の自主性を尊重するのがモットーらしいのですわ」

櫻子「マギカ部やごらく部以外にもいろんな変わった部活あるよね」

向日葵「それもあって学園祭はなかなか特殊なものらしいですわね」

シアン「学園祭はいつするの?」

さやか「えーと、いつだっけ?」

杏子「いつだっけ?」

ほむら「来月の終わりごろよ」

まどか「もうそんな時期なんだね」

あかり「京子ちゃんもそこでごらく部の歌を発表したいらしいよぉ」

ちなつ「えっ、人前で歌うの?」

あかり「ちょっぴり恥ずかしい気もするけど、きっと楽しいと思うなぁ」

ちなつ「んー…結衣先輩と同じステージに立てるなら悪くない…かも」

さやか「ならさ、シアンに演奏してもらったら良いんじゃない?」

シアン「!」

ちなつ「あー、それならシアンちゃんも演奏できるし悪くはないかもね」

あかり「京子ちゃんも結衣ちゃんもきっと喜んでくれるよぉ」

シアン「だ、大丈夫かにゃ…」

さやか「んじゃ、今日はごらく部に体験入部してみたら?」

ちなつ「うん、それが良いかも」

シアン「な、ならそうしてみようかな…」

さやか「あたしも一応付いてくから心配しなくていいよ」

シアン「いいの?」

さやか「うん、それに先輩は二人とも優しいし全然大丈夫!」

シアン「なら…」

さやか「よし!んじゃ今日はあたしマギカ部休むね!」

仁美「ええ、一応私達も演奏の件を伝えておきますわ」

杏子「マミなら案外乗り気になるかもな」

まどか「ほむらちゃんはバンドってどう思う?」

ほむら「えっ」

ほむら(バンド…恥ずかしい)

まどか「わたしはね、目立つの苦手だけど歌ったりしてみたいなぁ…って」

まどか「だからいつかみんなとそんなことがしてみたいの」

ほむら「…みんなとなら、私も…」

まどか「ほんと?いつかはそうしたいね!」

ほむら「…うん」

ゆるまぎ 第⑨話 「あたし、シアンと言いますにゃ(噛み)」④

詩杏「さやかちゃん!」

さやか「シアンー!すっげー懐かしい!」

杏子「…」

まどか「知ってるの?」

さやか「知ってるも何も、ちょうどさっき話してた転校してったあたしの友達だよ!」

仁美「先ほどの!」

さやか「シアン変わってないなぁ」

詩杏「さやかちゃんこそ変わってないね」

さやか「もう漢字で名前書けるようになった?」

詩杏「さすがに書けるよー」

さやか「いやさ、あの頃はまだシアンって漢字で書けなかったから」

さやか「カタカナでシアンって書いてたんだよ」

詩杏「さやかちゃんはひらがなだから簡単で羨ましかったよ」

櫻子「わかるわかる!私は木貝貝女でやっと覚えたもん!これぞ大室流!」

向日葵「私も向日葵と書くのには苦労しましたわ」

あかり「私たちはひらがなだから確かに楽だったねぇ」

ちなつ「ちなつ、あかり、ほむら、まどか、さやか…うん、多いね」

ほむら「うん」

杏子「あたしも最初は木口子で覚えたっけ」

詩杏「それなら、あたしも言寺木口だからそんなに難しくもなかったんだけど」

詩杏「シアンってカタカナの方がなんだか可愛くて好きだったのにゃ!」

詩杏「はぅ///」

さやか「あはは!相変わらず猫みたいな噛み癖があるねー」

詩杏「うぅ…」

まどか「でも猫みたいで可愛いよ!名前もシアンって猫にいそうだし!」

詩杏「実は前の学校でもそう言われてて、詩杏よりもシアンって書かれることが多かったの」

さやか「まー、漢字よりカタカナのシアンの方がしっくりするし、こっちでもそうしよっか」

杏子「詩杏だとあたしまであんことか言われそうだし、あたしも賛成しとくわ」

ちなつ「別にどっちでも良いような…」

ほむら「あはは…」

さやか「んじゃシアン!これからもよろしくね!」

シアン「うん!さやかちゃんがいてくれて良かったぁ」

さやか「またこっちに戻ってきたんだね」

シアン「うん、色々あって…」

ちなつ「前の学校では何をしてたの?」

シアン「バンドを組んでたの」

櫻子「バンド!何て名前!?」

シアン「プラズマジカってバンドにゃ」

シアン「…///」

さやか「いちいち照れなくても可愛い個性だから大丈夫だってー」

シアン「あはは…」

あかり「プラズマジカ!なんだかカッコいい名前だね」

まどか「轟き響けー!って漢字でカッコいいと思うなぁ」

杏子「なんかマミが喜びそうな名前だなー」

仁美「プラズマギカでも結成しそうですわ」

さやか「いい名前だね、あたし好きだよ」

シアン「うん、あたしも大好き…今も…」

シアン「みんな…」

さやか「そっか…みんなとは離ればなれになっちゃったんだもんね」

シアン「……でも、二度と会えなくなったわけじゃないから大丈夫」

ちなつ「そうだよ、転校してそれっきり。なんてことはないんだしね」

ちなつ「私も転校してほむらちゃんと離ればなれになったけど、今はまたこうして会うことができたんだし」

ほむら「ええ」

シアン「!それは良かったのにゃ!」

まどか「わたしはみんなとずっと一緒にいたいから転校はしたくないかも…」

ほむら「…」

ちなつ「まぁ確かに転校って寂しいし色々大変だけど、良いこともたくさんあるから悪いものじゃないよ」

ちなつ「シアンちゃんも大変だと思うけど、私達がついてるから安心してね」

シアン「うん、ありがとう!」

さやか「まーさやかちゃんがいる限り大丈夫!大船に乗ったつもりでいてね!」

まどか「わたし達もいるよ」

櫻子「生徒会パワーで応援するからね!」

あかり「よろしくね」

さやか「改めてよろしくぅ!」

シアン「みんな…うん、よろしくね!」

シアン「すごくぷるぷるにゃん!」
あけみふうふ!
www_dotup_org3517771
記事検索はここでガンガンやっちゃいますからねー!
コメント・フィナーレ!!
てぃひひ!ギャラリーだよ
  • 勇者まどか
  • 勇者まどか
  • ほむら
  • 【マギレコ】巴マミドッペル解放、遊佐葉月と三栗あやめ覚醒、そしてまドッペル再び【マギアレコード】
  • 【マギレコ】巴マミドッペル解放、遊佐葉月と三栗あやめ覚醒、そしてまドッペル再び【マギアレコード】
  • 【マギレコ】巴マミドッペル解放、遊佐葉月と三栗あやめ覚醒、そしてまドッペル再び【マギアレコード】
livedoor プロフィールです
Q今月は?
Aさやかちゃん感謝月間!
あん?
やーいやーいバカさやかのバーカ
は?
バカって言ったほうがバカなのよこのバカ杏子!
バカ論争や記事カテゴリよりも、私はまどかを見たいわ
QRコードなのです
QRコード
アクセスアップの協力、感謝するわ
PVランキング にほんブログ村 アニメブログ 魔法少女まどか☆マギカへ
君のそばでいつまでも...
www_dotup_org3517771