ほむか速報!まどマギ SS マギレコ まとめ【魔法少女まどか☆マギカ】

魔法少女まどか☆マギカのSS、フィギュアやグッズのレビュー、マギアレコードなどを主に取り扱っています。

魔法少女まどか☆マギカの自作SSや、ねんどろいど、キューポッシュをメインにしたフィギュアやグッズのレビューがメインのブログです。
現在はマギアレコード(マギレコ)の感想なども行っています。

失恋少女かなめ☆まどか【再掲】

鹿目まどかの失恋【58】

仁美「あ、あの…その猫は?」

マミ「!?」

さやか「えっ?」

キュゥべえ「僕は猫じゃないよ、志筑仁美」

仁美「しゃ、喋った!?それに私の名前を!?」

さやか「もしかしてキュゥべえが見えるの!?」

仁美「は、はい」

マミ「素質があるのね」

さやか「いや!でも今までは見えてるような感じはしなかったですよ!」

仁美「??」

キュゥべえ「仁美は魔法少女や魔女の存在を知ってしまったからね」

キュゥべえ「その事によって魔法少女への素質が開花したんだと思うよ」

さやか「そんなことってあんの!?」

キュゥべえ「うん、さやかやほむらだってそのパターンだよ」

さやか「あたし!?」

キュゥべえ「さやか、君は魔女の結界に取り込まれた事と、魔法少女姿のほむらを見ていたことで開花したんだ」

キュゥべえ「逆にまどかみたいに最初から素質がとんでもない子もいるけどね」

さやか「な、なんか複雑な気分…」

マミ「私はどうなの?」

キュゥべえ「マミは人類で最高クラスだからね、何もかもがパーフェクトだから、もちろん素質なんて余裕だよ」

マミ「も、もうっ!キュゥべえまで何を言い出すのっ!」

仁美「………」

さやか「ん?どうしたの?」

仁美「…さやかさんは、魔法少女になって後悔していない…と仰いましたよね?」

さやか「え?うん、まぁねー…ま、ちょうど今がっかりしたばっかだけどさ」

仁美「………」

キュゥべえ「ああ、何でマミはこんなにも可愛いんだろう」

マミ「きゅ、キュゥべえ!」

仁美「あの、キュゥべえさん」

キュゥべえ「なんだい?今良いところなんだ」

仁美「私を魔法少女にしてください!!」

マミ「!?」

さやか「え!?」

その頃

真ほむホーム

ほむら「ここが私の実家よ」

まどか「う、うん…」

ほむら「緊張してるの?」

まどか「ちょっと、ね」

ほむら「引き返す?」

まどか「ううん!だ、大丈夫!」

ほむら「…そう、わかったわ」

ほむら「それじゃあ入るわね」

まどか「う、うん!」

ガチャッ

ほむら「ただ」

ほむ母「ほむらちゃん!!」タタタッ

ほむら「いま…!?」

ほむ母「もう!こんな遅くまでどこに行ってたの?ママ、すっごく心配したんだから!!」ダキッ

ほむら「あっ、ちょ、ママ…お母さん、離して!」

まどか「…」ポカーン

ほむ母「電話にもでないし、ママ心配で心配で…」

ほむら「こ、ごめんなさい、悪かったから離してってば!」

ほむ母「ほむらちゃんは前よりももっと美人さんになって帰ってきたんだから」

ほむ母「悪い男の子に何かされたりしたんじゃないかって本当に心配だったのよ?」

ほむら「心配しなくてもそんなことあり得ないわ!だから離してって言ってるでしょ!」

ほむ母「うぅ、やっぱりほむらちゃん性格まで変わっちゃったのね…」

ほむ母「前はあんなに大人しい子だったのに…」

ほむら「そっ、その話はしなくていいから!」

