自作まどかSSまとめブログ!
ほむらの妹の、ほむかによる、まどほむ百合夫婦の為の
魔法少女まどか☆マギカのブログです。
魔法少女まどか☆マギカの自作SSや、ねんどろいど、キューポッシュをメインにしたフィギュアやグッズのレビューがメインのブログです。
まどか SS ブログ !

まどかvsマドカvsアルティメットまどか

まどかvsマドカvsアルティメットまどか②⑥

ほむら「……あなたの気持ちはわかったわ」

ほむら「でも、記憶を元に戻すことはできないの…」

まどか「そう…なの?」

ほむら「あなたが白まどかと…えっと、合体?融合?…」

ほむら「とにかく元に戻れば記憶も戻るはずだけど」

ほむら「それは絶対にさせないわ、再びまどかに叛いてでも阻止してみせる」

まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「何があっても絶対にあなたには人間のままでいて欲しいの…!」

まどか「……うん」

ほむら「それにね、あなたの力は私が預かっていたのだけど」

ほむら「それも今は手元にないのよ…」

まどか「えっ?」

ほむら「私は自分のソウルジェムを砕いて、あなたから奪った力を取り込み」

ほむら「ダークオーブとして再構築したの」

ほむら「でもそれが今では…」パアッ

まどか「あっ、綺麗…」

ほむら「……どう言うわけか砕いたはずのソウルジェムに戻っているの」

まどか「え?と言うことは…元に戻ったの?」

ほむら「わからない…わからないけど言えることは」

ほむら「今の私には悪魔の力、あなたから奪った力も記憶もない…と言うことなの」

まどか「どうして?」

ほむら「気がついたらこうなっていたの…」

ほむら「世界が変わったのは、あなたも気付いているのよね?」

まどか「うん、何故かまた転校する日に戻ってたの」

ほむら「ええ…つまり、この宇宙は少なくともこれで三度目の書き換えが行われたことになるわ」

ほむら「まどかが転校する日に戻って、何故か私にはマドカと言う双子が存在していて…」

ほむら「………!!」

まどか「ほむらちゃん?」

ほむら「……動揺しすぎてて気づかなかったわ」

ほむら「もしかして…あの子は…」

モニタリングルーム

アルティメットまどか「ほむらちゃんも気がついたみたいだね」

マドカ「うぇひひ」

アルティメットまどか「あなたの招待に」

マドカ「……」

ほむホーム

まどか「ほむらちゃん、もう記憶のことはいいよ」

ほむら「…ありがとう」

まどか「でも、その代わりなんだけどね」

まどか「写真とか…何かないかな」

ほむら「写真?」

まどか「ほむらちゃんのこれまでの思い出って言うのかな…」

まどか「ほむらちゃん、たぶんちょこちょこ写真撮ったりしてるよね?」

ほむら「え?な、なんでそれを?」

まどか「だってほら、これ」

ほむら「あっ」

まどか「よくわかんないけど、フォトフレーム?みたいなのがたくさんあるから」

まどか「ここに流れてる映像って、今までの世界のなんでしょ?」

ほむら「……そ、そうね」

モニタリングルーム

アルティメットまどか「ほむらちゃんの部屋って本当に特殊だもんね」

マドカ「魔法使わなきゃすっごく普通の部屋なんだけどね」

アルティメットまどか「私が言うのもなんだけど魔法は本当に便利だもんね」

