ほむか速報!まどマギ SS マギレコ まとめ【魔法少女まどか☆マギカ】

魔法少女まどか☆マギカのSS、フィギュアやグッズのレビュー、マギアレコードなどを主に取り扱っています。

魔法少女まどか☆マギカの自作SSや、ねんどろいど、キューポッシュをメインにしたフィギュアやグッズのレビューがメインのブログです。
現在はマギアレコード(マギレコ)の感想なども行っています。

マミホミ SS

聖夜の色は何色に染まる【15】


さな「っ!私!前からずっといろはさんのことを!」

いろは「う、うん!///」ドキドキ

さな「ちゃん付けで呼びたかったんですっ!///」カァァァッ

いろは「さなちゃんなら…いいよ///」

いろは「…ん?」

さな「ほ、ほんとですか!?」

いろは「えっ?あ、う、うんっ!いいよっ!」

いろは(あれ???)

いろは(もしかして私すっごい勘違いしてた??///)

いろは(しかも私いいよ…って…)

いろは(わあああああああああ///)

さな「じゃ…じゃあ…い、いろはちゃんっ///」

いろは「!?」

いろは(可愛い…)

さな「うぅ…言っちゃいました…///」

いろは(さなちゃん可愛い…)

さな「私…ずっと前からいろはちゃんって呼びたかったんです///」

さな「でも恥ずかしくて…///」

いろは(さなちゃんってこんなに可愛かったっけ…)

いろは(あれ?あれ?)

いろは(私おかしくなっちゃった?)

いろは(さなちゃん…さなちゃん…)

さな「も、もう一回…いろはちゃんっ///」

いろは「……」

さな「あ、あれ?」

いろは「……」

さな「い、いろはちゃん…?」

いろは「……」

さな「っ…う…いろはさん…ごめんなさい…」

いろは「……」

さな「調子に乗りすぎました…本当にごめんなさい…もう二度と言いません…」

さな「すんすん…」

いろは「…はっ」

いろは「さ、さなちゃん!?大丈夫!?」

さな「ごめんなさい…ごめんなさい…」

いろは「わっ!?ソウルジェムが…ぐ、グリーフシード!はい!」

さな「うぅ…」

いろは「びっくりした…どうしたの?」

さな「いろはさんに嫌われたって思ったから…すん…」

いろは「私が!?ないない!ありえないよ!?」

さな「でも…」

いろは「さなちゃんのこと嫌いになるなんて絶対ないよ…」

さな「いろはさん…よかった…」

いろは「あれ?さん…?いろはちゃんで良いんだよ?」

さな「だ、だって…いろはさん真顔で黙って睨んでたから…すんすん…」

いろは「へぇっ?う、うそ?そんな顔してたの私!?」

いろは「いろはちゃんで全然いいんだよ?むしろそっちの方が嬉しいよ!」

さな「そ、そうですか…?」

いろは「うん!さっきはその…さなちゃんに、えっと…」

いろは「見とれてた…って言うか…///」

さな「み、見とれて…??」

いろは「だ、だってさなちゃんすごく可愛かったから…///」

さな「わ、私がですか!?」

いろは「うん…///」

さな「そ、そんな!私なんかいろはさんに比べたら地球とありさんくらい差があります!」

いろは「私が地球ならさなちゃんは太陽だよ…///」

さな「え、えー!?」

いろは(って私何言ってるの!?)

いろは「ぁう…んと、だからえーと…、い、いろはちゃんで良いからね!」

さな「わ、わかりました!い、いろはちゃん…!」

いろは「う、うん!」

いろは「……」

さな「……」

いろは「……」

さな「……」

いろは「……」

さな「……え、えっと」

いろは「ん!?」ビクッ

さな「お、お風呂どうぞ!」

いろは「あっ、うんっ!さ、さなちゃんは?」

さな「私は先に済ませました」

いろは「あっ…そっか」

いろは(あれ?なんでガッカリしてるんだろ…)

お風呂

チャプン

いろは「…ぶくぶく」

いろは(どうしよう…さっきから頭の中さなちゃんのことでいっぱいだよ…)