ほむ母「見た目や性格を変えるくらい、まどかって男の子が好きだったのね…?」

ほむら「ちょっ!?」

まどか「ふぇっ!?」

鹿目まどかの失恋【57】

数時間後

見滝原

仁美「……」

さやか「仁美、元気出しなって」

仁美「…はい……」

さやか「んー…」

マミ「仕方ないわ、誰だって突然、魔法少女だとか魔女だとか言われたら混乱するもの」

さやか「そりゃまぁそうですけど…あたしもそうだったし」

マミ「特に志筑さんは、親友の美樹さんが魔法少女になって、しかもその願いで…」

さやか「…」

仁美「…」

マミ「あっ、ごめんなさい…」

さやか「あーいや、違うんです、あたしは別に良いんですけど、確かに逆の立場だったらな…って考えて」

仁美「……私、上条くんとわかれ」

さやか「そんなこと言わないで!」

仁美「…!?」

さやか「仁美、本当にあたしは後悔なんてしてないんだってば」

仁美「ですが…」

さやか「そりゃ、恭介に片思いしてた時期もあったけどさ」

さやか「今になってわかったけど、あれ…勘違いだったんだなーってね」

仁美「…勘違い?私にはそうは見えませんでしたが…」

さやか「そりゃ、仁美があたしに明日恭介に告白するとか言ってた時は恭介のこと本当に好きだったよ」

さやか「それこそ、杏子やマミさん、ほむらのフォローがなかったら、自棄になって今ごろ魔女になってたと思う」

仁美「……」

さやか「でもみんなに励まされて、そして楽しそうな仁美と恭介を見て」

さやか「そしてあいつの演奏を聴いて…わかったの」

さやか「あたしは恭介のバイオリンを聴きたかった」

さやか「それが一番の気持ちだったんだなって」

さやか「それに、仁美なら安心してまかせられるしね!」

仁美「そんなことは…」

さやか「恭介のやつ、けっこう間抜けな部分もあるし、鈍感で音楽馬鹿じゃん」

さやか「それに対して、仁美は才色兼備、優しくて美人でさ」

さやか「誠に遺憾ながら、あのさやかちゃんを持ってすら叶わないんだもんなぁ、ちくしょー!」

仁美「さやかさん…」

さやか「ほら、まどかは可愛いけど、まだまだお子ちゃまだし?」

さやか「ほむらも才色兼備だけどヘタレバカだし」

さやか「杏子は……まぁ美人じゃないじゃん、カッコいいけど」

さやか「ほんと、仁美に対抗できるのってマミさんくらいよ、マジで」

マミ「えっ?私?」

仁美「そんな、ミス見滝原中の巴さんには到底敵いませんわ!」

マミ「えっ?えっ?いや、えっ?なにそれしらない?」

さやか「またまたとぼけちゃってー、ファンクラブまであるのにさ」

マミ「ファンクラブ?だれの?」

さやか「マミさんの」

マミ「へぇ!?」

仁美「見滝原中では一番有名な生徒ですよ?」

マミ「え?え?でも私、お友達あんまりいないし…」

マミ「滅多に話しかけられないのよ?話すことがあっても、遠慮がちになってり気がするし…」

マミ「避けられてるんだなって…私……」

仁美「それはきっと高嶺の華ですわ」

さやか「たしかに、マミさんはパーフェクトすぎるもんねぇ」

さやか「さやかちゃんが負けを認めるのは仁美とマミさんくらいですもん!」

マミ「うぅ、からかわないでよ…」

さやか「そう!そしてマミさんは意外と幼いところがある!萌えか!ギャップ萌えなのかぁー!」

マミ「も、もうっ!美樹さん!」
さやか「さらにこのボデーはけしからぁん!」グワシッ

マミ「ひゃわわっ?」

仁美「さやかさん…セクハラですわ」

さやか「マミさんはあたしの嫁になるのだぁー!」