マドカ「このモニタリングルームも魔法で作ってるくらいだもん」

アルティメットまどか「実際はほむらちゃんとこの一室を魔法で特別な空間にしてるだけなんだしね」

マドカ「ほむらちゃんが気付いているのかはわかんないけど、すぐそばにいるんだよ」

アルティメットまどか「もうこのモニターなくても大丈夫なくらいかも」

マドカ「でも乱入はよくないから、このままモニタリングするよ!」

アルティメットまどか「そうだね」

まどかvsマドカvsアルティメットまどか②⑤

ほむら「まどかは本当に何も覚えてないのよね?」

まどか「うん…ごめんね」

ほむら「いえ…そうなるよう仕込んだのは私よ」

ほむら「あなたから魔法少女に関する知識は何もかも消したの」

ほむら「だから円環の理のことや私や杏子、マミのことも覚えていなくて当然よ」

まどか「……そうでもないかも」

ほむら「え?」

まどか「何でかはわからなかったんだけど、ほむらちゃんの事は最初から気になってたんだ」

まどか「杏子ちゃんやマミさんも、他の子より気になることはあったんだけど」

まどか「ほむらちゃんが一番だったの」

ほむら「…それは私が校内を案内したりしたからじゃないの?」

まどか「うん、そう思ってたの」

まどか「でも…違ったみたい」

ほむら「え?」

まどか「白まどか…円環の理のわたしを見てよくわかったんだけど」

まどか「元々のわたしは、ほむらちゃんのことが凄く大好きだったみたいだもんね」

ほむら「…そ、そうらしいわ…」

まどか「わたしがあそこまでガンガン行けるなんて、全然思えないけど」

まどか「それくらい性格が変わっちゃうほど、好きだったんだなって」

ほむら「……あのまどかは、元のまどかから普通の人間としての情報を引き抜かれたまどかなの」

ほむら「たぶん、そのせいで私に対する気持ちが増幅してしまったんだと思うわ」

モニタリングルーム

マドカ「って言ってるよ?」

アルティメットまどか「むー、ほむらちゃんまだ解ってくれてないの?」

アルティメットまどか「私のこの想いは今までの積み重ねなんだよ!」

マドカ「だよねぇ」

ほむホーム

まどか「たぶん違うと思うよ」

ほむら「そう…?」

まどか「なんとなく、なんだけどね」

まどか「ほむらちゃんへの想いは、今までの積み重ねなんだと思うの」

ほむら「積み重ね…」

まどか「うん、そしてそれがわたしにも確かに残ってるんだと思うなぁ」

ほむら「そうかしら…」

まどか「最初にほむらちゃんが白まどかに連れ去られた時なんか」

まどか「わたしの中の何かが弾けたみたいだったもん」

ほむら「…確かにあの時のまどかは今のあなたよりも、どちらかと言うと円環の理のまどかっぽかったわね」

まどか「うん、だからたぶんあの時のわたしは引き裂かれる前のまどかに近かったんだと思うよ」

ほむら「……そんなことが…」

まどか「わたしの中には確かにほむらちゃんへの想いがあるの」

まどか「でもわたしには記憶はないから…」

まどか「だからね、ほむらちゃん」

まどか「わたしにこれまでの記憶を蘇らせて欲しいの」

ほむら「!?……だ、ダメよ!それはできないわ!」

まどか「大丈夫だよ、ほむらちゃんの思っているようなことにはならないから」

ほむら「え?」

まどか「ほむらちゃんは、わたしに魔法少女と関わらない普通の生活をして欲しいんだよね?」