いろは(私…さなちゃんに告白されるって期待してた…)

いろは(私…最低だよ…自己嫌悪で死にそう…)

いろは(さなちゃんにも、鶴乃ちゃんにも失礼すぎるよ…)

いろは(元はと言えばかえでちゃんがあんなこと言うから…)

いろは(…何かえでちゃんのせいにしようとしてるの…)

いろは(本当に最低だよ…最低すぎるよ私…)

いろは(………)

いろは(私…さなちゃんのこと…好き…なんだろうな…)

いろは(もし告白されてたら…またオッケーだしてたと思うもん…

いろは(鶴乃ちゃんがいるのに…)

いろは(鶴乃ちゃんも好き…)

いろは(…私…最低……)

いろは(……つい昨日までこんなの考えられなかったよ…)

いろは(好きな人がこんなにすぐ側に二人もいたなんて…)

いろは(……フェリシアちゃんに会いたい…)

いろは(フェリシアちゃんの魔法で忘れてなかったことに……)

いろは(…だから…もぅ…私何考えてるの!?)

いろは(私こんなに悪い子だったなんて…)

いろは(うい…お姉ちゃんおかしくなっちゃった…)

いろは「……はぁーーー……」


聖夜の色は何色に染まる【7】


鶴乃「……ありがとう、いろはちゃん」

いろは「うん…///」

鶴乃「でも、ごめん…返事はまた改めて今度にしてほしいな」

いろは「うん///…えっ??」

鶴乃「本当にごめんなさい」

いろは「え、え、えっ?あれっ?」

鶴乃「ものすごくワガママだし、理不尽だよね…」

いろは「???」

鶴乃「でもね、私…本当にいろはちゃんの恋人になれるなら正々堂々恋人になりたい」

いろは「???」

鶴乃「今ここで恋人になったら、やちよ達に申し訳ないし、卑怯だよ…」

鶴乃「私はやちよ達に勝っていろはちゃんの恋人になりたい!」

いろは「えっ…と…?」

鶴乃「いろはちゃん…いろはちゃんのことが好きなのは私だけじゃないよ」

いろは「えっ??」

鶴乃「それが誰かはわかってるはず」

いろは「…ん…と…」

鶴乃「だから…そうだ、こうしようよ」

鶴乃「いろはちゃんが本当に一番好きな人とクリスマスにデートする!」

鶴乃「そこで選ばれなかった人は潔く諦める!」

鶴乃「クリスマスいろはちゃん争奪戦だよ!ふんふん!」

いろは「わ、私争奪戦…?」

鶴乃「正直、私は勝ち目が薄いと思う…でも頑張るからね!」

いろは「う、薄いって…い、今私オッケーしたのに…///」

鶴乃「そのオッケーがまたクリスマスに貰えるよう頑張るね!」

いろは「そ、そっか…」

鶴乃「ごめんね、いろはちゃん…」

いろは「う、ううん…」

鶴乃「…じゃ、もうすぐ昼休み終わるし、急いで食べよ?」

鶴乃「万々歳の料理いっぱいあるよ!」

いろは「あ、あはは…」

いろは「…う~」

鶴乃(いろはちゃん…本当にごめんなさい…)

5時限目

鶴乃「ふんふん!ふんふん!ふんふん!」ズドドドドドドドド

「ゆ、由比さんどうなっての?」

「鶴乃ちゃん…県大会の記録余裕で越してるような…」

鶴乃「ああああああああああああああ!!!!」

鶴乃(ヤバいヤバいヤバいヤバいヤバい!!!)

鶴乃(まさかあの場でオッケー貰えるとは思わなかったー!!)

鶴乃(絶対フラれると思ってたもん!)

鶴乃(あの時のいろはちゃんいくらなんでも可愛すぎない??)

鶴乃(めちゃくちゃ可愛かったー!!)

鶴乃(理性保つのに魔力結構使ったと思うもん!)

鶴乃(ドッペルでてもおかしくなかったよ!絶対!)

鶴乃(いろはちゃん可愛すぎるううう!!)

