自作まどかSSまとめブログ!
ほむらの妹の、ほむかによる、まどほむ百合夫婦の為の
魔法少女まどか☆マギカのブログです。
魔法少女まどか☆マギカの自作SSや、ねんどろいど、キューポッシュをメインにしたフィギュアやグッズのレビューがメインのブログです。
まどか SS ブログ !

まどかvsマドカvsアルティメットまどか

まどかvsマドカvsアルティメットまどか②⑨

まどか「あれ?この頃にはもうメガほむちゃんじゃなくなってるんだ…」

ほむら「この頃から私は誰にも頼らずにワルプルギスを倒すように模索し始めたのよ」

まどか「誰にも頼らずにって…ずっと一人だったの?」

ほむら「例外もあるにはあるけど、基本的にはそうだったわ」

まどか「わたしは…?」

ほむら「まどかともできる限り距離を置くようにしていたわ」

まどか「そんな…」

ほむら「でも何故かだんだん、まどかの方から私に近寄るようになっていたのよね」

ほむら「私にしろ巴マミにしろ、魔法少女には近付いて欲しくなかったのに…」

まどか「え、えっと…ごめんね?」

モニタリングルーム

アルティメットまどか「ほむらちゃんがループすればするほど因果が私に集まったんだけど」

アルティメットまどか「それとは別に、無意識のうちにほむらちゃんを意識する力も強くなったみたいだったね」

マドカ「それに途中からはほぼ毎回前回の時間軸が夢として現れてたもんね」

アルティメットまどか「そうそう、だからほとんど見てないはずなのに」

アルティメットまどか「ほむらちゃんの魔法少女姿も簡単にイラストにできたもん」

ほーむルーム

まどか「この辺りの時間軸はほとんどわたしの後ろ姿しか写真ないんだね…」

ほむら「どの時間軸のまどかも忘れることのないよう最低1枚は写真におさめるようしていたの」

ほむら「結局、盗撮みたいになってしまったのだけどね…ごめんなさい」

まどか「別に盗撮とかじゃ…ん?」

まどか「ねぇ、ほむらちゃん…よく見たらどの写真のわたしも、ほら」

ほむら「え?」

まどか「後ろ向いてるけど微妙にこっち見てる気がするよ」

ほむら「えっ!?」

まどか「これも、これも…あ、これなんて確実にこっち見てるよね」

ほむら「??」

モニタリングルーム

アルティメットまどか「正直、ほむらちゃんが写真撮ってるのは知ってたよ」

アルティメットまどか「ほむらちゃん隠れるの下手だしバレバレなんだもん」

アルティメットまどか「あの頃は理由まではわからなかったけど…」

アルティメットまどか「いつもそっけないほむらちゃんが一生懸命写真撮ろうとしてるのを見たら」

アルティメットまどか「気付かないふりをしてあげたいなって思ったんだよ」

マドカ「ほむらちゃんって結構抜けてるんだよね」

マドカ「でもそこが可愛いの!」

アルティメットまどか「そうそう!」

ほーむルーム

ほむら「まさか…まどかはわかってて写真を撮られてたの…?」

まどか「そうみたいだね」

ほむら「そんな…」

まどか「ほむらちゃんはさ、このわたしも撮ってたでしょ?」

ほむら「!?」

まどか「わたしはね、それに気付いていたの」

ほむら「な…?」

まどか「ほむらちゃんって写真撮るのに時間かかるよね」

ほむら「ま、まあ…」

まどか「なんとなく雰囲気で察せたの、ほむらちゃんが何かを頑張ってるって」

まどか「わたしもほむらちゃんのこと気になってたし、これがきっかけで仲良くなれたらな」

まどか「くらいにしか考えてなかったよ、だから気付かないふりをしてたの」

まどか「たぶん他のわたしもそうだったんじゃないのかな」

ほむら「そんな…そんなことが…」

モニタリングルーム

アルティメットまどか「時間停止して撮ればいいのに、それはしようとしないところが可愛いよね」

マドカ「あれは時間停止すればいいことに気付いてないだけだよ」

マドカ「隠れて写真を撮ることだけに気を取られすぎるみたい」