ほむら「そうよ、あなたには二度と同じような思いはさせないわ」

まどか「そのことなら大丈夫…白まどかに、円環の理のわたしにも説得されたの」

ほむら「えっ?」

まどか「あなたはこの世界で平和に暮らして…ってね」

ほむら「まどかが…?」

モニタリングルーム

マドカ「そうなの?」

アルティメットまどか「うん…あの私がみんなと幸せそうに暮らしているのを見てね」

アルティメットまどか「あの私には、もう二度と魔法少女にはならないで欲しいって思ったんだ」

マドカ「…」

アルティメットまどか「私はもちろん円環の理としての使命があるし、人間に戻るつもりもないよ」

アルティメットまどか「でもせめてもう一人の私には幸せに暮らしいて欲しいの」

アルティメットまどか「これが私の本音だったって気付かされたよ」

アルティメットまどか「ほむらちゃんが無理して似合いもしない悪魔になっちゃったのも」

アルティメットまどか「あの時、記憶がなかった素の私の本音を話しちゃったからなんだしね…」

マドカ「……」

まどかvsマドカvsアルティメットまどか②④

まどか「そ、それじゃあ行ってくるね」

アルティメットまどか「いってらっしゃい」

マドカ「頑張ってね!」

アルティメットまどか「…ねぇ」

マドカ「ん?」

アルティメットまどか「私とあなたとあの子、誰が一番オリジナルに近いと思う?」

マドカ「そんなの、言わなくてもわかってるんでしょ?」

マドカ「答えは3人ともだよ、みんな鹿目まどかだよ」

アルティメットまどか「……それもそうだね」

アルティメットまどか「ねっ、ほむらちゃん?」ジッ

マドカ「!」

一方

ほむら「………」ボーッ

ほむら(はぁ…私は一体何をしているのかしら)

ほむら(情けないわ…まったく…)

ほむら(……まぁ…魔法少女になる前のことを考えれば)

ほむら(妥当と言えば妥当なんだろうけれど…)

ほむら(何度も時間を繰り返して、強くなった気でいたのだけどね…)

ほむら(……こんなんじゃ悪魔を名乗る資格すらないのかもしれないわ)

ほむら「はぁ…」

まどか「ほ、ほむらちゃん?」

ほむら「!…まどか」

まどか「だ、大丈夫?疲れたの?」

ほむら「…いえ、そう言う訳じゃないの」

ほむら「ただ……ううん、なんでもないわ」

まどか「そ、そっか」

ほむら「……」

まどか「……」

ほむら(黄まどか…この子は私が円環の理から引き裂いたまどかなのよね)

ほむら(円環の理や魔法少女のこと…いろんな記憶は消したはずだけど)

ほむら(今回の件で知ってしまったのよね…)

まどか「…ほ、ほむらちゃん」

ほむら「なに?」

まどか「う、あ、あの…このあと何がしたいのかな…って」

ほむら「まどかは何かしたいことはある?」

まどか「わたしは……」

まどか「…わたし、もっとほむらちゃんのこと知りたい」

ほむら「えっ?」

まどか「……本当はわたしも一人の存在で」

まどか「ずっと前からほむらちゃんと友達だったんだよね…?」

まどか「でもわたし…転校してからのことしか知らないから…」

まどか「だからもっと知りたいの、ほむらちゃんのこと…」

まどか「だから…」

ほむら「まどか…」

ほむら(……この子は白まどかや赤まどかのそばにいたのだし)

ほむら(私とまどかの関係は流石にもう知っているみたいだものね…)

ほむら(…これ以上隠しても仕方ないか)