鶴乃(ほんっとよく堪えたよ私!あのまま恋人になりたかったぁぁぁ!)

鶴乃(いろはちゃん可愛すぎるううう!!)

鶴乃(あああああああ!!!!)

鶴乃「あああああああ!!!!」ズドドドドドドドド

一方

いろは「……」ボー

レナ「…?」

レナ(いろは、昼休み終わってからずっとぼーっとしてる…)

レナ(鶴乃に何されたの…?)

いろは「鶴乃ちゃん…」

レナ「!」

いろは「えへへ…」

レナ「!?」

レナ(え?なにその顔!?アイドル見てる時のももこみたいじゃん!?)

レナ(ううん、それよりも…?)

レナ(いろは…ほんとに鶴乃と何を…?)

いろは(うぅ…あれから鶴乃ちゃんのことで頭がいっぱいだよ…///)

いろは(私…鶴乃ちゃんのこと好きだったんだ…///)

いろは(知らなかった…///)

いろは(でも…鶴乃ちゃんが言ってたこと…)

いろは(……やっぱり…やちよさん…なのかな…)

いろは(やちよさん…鶴乃ちゃん…)

いろは(もしどちらかを選べって言われたら…)

いろは(……)

いろは(選べるわけないよ……)

いろは(…やちよさん、私のことどう思ってるのかな…)

いろは(もし、やちよさんもそうだったら…)

いろは(私……)

いろは(……私のことを好きになってくれたのが、鶴乃ちゃんだけなら…)

いろは(……)

いろは「はぁ…」

レナ「!」

レナ(あ、今度はため息…さっきからこれの繰返しよね)

レナ(ほんと、何があったんだろ…)

「じゃあここ、水波」

レナ「……」

「水波!」

レナ「へ?あっ…Who are you?」

「うん、まぁ簡単過ぎたな。あんまりぼーっとするなよ」

レナ「は、はい」

レナ(なんでレナなのよ!?)


【まさここ】Recreate I Waltz【34】



やちよ「あら、巴さん」

十七夜「こっちに来ていたのか」

マミ「はい、梓さんがケーキ食べましょうって誘ってくれたので…」

マミ「でも、部屋から出られないって言ってて…?」

灯花「みふゆは留年しそうだから、今部屋に閉じ込めて勉強させてるの」

やちよ「やれやれね…」

十七夜「梓はもう少し成人としての自覚を持つべきだろうな」

マミ「あはは…」

ねむ「マミはこの現状を理解しているのかな?」

マミ「ええ、柊さん達の話も聞こえていたし」

マミ「それに、見ればなんとなくわかる気がするわ」

灯花「マミは早とちりしがちだから誤解してそうだにゃー…」

灯花「前にお姉様を襲ったみたいだし」

マミ「うっ」

ねむ「たしかにあれは僕も驚いたけど、僕たちもお姉様を散々苦しめてしまったのだから」

ねむ「マミのことを悪く言うことはできないよ」

灯花「それはわかってるけどぉー」

マミ「…」シュン

いろは「私は気にしてないから大丈夫だよ」

マミ「環さん…」

十七夜「うむ、ここにいる全員と一度は敵対した巴君だが」

十七夜「今は仲間だと自分は思っているぞ」

マミ「…ありがとうございます」

あいみ「私は別に何もされてないけど、気の毒な人だよね」コソッ

まさら「……ええ」

まさら(もしあの時こころを襲ったマギウスが彼女だったら、私はどうなっていた…?)

こころ(まさら…そう言う想像はやめよう…?)

まさら(…ごめんなさい、でも私はあなたを守るためなら誰とだって戦うわ)

こころ(まさら…)

マミ「っ…」

マミ(どうしよう…何も考えないでここに来たら…)

マミ(みんな気を悪くしちゃったのかな…)

マミ(ごめんなさい…)

十七夜「気にするな、君は何も悪くない」

マミ「!」

やちよ「そうよ、誰もあなたのことを悪く思ってないわ」

マミ「和泉さん…七海さん…」

いろは「ところで、さっき言ってたのは?」

マミ「えっ?」

いろは「コネクトとかルミナスとかカラフルとか」

マミ「あぁ…あれはなんとなくフレーズが頭に浮かんだの」

マミ「二人の愛が赤ちゃんを生んだのよね?」

いろは「うん、そうだよ」

マミ「普通はコウノトリさんだけど、二人は違った…」

いろは「うん、そうだね」

やちよ「え」

やちよ(いろはも巴さんも高一よね…今は授業で習わないのかしら…?)