マドカ「しかも物陰からじゃなくて、普通に撮ろうとするからね」

アルティメットまどか「ほむらちゃんってそんな時メガほむちゃんっぽさが出てくるよね」

マドカ「根は何も変わってないからねー」

まどかvsマドカvsアルティメットまどか②⑧

ほむら「これは2つ目の時間軸よ」

まどか「あっ、さやかちゃんや杏子ちゃんもいるんだね」

ほむら「ええ、この時の美樹さやかと佐倉杏子の険悪さは凄かったわ」

ほむら「おかげで巻き込まれるし…まさかあの二人が同棲するようになるとはこの時は思いもしなかったわ」

モニタリングルーム

アルティメットまどか「居候と言う名の同棲だね」

マドカ「あなたの改編だと杏子ちゃんどこに住んでるのかイマイチわかんなかったけど」

マドカ「ほむらちゃんの改編だと同棲してるんだよね」

アルティメットまどか「さやかちゃん、円環の理になれた頃にはもう杏子ちゃんしか見てないくらいだったよ」

マドカ「杏子ちゃんてほとんどの時間軸でさやかちゃんの為に命落としてるもんね」

マドカ「それを知ったらああなるよ」

アルティメットまどか「私のほむらちゃんと同じだもんね」

マドカ「一方である意味最大の宿敵だったマミさんとなぎさちゃんが仲良くなれたのは意外かも」

アルティメットまどか「なぎさちゃんはマミさんに凄く罪悪感持ってたもん」

アルティメットまどか「だからべべとして一緒に生活したんだけど」

アルティメットまどか「いつの間にか罪滅ぼしじゃなくて、ただ単にマミさんになついたんだよね」

アルティメットまどか「マミさんも妹ができてみたいに喜んでたし、これで良かったよ」

マドカ「これもほむらちゃんのおかげだね」

ほーむルーム

まどか「メガほむちゃんと一緒にいるわたし、幸せそうだなぁ」

ほむら(メガほむってどこにいっても呼ばれるのは何故かしら…)

ほむら「わたしは友達と呼べる存在はまどかくらいしかいなかったのよ」

まどか「マミさんは?」

ほむら「巴マミは友達と言うよりも先輩、仲間、師匠…って感じだったわね」

ほむら「最初の頃は…」

まどか「最初の頃だけ?」

ほむら「私が巴マミと友好的だったのは3週目までなのよ」

ほむら「4週目からは、まどかが魔法少女になるのを阻止するのが第一優先だったのだけど」

ほむら「巴マミはまどかが魔法少女になるきっかけを作る存在だから大変だったわ」

ほむら「まぁ…仲間が欲しいと言う巴マミの気持ちは理解しているつもりよ」

ほむら「でもまどか抜きだと私との相性も良くなくて」

ほむら「仲良くなろうと思って声をかけても、かえってお互い警戒するだけで終わってばかりだったわ」

まどか「そんな…マミさん凄く優しいのに…」

ほむら「それはもちろんわかってる、でも…」

ほむら「……」

モニタリングルーム

アルティメットまどか「ほむらちゃんは杏子ちゃんとは最初から仲良さげだったし」

アルティメットまどか「さやかちゃんとも犬猿の仲だけど、喧嘩するほど仲が良いって感じに今は落ち着いたよね」

アルティメットまどか「でもマミさんとは未だに仲良くなれてないの…」

マドカ「ほむらちゃんとマミさんって意外と似てる部分多いんだよね」

マドカ「さやかちゃんとは正反対って感じなのが逆に良かったりするし」

マドカ「杏子ちゃんは何だかんだで面倒見が良いから仲間になってくれる」

マドカ「でもマミさんとだと、お互い真面目すぎて仲が拗れちゃうんだよね」

アルティメットまどか「一段落ついたら、ほむらちゃんとマミさんが仲良くなれるよう応援したいね」

マドカ「そうだね」

ほーむルーム

まどか「ほむらちゃんはマミさんと仲良くなりたくないの?」

ほむら「……」

まどか「マミさんはほむらちゃんと仲良くなりたいって思ってるよ」

ほむら「……考えておくわ」

ほむら(ほんと…あの子はどうも苦手なのよね…)

ほむら(何もされてなくても負けた気分になるし…)

ほむら(何故なのかしら?年下だから…?)