まどか「あの…」

ほむら「…わかったわ、それなら私の家に行くわよ」

まどか「えっ?いいの?」

ほむら「ええ、それに赤まどかとか一緒に暮らしてるんだもの」

ほむら「あなたが来ても何の問題もないわ」

まどか「じゃ、じゃあ…」

モニタリングルーム

アルティメットまどか「わー!これじゃあ私だけほむらちゃんの家に行けてないよ!」

マドカ「うぇひひ、私は住んでるからね」

アルティメットまどか「それはそうだけど、あなたはある意味住んでて当然だもん」

マドカ「双子だからだよ!」

アルティメットまどか「それ誰も信じてないような…」

マドカ「双子だよ!」

アルティメットまどか「もー、しかたないなぁ」

ほむホーム

ほむら「さ、入って」

まどか「おじゃましま…って、え!?」

ほむら「?」

まどか「え…えと、すごく個性的な部屋なんだね」

ほむら「ん?あぁ、これは魔法でこうしてるの」

まどか「魔法ってこんなこともできるんだ」

ほむら「部屋くらい簡単よ、宇宙そのものを作り替えることすら」

ほむら「あなたにはできたのだからね」

まどか「わたしが宇宙を…うん、そうらしいよね」

まどか「全然覚えてないや…」

まどかvsマドカvsアルティメットまどか②③

その後

マドカ「ほむらちゃん見て!一番高いよ!」

ほむら「そうね…」

マドカ「戦う時もこんなに高いところには来ないから新鮮だね」

ほむら「ええ…」

マドカ「…ほむらちゃん、そんなに落ち込まなくても大丈夫だよ?」

ほむら「……まさか自分がここまで遊園地に耐性がないとは思わなかったわ」

マドカ「ほむらちゃんは小さい頃もあんまりこれなかったんだし、仕方ないよ」

ほむら「いや…ここまでくると、経験とかそう言う次元じゃない気がするわ」

ほむら「お化け屋敷では驚きすぎだし、ジェットコースターでは怖がりすぎたし…」

マドカ「でも観覧車は大丈夫でしょ?」

ほむら「観覧車は今のところ大丈夫だけど…」

マドカ「今が頂上だから、もう大丈夫だよ」

ほむら「はぁ…それでも凹むわ…悪魔なのにこんなんじゃ…」

マドカ「ほむらちゃんはそもそも最初から悪魔なんてむいてなかったんだよ」

ほむら「ほんとにそうかもしれないわ…」

ほむら「……?」

ほむら(あれ?何か違和感が…)

マドカ「あっ、ほむらちゃん見て!あの辺りが私達のお家だよ!」

ほむら「…そうね」

マドカ「ほむらちゃん、これで私とのデートは終わりだけどどうだった?」

ほむら「…面目ないわ」

マドカ「私は楽しかったよ!また来たいなぁ…」

ほむら「時間があればリベンジするわ…」

マドカ「……ありがとう、でもこれが最後かな」

ほむら「え?」

マドカ「うぇひひ!何でもないよ!」

ほむら「マドカ…?」

マドカ「次は黄まどかとデートだね、何をするの?」

ほむら「…とりあえず、ゆっくり過ごしたいわ」

マドカ「そっかぁ」

マドカ「………」

マドカ「ほむらちゃん、ほんとにありがとう」

ほむら「マドカは楽しかった…?」

マドカ「うん、もちろん」

マドカ「それに私はほむらちゃんの…」

ほむら「…双子なんでしょ?」

マドカ「…てぃひひ、そうだよ」

ほむら「……なんで双子にしたの?私達全然似てないじゃない」

マドカ「そうでもないと思うなぁ」

マドカ「それに私はまどかだけど、ほむらちゃんでもあるんだよ」

ほむら「えっ…?」

マドカ「うぇひひ」

ほむら「ま、マドカ…それってどういう…」

マドカ「内緒だよ!」

ほむら「………」

ほむら「まどか…?」

モニタリングルーム

まどか「???」

アルティメットまどか「………」

まどか「さっきの、どういう意味だったのかな?」

アルティメットまどか「…なんとなく、わかった気がするよ」

アルティメットまどか「確かに赤まどかは、まどかでもあるし」

アルティメットまどか「ほむらちゃんでもあるのかも」

まどか「え?二人が合体してるの??」

アルティメットまどか「んー、それだとまどかと言うよりかは…」

アルティメットまどか「ほむか…?みたいになるよ」

アルティメットまどか「うーん、でも変な名前だし…いや、まどらよりかはいいのかな…」

アルティメットまどか「とにかく、合体とはちょっと違うと思うよ」

まどか「えー?」

アルティメットまどか(でもなんとなくわかったよ)

アルティメットまどか(ほむらちゃんの好みの味がわかるのも)

アルティメットまどか(遊園地に行きたがったのも)

アルティメットまどか(たぶん、そう言うことなんだろうなぁ)

アルティメットまどか「それよりも、次はあなたの出番だよ」

まどか「そ、そうだね」

まどか「うーん、どうすればいいのかなぁ…」

まどかvsマドカvsアルティメットまどか②②

ほむら「うーん、うーん」グルグル

マドカ「ほむらちゃん大丈夫?」

ほむら「だ、大丈夫じゃない…かも…」

マドカ「ほむらちゃんは元々体強くないんだから、あんまり無茶しちゃだめだよ?」

ほむら「……肝に命じておくわ」

マドカ「お水買ってくるから、そこに座って待っててね」

ほむら「うぅ…」

ほむら(悪魔になったのに乗り物酔いなんてするとは思わなかったわ…)

ほむら(…と言っても、今は悪魔の力は失われているのだけどね)

ほむら(まさか悪魔の力と一緒に体力まで持っていかれたのかしら?)