マミ「た、助けてー!」

キュゥべえ「マミ!今助けるよ!」

仁美「!?」

キュゥべえ「とうっ!」ビシッ

さやか「ぐふっ!」

マミ「はぁはぁ…ありがとうキュゥべえ」

キュゥべえ「まったく、これだからさやかは」

仁美「!?」

鹿目まどかの失恋【56】

仁美「……」ポロポロ

さやか「そんなこんなであたしは今も魔法少女を…って仁美!?」

仁美「さやか…さん…」

さやか「えっ?」

仁美「さやかさぁんっ!!」ダキッ

杏子「!!」

さやか「ちょ?ちょちょっ、ひ、仁美!?」

仁美「さやかさん…ごめんなさい…ごめんなさい…」

さやか「え?な、なにが?」

仁美「さやかさんは私の命や上条くんの腕を助けてくれたのに」

仁美「それなのに私は何も知らないどころか、泥棒猫みたいな真似までしてしまって…」

さやか「…仁美」

仁美「ごめんなさい、謝って許して貰おうとは思っていません…でも、ごめんなさい」

さやか「顔あげなよ、仁美」

仁美「さやかさん…」

さやか「あたしはこれで良かったって思ってるよ」

さやか「あたしが魔法少女になることで、まどかも仁美も助けることができたし」

さやか「恭介もバイオリンをまた弾くことができるようになった」

さやか「それに、そのおかげで杏子やマミさんとも仲良くなれたんだもん」

杏子「さやか…」

さやか「だから、これで良かったんだよ」

仁美「でも…魔法少女は、さやかさんは…体が…その…」

さやか「…」

仁美「…後悔はしていないのですか?」

さやか「ううん、そんなことないよ…後悔なんて、あるわけない」

さやか「あたしは魔法少女になって良かったって、本当に思ってるんだからね!」

仁美「さやかさん…」

杏子「ま、そう言うことさ」

仁美「……」

杏子「だからそう自分を責めるなって、な?」

仁美「はい…」

マミ「こちらの方は大丈夫のようね」

さやか「マミさん!」

マミ「美樹さん、大丈夫?」

さやか「はい、お陰さまで!…本当にありがとうございました」

マミ「ふふ、間一髪。ってところだったものね」

杏子「ほむらはどうだった?」

マミ「鹿目さんと二人きりにしてきたわ」

マミ「これが最後、もう一度改めて二人の答えを待ちましょう」

マミ「その結果がどうなろうと、もう私は口出ししないわ」

杏子「そっか、そうだよな」

さやか「うん…あの二人に任せよう」

仁美「あっ!」

さやか「ん?どうしたの…あ!」
ほむら「みんな…」

杏子「よぉ」

仁美「暁美さん…」

マミ「答えは見つかった?」

ほむら「……いいえ」

さやか「っ…なら、どうすんのさ!」

まどか「まって、さやかちゃん!」

さやか「まどか…どうすんのよ」

ほむら「まどかを一晩、家に泊めるわ」

ほむら「そこで二人で考えてみる…」

マミ「そう、それが答えになるのね」

ほむら「ええ…」

マミ「わかったわ、ならもう遅いし、私たちは帰ることにするわ」

さやか「……」

ほむら「さやか…」

さやか「……なによ」

ほむら「本当に…ごめんなさい」

ほむら「嘘をついてしまって…あんなにあなたは頑張ってくれたのに…」

さやか「…いいよ、別に、あたしが勝手にやったことなんだし」

ほむら「……」

さやか「…この先どうなるかわかんないけどさ、もしあんたがまた見滝原に来たら」

さやか「その時は見滝原スペシャルジャンボパフェスペシャル奢って貰うから」

ほむら「…ふっ、財布と相談するわ」