十七夜『七海、もうそう言うのを考えるのはやめるべきだろう』

十七夜『気にし出したらキリがないぞ』

やちよ『…そ、そうよね』

やちよ(十七夜さっきから全員の心が読めてるのね…)

十七夜(そのくらい、のぞみ君の魔力の余波がすごいのだろう)

十七夜(まさら君とこころ君の感情のピークが元の魔力だからな…)

十七夜(将来自分や七海、巴君をも越える可能性は極めて高そうだ)

みたま「マミちゃん、ルミナスってあれのことかしらぁ?」

マミ「はい、鹿目さんがよく暁美さんにしているアレのことです」

みたま「やっぱりねぇ、ソウルルミナス…」

みたま「ソウルジェム同士が重なりあう…」

ねむ「マミはそう言う単語を考えるのが好きだよね」

ねむ「でも今回はイタリア語じゃないようだけど」

マミ「特定の言語に縛られてはダメよ、柊さん」

ねむ「!」

マミ「様々な言語から引用するの」

ねむ「なるほど、たしかにその方が視野が広がるね」

マミ「そう言うことよ」

灯花「そんなことどうでもいいにゃー」

うい「ダメだよ、そんなこと言っちゃ」

灯花「にゃーー!」


マミホミ双の大晦日

大晦日

なぎさ「あぁー…幸せなのです…」

なぎさ「両手に華じゃなくて、両手にマミとチーズなのです!」

ホーリーマミ「なんだか小学生の台詞とは思えないわ…」

マミ「なぎさちゃんはこんな感じよ?」

なぎさ「そうなのです!」

ホーリーマミ「この子が、いろんな時間軸の私が死闘を繰り広げたお菓子の魔女…なのよね」

ホーリーマミ「その宿命の相手と今は姉妹のような関係になるだなんて」

ホーリーマミ「何があるのかわからないものね」

なぎさ「なぎさ的には、マミが二人に増えてることの方が驚きなのです」

マミ「鹿目さんは神様になったし」

マミ「暁美さんは悪魔になった」

マミ「美樹さんとなぎさちゃんは神様の使い…天使みたいなものだし」

マミ「佐倉さんは…うーん、そう!今じゃ美樹さんにべったりだからね」

ホーリーマミ「ある意味それが一番の驚きだったかもしれないわ」

ホーリーマミ「あの佐倉さんがあそこまで美樹さんに…ふふっ」

マミ「だから、私が二人に増えたくらいじゃ大した衝撃はないと思うのよね」

ホーリーマミ「たしかにね」

なぎさ「なかなかぶっとんだ会話なのです」

マミ「それよりも、お正月はどうしましょうか」

なぎさ「なぎさは神浜に行ってみたいのです」

ホーリーマミ「神浜…」

なぎさ「あそこならドッペルとして、べべを出せるのです」

マミ「そうなの?なら行きたいわね」

マミ「でも…ホミが…」

ホーリーマミ「常盤さんに会うのが怖いのよね…」

ホーリーマミ「水波さんも物凄く荒れてるみたいだし…」

マミ「レナちゃん、属性が水から火に変わったみたいよ?」

マミ「相手にするのは大変よ?」

ホーリーマミ「他人事みたいに言う…」

マミ「だって私は当事者じゃないもの」

ホーリーマミ「あなただって巴マミなんだから、当事者じゃない!」

マミ「違うわよ、当事者は巴ホミでしょ?ね、お姉ちゃん?」

ホーリーマミ「むむむ…あ、あなたねぇ…!」