ほむら(……元々こんなものだったのかも知れないけどね)

ほむら(そもそも、さっきのは張り切って回しすぎたのが敗因なのよ)

ほむら(なら、そこを注意しておけば…)

マドカ「おまたせー」

ほむら「ありがとう」

マドカ「あれ?もう良くなったの?」

ほむら「ええ、もう二度と酔わないわ」

マドカ「うーん…それはどうかな…」

ほむら「マドカ、次はジェットコースターに乗るわよ」

マドカ「えー?メリーゴーランドとかの方が良いと思うよ?」

ほむら「それにも後から乗るわ、でも今は乗り物酔いじゃないことを証明するのが先よ」

マドカ「…ほむらちゃんがそう言うなら止めないけど」

マドカ「ほんとに大丈夫?怖くない?」

ほむら「?酔いはともかく、怖いわけなんかないわ」

マドカ「んー、ほむらちゃんが最後にジェットコースターに乗ったのはいつ?」

ほむら「最後に?」

マドカ「うん」

ほむら(いつかしら?)

ほむら(前回は乗る機会がなかったから、ずいぶん昔になるのよね)

ほむら(入院をよくする前だから…)

ほむら「……小学2年生くらいかしら?」

マドカ「えっ」

ほむら「あの時の私ですら、なんともなかったのだから今ならへっちゃらよ」

マドカ「それって子供用のやつだよね?」

ほむら「ええ、でも今回は大人用よ、身長も問題ないわ」

マドカ「ほんとに大丈夫かなぁ」

ほむら「マドカもギリギリ身長クリアのはずよ」

マドカ「私はそうだけど…」

ほむら「とにかく、行くわよ」

マドカ「んー…」

数分後

頂上付近

ほむら「お、思ったより高いわね…」

マドカ「よりにもよって先頭だもんね」

ほむら「ま、マドカは大丈夫…?」

マドカ「このくらいの高さなら戦闘で慣れてるよ」

ほむら「そ、そうよね、私も慣れてるから大丈夫よ!」

ほむら「前なんかかなりの高さから魔獣目掛けて落ちたんだから!」

ほむら「それにワルプルギスの時も…」

ほむら(あ、でもあの時は魔法の翼でゆっくり着地したのよね)

ほむら(でも今は)

マドカ「くるよ!」

ほむら「あっ」

マドカ「わー!はやーい!」

ほむら「あああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

モニタリングルーム

まどか「ほ、ほむらちゃん大丈夫なのかなぁ…」

アルティメットまどか「ジェットコースターでびっくりしてるほむらちゃんも可愛いなぁ」

まどか「ほむらちゃんって意外と抜けてるの…?」

アルティメットまどか「ほむらちゃんは特に特殊な環境だったみたいだから」

アルティメットまどか「色々と経験不足なだけだよ」

アルティメットまどか「だから年齢以上のリアクションになるんじゃないのかな?」

まどか「そ、そうなのかなぁ…」

まどか(単純に苦手なだけのように見えるけど…)

まどか(うーん…強がってるならやめた方が良いような気がするよ)

まどか(ほむらちゃんのこと何も知らないけど、色々アドバイスしてあげたいなぁ)
あけみふうふ!
www_dotup_org3517771
記事検索はここでガンガンやっちゃいますからねー!
コメント・フィナーレ!!
てぃひひ!ギャラリーだよ
  • 鹿目まどか
  • 鹿目まどか
  • 鹿目まどか
  • ほむらちゃん
  • さやかちゃん
  • 鹿目まどか
livedoor プロフィールです
Q今月は?
Aさやかちゃん感謝月間!
あん?
やーいやーいバカさやかのバーカ
は?
バカって言ったほうがバカなのよこのバカ杏子!
バカ論争や記事カテゴリよりも、私はまどかを見たいわ
QRコードなのです
QRコード
アクセスアップの協力、感謝するわ
PVランキング にほんブログ村 アニメブログ 魔法少女まどか☆マギカへ
君のそばでいつまでも...
www_dotup_org3517771