さやか「うーんと奢らせるんだから覚悟しときなさいよね!」

ほむら「わかったわ」

さやか「あたしからは以上!」

ほむら「…ありがとう」

仁美「……」

ほむら「…志筑さんも、ありがとう」

仁美「いえ…私は何も言えません…」

仁美「…ただ」

ほむら「?」

仁美「暁美さんと一緒にいる時のまどかさんは、私やさやかさんでは叶わない程の嬉しそうな表情をいつもされていました」

仁美「だから…」

ほむら「……そうね」

仁美「私はこれ以上何も言えません…」

ほむら「ええ…」

杏子「よし、もう帰ろうぜ」

マミ「そうしましょう」

ほむら「杏子、巴さん…ありがとう」

杏子「今度ラーメン奢れよ」

マミ「また会いましょう」

ほむら「ええ…」

鹿目まどかの失恋【55】

仁美「……」

さやか「えっ?ひ、仁美!?何でここに!?」

仁美「…私……」

杏子「さやかとまどかを追って、一緒の電車に乗ってたんだぜ、なぁ?」

さやか「一緒の?そ、そうだったの?」

さやか「それじゃあ、今までのも全部…」

仁美「……ごめんなさい、見て…しまいましたの」

仁美「さやかさんが…皆さんが戦っているところを…」

さやか「そんな…」

仁美「…暁美さんが転校してからと言うものの、どこか距離を感じていました」

仁美「さやかさんやまどかさんは何かを隠している…と」

さやか「仁美…」

仁美「…もしかして、以前私を助けてくれたのは、さやかさんだったのですか?」

さやか「えっ?」

仁美「以前、私は何かに操られるように…そう、先ほどのまどかさんのように、死のうとしたことがありました」

さやか「!」

仁美「あの時、朧気にですが白いマントを羽織った方に助けてもらえた記憶があるんです」

仁美「あれは夢だと思っていたのですが…夢じゃなかったのですね」

仁美「さやかさん…!」

さやか「……」

杏子「もう言い逃れできないだろ、話してやりなよ」

杏子「全部、さ」

さやか「……わかった」

仁美「…ありがとうございます」

さやか「あたしは―――――」



その頃

まどか「ぅ…」

マミ「鹿目さん!」

まどか「あ…れ…わたし……」

まどか「はっ!ほむらちゃん!ほむらちゃんは…!?」

マミ「……」

まどか「マミさん?ほむらちゃんが…ほむらちゃんがいなくなっちゃったよ!」

まどか「どうしよう…わたしのせいで…」

マミ「しっかりして、鹿目さん」

まどか「でもっ、ほむらちゃんが…ほむらちゃんが…」

まどか「わたし…夢の中でほむらちゃんとやっと会えたんです」

まどか「ほむらちゃんの腕をつかんで、もう二度と離さないって思ったのに…」

まどか「なのに……」

マミ「鹿目さん、よーく見てみて?」

まどか「え…?」

マミ「ほら、あっち」

ほむら「…まどか」

まどか「!?ほ、ほむらちゃん!」

まどか「ほむらちゃんっ!」ギュッ

ほむら「……」

まどか「ほむらちゃん、ごめんね…わたし…わたしっ…!」

ほむら「まどか…」

まどか「うぅぅ…」

マミ「鹿目さんが落ち着くまでは、そうしておきましょう」

マミ「その後に私が全てを話すわ」

マミ「それまで、ちょっとだけ席を外すわ」

ほむら「ありがとう…ございます」

マミ「鹿目さんをよろしくね」

まどか「うぅ…」

ほむら「まどか…」

鹿目まどかの失恋【54】

さやか「ん…」

さやか(あれ…あたし…何を…?)

さやか(…?誰かにだっこされてる!?)