なぎさ「なんだかマミの性格も変わったのです」

マミ「ふふ、心に余裕ができたからなのかもね」

なぎさ「なるほどなのです、とにかくなぎさは神浜に行きたいのです」

マミ「ゆまちゃんもまだ神浜にいるはずだし、遊んであげるといいわ」

ホーリーマミ「ういちゃんもいるし、お友だちになれるはずよ」

なぎさ「楽しみなのです」

マミ「また明日から忙しくなりそうだし、今日くらいはゆっくりしたいわね」

ホーリーマミ「そうね、ゆっくりテレビを見るのも久しぶりだわ」

マミ「紅白が楽しみだわ」

ホーリーマミ「え?絶対に笑ってはいけないインキュベーター24でしょ?」

マミ「なにそれ!?」

ホーリーマミ「キュゥべえが今いないのって、それの撮影らしいわよ」

マミ「ええ!?」

ホーリーマミ「だからそれを見るわ」

マミ「そうね」

なぎさ「どこに需要があるのかわからない番組なのです」

ホーリーマミ「MagicaTVだし、魔法少女限定よ」

マミ「そんなのもあるのね…」

ホーリーマミ「キュゥべえっていろんな魔法少女から嫌われているから」

ホーリーマミ「そのキュゥべえが叩かれているところを見てソウルジェムの穢れを落とす魔法少女は大勢いるわ」

マミ「なるほど」

ホーリーマミ「とにかく、そういうわけで…」

マミ「ええ、今年は去年よりもいろんなことがあって忙しかったわ」

マミ「明日からも忙しくなると思うけど」

ホーリーマミ「今は2018年に備えて祈りをささげましょう」

マミ「そうね」

なぎさ「なのです!」

ホーリーマミ「それじゃあ…」

マミ「よいお年を」

なぎさ「なのです!!」

マミホミ双のHappy New Year【1】へ続く

マミホミ双のMerry Christmas【完】

あすなろ市

かずみ「できたよー!」

カオル「待ってました!」

海香「ウォールナッツもいいけれど、やっぱりかずみの手料理が一番ね」

かずみ「ありがと!でもまた神浜に遊びにいきたいね!」

カオル「魔法少女の中じゃ評判の神社があるみたいだし、今度行ってみる」

海香「それもよさそうね」

かずみ「よーし!それじゃ来年のお正月はそれでいこっか!」

神浜

某神社

月夜「やっぱりここが一番落ち着くのでございます」

月咲「ここが一番落ち着くよね」

月夜「ねー」
月咲「ねー」

月夜「あの日の夜、ここで月咲ちゃんとすれ違っていなかったら」

月咲「今ごろ私は壊れていたと思います…」

月咲「うちだってあの日の夜、月夜ちゃんとすれ違わなかったら…」

月咲「きっとうちは壊れてたと思うよ…」

月夜「私と月咲ちゃんはいろんな意味で一心同体なんだと思います」

月咲「そうだね、うちと月夜ちゃんは二人で一人…二人一緒なら、きっとどんなことも乗り越えられると思うよ」

月夜「私達は魔法少女としても、普通の人間としても」

月夜「これからもいろんな試練が押し寄せてくると思います」

月夜「だけど…月咲ちゃんがいてくれれば…」

月咲「うん、うちも月夜ちゃんさえいてくれれば…」

月夜「月咲ちゃん」

月咲「月夜ちゃん」