ほむら(でも同い年なら同い年でなんとなく嫌ね、むしろ年上で助かるくらいだわ)

ほむら(……?)

まどかvsマドカvsアルティメットまどか②⑦

まどか「アルバムとかないかな?」

ほむら「アルバム…」

まどか「うん、今までの世界のアルバムがあったら見てみたいなって」

ほむら「……わかったわ、私はあなたから記憶を奪ったんだもの」

ほむら「アルバムを見せるくらいなら…その責任はあるわ」

まどか「うーん、責任とかそんな難しく考えなくていいよ?」

モニタリングルーム

アルティメットまどか「ほむらちゃんは真面目すぎるんだよね」

マドカ「でもそこがいいんだよ」

アルティメットまどか「そうだよね!」

ほーむルーム

ほむら「準備できたわ、アルバムと言ってもデータだけれど」

まどか「ほむPad」

ほむら「iよ?」

モニタリングルーム

マドカ「!!!」

アルティメットまどか「急に変なこと言い出したね」

マドカ「…」

アルティメットまどか「ん?」

マドカ「あ、う、うん、そうだね」

アルティメットまどか「?」

ほーむルーム

ほむら「えっと…こんな感じかしら」

まどか「わっ?こんなにあるの?」

ほむら「それぞれの時間軸で別けているの」

ほむら「だから数枚しかない時間軸もあったりするわ」

まどか「そうなんだ…」

ほむら「まずは最初の時間軸よ」

まどか「!!ほむらちゃんが眼鏡してる!!!」

ほむら「目が悪かったの」

まどか「なんで今はしてないの?」

ほむら「魔法で治したのよ」

まどか「……そっかぁ」

ほむら(なんであんなにガッカリしてるのかしら)

モニタリングルーム

アルティメットまどか「メガほむモードなほむらちゃんの可愛さは抜群だもんね」

マドカ「それもあるけど、なんであんなに眼鏡が好きなのかな?」

アルティメットまどか「うーん、たぶんパパが眼鏡してるから憧れてたんじゃないかな?」

アルティメットまどか「私は眼鏡があってもなくても等しくほむらちゃんを愛せるけどね!」

マドカ「なるほど、さすが神!」

ほーむルーム

まどか「ほむらちゃんも写ってる写真って誰が撮ってるの?」

ほむら「この頃は美樹さやかや志筑仁美に撮ってもらってたわ」

ほむら「あとは巴マミもね」

まどか「あ…これって」

ほむら「そう、魔法少女姿のまどかよ」

まどか「そっか、これが私の魔法少女姿…」

ほむら「やっぱり思い出せない?」

まどか「うん、全然思い出せないや…でも私の理想の魔法少女姿だよ」

ほむら「どの時間軸でも魔法少女姿のデザインは変わらないし、センスは一緒なのね」

まどか「この頃はマミさんとよく一緒に写ってるんだ」

ほむら「まどかが魔法少女になる時間軸では巴マミに師事することがほとんどなのよ」

ほむら「私も、あの時まどかと巴マミに助けられなかったら」

ほむら「魔女に殺されてしまっていたと思うわ」

まどか「そう…なの…」

モニタリングルーム

アルティメットまどか「あの時ほむらちゃんを救えたことは今でも私の誇りだよ!」

マドカ「危なかったよね、間に合わなかったらと思うとぞっとするよ」

ほーむルーム

ほむら「たぶん1分でも遅かったら私は魔女に操られたまま死んでいた」

ほむら「だからこの命はまどかがいなければ無いも同然」

ほむら「それで私はまどかの為なら何でもしようと心に誓えたの」

まどか「ほむらちゃん…」

モニタリングルーム

アルティメットまどか「あの時ほむらちゃんを救ったのは私とマミさんだし」

アルティメットまどか「マミさんはほむらちゃんの師匠でも一応あるんだけど」

アルティメットまどか「ほむらちゃんに苦手意識持たれてて可哀想だよね、マミさん」

マドカ「マミさんがほむらちゃんをほとんど毎回縛るからだよ」

まどかvsマドカvsアルティメットまどか②⑥

ほむら「……あなたの気持ちはわかったわ」

ほむら「でも、記憶を元に戻すことはできないの…」

まどか「そう…なの?」

ほむら「あなたが白まどかと…えっと、合体?融合?…」

ほむら「とにかく元に戻れば記憶も戻るはずだけど」

ほむら「それは絶対にさせないわ、再びまどかに叛いてでも阻止してみせる」

まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「何があっても絶対にあなたには人間のままでいて欲しいの…!」