杏子「…」

さやか「き、杏子!?」

杏子「おっ、さやか、目覚ましたか」

さやか「あ、あんた?何でここに!?魔女は!?まどかは!?」

杏子「落ち着きなって、魔女は倒したし、まどかならほむらが守ってるさ」

さやか「ほむらが…!」

杏子「ああ」

さやか「…やっぱあいつ…こっちに来てたんだ…」

さやか「………って言うか!下ろしてよー!」

杏子「その体で歩けんの?」

さやか「さやかちゃんの治癒魔法嘗めんな!そ、それに…お、重いでしょ…?」

杏子「いや、全然?羽毛みたいだぜ?」

さやか「そ、そんなことないわよ…」

杏子「別にあたしは、さやかなら何処へでもお姫様だっこで連れてってやれるぜ!」

さやか「えっ…あ!お姫様だっこ!?ちょ!恥ずかしいから下ろせってば!」ジタバタ

杏子「うわっ?あばれんなよ!あばれんな…あっ」

さやか「あいたっ!」ボスッ

杏子「さやかが暴れるからだぞ」

さやか「いたたた…もう、下ろすなら下ろすって言いなさいよね」

杏子「だから、さやかが暴れるからだってば」

さやか「ったくもー…で、何でここにいんの?」

杏子「んなもん、さやかを助けに来たからに決まってんじゃん」

さやか「へっ?」

杏子「そりゃあんだけ電話で泣き言言われりゃなぁ…」

杏子「マミなんてテスト終わったら超急いでこっちに来たんだぜ?」

杏子「もちろん、あたしもそれについていったんだけど、来て正解だったな」

さやか「そっかマミさんも来てくれたんだ…はっ、ほむらは?」

杏子「今、マミが相手してる」

さやか「ほむら…」

杏子「やっぱ嘘だったんだな」

さやか「うん…」

杏子「……まあ、あたしはそうだろうと思ってたよ」

さやか「え…なんでさ!?」

杏子「何となくわかるんだよ、ほむらの気持ち…」

さやか「ほむらの気持ち…?」

杏子「ああ、間違いなく、まどかとほむらは相思相愛ってやつさ」

さやか「でも…」

杏子「ほむらはまどかをふった…理由は聞いてる?」

さやか「…世間が、まわりがそれを許さないだろうからだって」

杏子「……だよな、あたしもそう思う」

杏子「たしかに、女が女を好きになるのはおかしなことさ」

杏子「もちろん、それでも結ばれるやつらだっている」

杏子「でも、結局は何処からともなく非難の声があがって、二人を苦しめる…」

杏子「だからいくら本人や回りの仲間が庇ってもいつか必ずぶつかる壁がでてくんのさ」

杏子「だから、ほむらは敢えて転校することで強引にまどかとの縁を断とうとしたんだ」

さやか「……」

杏子「…結局、逃げたんだよ、世間からさ」

杏子「ほむらも…あたしもな」

さやか「え…?」

杏子「…で、だ」

杏子「これがあたしの意見なんだけどさ」

杏子「あんたはどう思う?」

さやか「えっ、あたしは」

杏子「志筑仁美?」

仁美「…!」
あけみふうふ!
www_dotup_org3517771
記事検索はここでガンガンやっちゃいますからねー!
コメント・フィナーレ!!
てぃひひ!ギャラリーだよ
  • 勇者まどか
  • 勇者まどか
  • ほむら
  • 【マギレコ】巴マミドッペル解放、遊佐葉月と三栗あやめ覚醒、そしてまドッペル再び【マギアレコード】
  • 【マギレコ】巴マミドッペル解放、遊佐葉月と三栗あやめ覚醒、そしてまドッペル再び【マギアレコード】
  • 【マギレコ】巴マミドッペル解放、遊佐葉月と三栗あやめ覚醒、そしてまドッペル再び【マギアレコード】
livedoor プロフィールです
Q今月は?
Aさやかちゃん感謝月間!
あん?
やーいやーいバカさやかのバーカ
は?
バカって言ったほうがバカなのよこのバカ杏子!
バカ論争や記事カテゴリよりも、私はまどかを見たいわ
QRコードなのです
QRコード
アクセスアップの協力、感謝するわ
PVランキング にほんブログ村 アニメブログ 魔法少女まどか☆マギカへ
君のそばでいつまでも...
www_dotup_org3517771