月夜「来年も、再来年も…大人になっても、ずっと一緒にいて欲しいのでございます」

月咲「もちろんだよ、うちと月夜ちゃんはずっと一緒だよ」

月咲「毎年ここでこうして月夜ちゃんと二人で過ごしたいな」

月夜「月咲ちゃん…大好きでございます」

月咲「月夜ちゃん、うちも大好きだよ」

そして

マミ「神浜もクリスマス一色ね」

ホーリーマミ「そうね、みんな幸せそうだわ」

マミ「今までは…この光景が嫌だったわ」

ホーリーマミ「ええ…世間と自分のギャップが嫌だった…」

マミ「でも、もう大丈夫…私達にはみんながいてくれるんだもの」

ホーリーマミ「そうね、私達はもうひとりぼっちなんかじゃないわ」

梨花「あっ、マミちゃん!」

マミ「綾野さん!」

梨花「久しぶりっ!神浜に来てたんだ?」

マミ「ええ、あの…そちらの方は?」

れん「い…五十鈴れんです、はい…」

マミ「五十鈴さんね、私は巴マミ、よろしくね」

ホーリーマミ「よろしくね」

梨花「ねぇねぇマミちゃん!そっちの子は?マミちゃんとそっくりだけど!」

梨花「縦ロールが1個なところ以外違いがわからないし…双子?」

ホーリーマミ「ええ、私は巴ホミ」

梨花「ホミちゃん?珍しい名前だけど、なんかしっくりくるかも!」

梨花「どっちがお姉ちゃんなの?」

マミ「え?それなら…わた」

ホーリーマミ「私が一応姉よ」

マミ「えっ」

梨花「そうなんだ!」

ホーリーマミ「名前も『マ』の一個上のひらがなが『ホ』でしょ?そういうことよ」

ホーリーマミ「ね?妹のマミちゃん?」

マミ「うっ…あ、あなたねぇ」

梨花「あ、ならミミちゃんはいないの?」

ホーリーマミ「ふふ、いないけどもしいたらそうなっていたのかもね」

マミ「むー」プクー

梨花「マミちゃんって妹だったんだね、そんな感じ全くしかなかったから意外だよー」

マミ「ふふ、ありがとう」

梨花「でも妹って言われて拗ねてるところ見てると、やっぱ妹なんだって思っちゃった」

マミ「えー!?」

ホーリーマミ「うふふっ」

ホーリーマミ『名前と髪型はあなたに譲歩したのだから、これくらいいいわよね?』

マミ『し、仕方ないわね…』

れん「……」

れん(私…嫉妬してるの…?)

梨花「あ、そうだ!マミちゃん、前の約束覚えてる?」

マミ「約束?」

梨花「そ!約束!彼氏つくってダブルデートのやつ!」

マミ「あー…」

マミ(結局、男の子とは全く話しすらできなかったのよね…)

マミ(そもそも未だに顔と名前が一致しないレベルなのよ…)

ホーリーマミ「あなたが彼氏を?そんな約束してたのね」

マミ「もう、悪い?」

ホーリーマミ「ううん、ただ意外だなって」

梨花「えー?マミちゃんめちゃくちゃ可愛いし性格も良いから彼氏いないことの方が不思議だよー!」

マミ「ありがとう、でも私に彼氏はまだ早いみたいだわ」

梨花「そっか、ならお互い様だね」

ホーリーマミ「お互い様?あなたは彼氏すぐできそうだけど…」

れん「……」

れん(梨花ちゃんは可愛いから…すぐできそうだけど…)

れん(胸がくるしい…嫌だ…取られたくない…)