まどか「……うん」

ほむら「それにね、あなたの力は私が預かっていたのだけど」

ほむら「それも今は手元にないのよ…」

まどか「えっ?」

ほむら「私は自分のソウルジェムを砕いて、あなたから奪った力を取り込み」

ほむら「ダークオーブとして再構築したの」

ほむら「でもそれが今では…」パアッ

まどか「あっ、綺麗…」

ほむら「……どう言うわけか砕いたはずのソウルジェムに戻っているの」

まどか「え?と言うことは…元に戻ったの?」

ほむら「わからない…わからないけど言えることは」

ほむら「今の私には悪魔の力、あなたから奪った力も記憶もない…と言うことなの」

まどか「どうして?」

ほむら「気がついたらこうなっていたの…」

ほむら「世界が変わったのは、あなたも気付いているのよね?」

まどか「うん、何故かまた転校する日に戻ってたの」

ほむら「ええ…つまり、この宇宙は少なくともこれで三度目の書き換えが行われたことになるわ」

ほむら「まどかが転校する日に戻って、何故か私にはマドカと言う双子が存在していて…」

ほむら「………!!」

まどか「ほむらちゃん?」

ほむら「……動揺しすぎてて気づかなかったわ」

ほむら「もしかして…あの子は…」

モニタリングルーム

アルティメットまどか「ほむらちゃんも気がついたみたいだね」

マドカ「うぇひひ」

アルティメットまどか「あなたの招待に」

マドカ「……」

ほむホーム

まどか「ほむらちゃん、もう記憶のことはいいよ」

ほむら「…ありがとう」

まどか「でも、その代わりなんだけどね」

まどか「写真とか…何かないかな」

ほむら「写真?」

まどか「ほむらちゃんのこれまでの思い出って言うのかな…」

まどか「ほむらちゃん、たぶんちょこちょこ写真撮ったりしてるよね?」

ほむら「え?な、なんでそれを?」

まどか「だってほら、これ」

ほむら「あっ」

まどか「よくわかんないけど、フォトフレーム?みたいなのがたくさんあるから」

まどか「ここに流れてる映像って、今までの世界のなんでしょ?」

ほむら「……そ、そうね」

モニタリングルーム

アルティメットまどか「ほむらちゃんの部屋って本当に特殊だもんね」

マドカ「魔法使わなきゃすっごく普通の部屋なんだけどね」

アルティメットまどか「私が言うのもなんだけど魔法は本当に便利だもんね」

マドカ「このモニタリングルームも魔法で作ってるくらいだもん」

アルティメットまどか「実際はほむらちゃんとこの一室を魔法で特別な空間にしてるだけなんだしね」

マドカ「ほむらちゃんが気付いているのかはわかんないけど、すぐそばにいるんだよ」

アルティメットまどか「もうこのモニターなくても大丈夫なくらいかも」

マドカ「でも乱入はよくないから、このままモニタリングするよ!」

アルティメットまどか「そうだね」

まどかvsマドカvsアルティメットまどか②⑤

ほむら「まどかは本当に何も覚えてないのよね?」

まどか「うん…ごめんね」

ほむら「いえ…そうなるよう仕込んだのは私よ」

ほむら「あなたから魔法少女に関する知識は何もかも消したの」

ほむら「だから円環の理のことや私や杏子、マミのことも覚えていなくて当然よ」

まどか「……そうでもないかも」

ほむら「え?」

まどか「何でかはわからなかったんだけど、ほむらちゃんの事は最初から気になってたんだ」

まどか「杏子ちゃんやマミさんも、他の子より気になることはあったんだけど」

まどか「ほむらちゃんが一番だったの」

ほむら「…それは私が校内を案内したりしたからじゃないの?」

まどか「うん、そう思ってたの」

まどか「でも…違ったみたい」

ほむら「え?」

まどか「白まどか…円環の理のわたしを見てよくわかったんだけど」

まどか「元々のわたしは、ほむらちゃんのことが凄く大好きだったみたいだもんね」

ほむら「…そ、そうらしいわ…」

まどか「わたしがあそこまでガンガン行けるなんて、全然思えないけど」

まどか「それくらい性格が変わっちゃうほど、好きだったんだなって」

ほむら「……あのまどかは、元のまどかから普通の人間としての情報を引き抜かれたまどかなの」

ほむら「たぶん、そのせいで私に対する気持ちが増幅してしまったんだと思うわ」

モニタリングルーム

マドカ「って言ってるよ?」

アルティメットまどか「むー、ほむらちゃんまだ解ってくれてないの?」

アルティメットまどか「私のこの想いは今までの積み重ねなんだよ!」

マドカ「だよねぇ」

ほむホーム

まどか「たぶん違うと思うよ」

ほむら「そう…?」

まどか「なんとなく、なんだけどね」

まどか「ほむらちゃんへの想いは、今までの積み重ねなんだと思うの」

ほむら「積み重ね…」

まどか「うん、そしてそれがわたしにも確かに残ってるんだと思うなぁ」

ほむら「そうかしら…」

まどか「最初にほむらちゃんが白まどかに連れ去られた時なんか」

まどか「わたしの中の何かが弾けたみたいだったもん」

ほむら「…確かにあの時のまどかは今のあなたよりも、どちらかと言うと円環の理のまどかっぽかったわね」

まどか「うん、だからたぶんあの時のわたしは引き裂かれる前のまどかに近かったんだと思うよ」

ほむら「……そんなことが…」

まどか「わたしの中には確かにほむらちゃんへの想いがあるの」

まどか「でもわたしには記憶はないから…」

まどか「だからね、ほむらちゃん」

まどか「わたしにこれまでの記憶を蘇らせて欲しいの」

ほむら「!?……だ、ダメよ!それはできないわ!」

まどか「大丈夫だよ、ほむらちゃんの思っているようなことにはならないから」

ほむら「え?」

まどか「ほむらちゃんは、わたしに魔法少女と関わらない普通の生活をして欲しいんだよね?」

ほむら「そうよ、あなたには二度と同じような思いはさせないわ」

まどか「そのことなら大丈夫…白まどかに、円環の理のわたしにも説得されたの」

ほむら「えっ?」

まどか「あなたはこの世界で平和に暮らして…ってね」

ほむら「まどかが…?」

モニタリングルーム

マドカ「そうなの?」

アルティメットまどか「うん…あの私がみんなと幸せそうに暮らしているのを見てね」

アルティメットまどか「あの私には、もう二度と魔法少女にはならないで欲しいって思ったんだ」

マドカ「…」

アルティメットまどか「私はもちろん円環の理としての使命があるし、人間に戻るつもりもないよ」

アルティメットまどか「でもせめてもう一人の私には幸せに暮らしいて欲しいの」

アルティメットまどか「これが私の本音だったって気付かされたよ」

アルティメットまどか「ほむらちゃんが無理して似合いもしない悪魔になっちゃったのも」

アルティメットまどか「あの時、記憶がなかった素の私の本音を話しちゃったからなんだしね…」

マドカ「……」
あけみふうふ!
www_dotup_org3517771
記事検索はここでガンガンやっちゃいますからねー!
コメント・フィナーレ!!
てぃひひ!ギャラリーだよ
  • ほむか
  • 勇者まどか
  • 勇者まどか
  • きのこなべ避難所総集編2
  • きのこなべ避難所総集編2
  • きのこなべ避難所総集編2
livedoor プロフィールです
Q今月は?
Aさやかちゃん感謝月間!
あん?
やーいやーいバカさやかのバーカ
は?
バカって言ったほうがバカなのよこのバカ杏子!
バカ論争や記事カテゴリよりも、私はまどかを見たいわ
QRコードなのです
QRコード
アクセスアップの協力、感謝するわ
PVランキング にほんブログ村 アニメブログ 魔法少女まどか☆マギカへ
君のそばでいつまでも...
www_dotup_org3517771