梨花「あはは、あたしね、ほんとは彼氏なんて最初から作る気なかったんだ…」

マミ「へ?」

梨花「……あたし、彼氏作るって張り切ってたけど…あれ、嘘なの」

マミ「そうなの?そんな風には全然見えなかったけど…」

梨花「あたしはさ…その…私ね、好きなのが女の子なんだ」

マミ「!」

ホーリーマミ「!」

れん「…」

梨花「……変だよね?自分でもよくわかってる…」

梨花「魔法少女になった理由もそれだしね…結局あの恋は終わったけど…」

梨花「表面では彼氏作りに頑張ってるあたしを演じてたけど」

梨花「ほんとの私は女の子が好き…」

梨花「だからあの時もマミちゃんにああ言っておきながら、嘘言ってたんだ…」

マミ「そう…だったのね」

梨花「…あは、変だよね?なに言ってるんだろう」

マミ「変じゃないわ、少なくとも私の回りには女の子同士で恋人になってるカップルが二組はいるもの」

梨花「!」

マミ「むしろカップルと言うレベルを越えているわ…ハンパないわよ」

梨花「えー!?」

ホーリーマミ「私もいろんな魔法少女を見てきたけど、魔法少女同士のカップルは普通にいたわ」

ホーリーマミ「むしろ神浜では男の子と付き合ってる魔法少女の方が明らかに少ないと思う…」

梨花「そ、そうなの!?知らなかった…」

れん「…!!」

梨花「あ…でも考えてみれば…心当たり結構あるかも」

マミ「だから綾野さんは全然おかしくないと思うわ」

梨花「そっか…うん、そっか!」

梨花「なら…もうこれ以上嘘つかなくても…いいよね」

れん「梨花ちゃん…?」

梨花「……あ、あのね!れんちゃん!」

れん「は、はい…」

梨花「……私っ!れんちゃんのこと好きなのっ!」

れん「!!!」

マミ「!」

ホーリーマミ「!」

梨花「嫌われたくないから…ずっと黙ってたけど…」

梨花「失恋して…すっごく落ち込んでた私のそばに、ずっといてくれて」

梨花「励ましてくれたれんちゃんのことをね…」

梨花「いつの間にか…好きになっちゃってたみたいなんだ」

れん「……」

梨花「だ、だからね…れんちゃん、私のこと好きにならなくてもいいから…」

梨花「嫌いにならないでほしい…な」

れん「う…うぅ…」ポロポロ

梨花「れ、れんちゃん!?泣いてるの?」

れん「うぅぅぅ…」ポロポロ

梨花「ご、ごめんね!私が変なこと言ったからだよね?泣かないで?」

れん「ち…違うんです…はい」

梨花「違う?」

れん「嬉しくて…」

梨花「!」

れん「私も…梨花ちゃんが好きだから…」

梨花「!!」

れん「だから…嬉しくて…うぅぅ」

梨花「じゃ、じゃあ…私達両想いなの!?」

れん「はい…はいっ…!」

梨花「わ…!わっ!やった!やったぁ!」

梨花「嬉しい…初めて恋が実った…!」

れん「梨花ちゃん…うぅ」ポロポロ

梨花「も、もう…泣かないでよ?ね?…あれ?」

梨花「なんで私も…泣いて…」ポロポロ

梨花「う…うぅ…れんちゃーん」ギュッ

れん「はい…はいっ…!」ギュッ

マミ「……ふふ、私達はここまでね」

ホーリーマミ「ええ、二人の邪魔になっちゃうわ」

ホーリーマミ「でもせめて…」パチン

マミ「!ふふ、そのくらいの魔法が一番ね」

ホーリーマミ「ええ…そうね」

マミ「それじゃあ、クリスマスデート頑張ってね」

ホーリーマミ「行きましょう」

マミ「ええ」

梨花「えへへ…人前で泣くのはあの時以来だな」

梨花「マミちゃん、私達…あれ?いない」

梨花「…気を利かせてくれたんだね、ありがと」

れん「わぁ…梨花ちゃん」

梨花「あっ!雪だ!ホワイトクリスマスだよ!」

れん「綺麗です…はい…!」

梨花「綺麗だねー…!」

マミ「あーあ、私はいつになったら彼氏ができるのかしら…」

ホーリーマミ「あら、彼女じゃないの?」

マミ「……それに関してはノーコメントね」

ホーリーマミ「ふふ、そうよね」

ももこ「おっす!マミちゃんズ!」

かえで「こんにちは!」

レナ「えへへ」

マミ「こんにちは」

ホーリーマミ「こんにちは」

ももこ「この雪、ホミちゃんだろ?」

ホーリーマミ「あら、もうバレるなんて」

ももこ「これくらいが一番いいよ、これならみんな幸せになれるしな!」

レナ「ホワイトクリスマス…綺麗だね」

ももこ「この綺麗なレナも明日にはいなくなってると思うと、それはそれで名残惜しいんだよなー」

かえで「でもやっぱりレナちゃんは元のふてぶてしさがあってこそだよ」

レナ「ふてぶてしいなんて、酷いよぉ」

ホーリーマミ「なんていうか、色々とごめんなさい」

マミ「明日からのレナちゃん…本当に大丈夫なのかしら?」

レナ「別に今のレナが魔法で操られてるわけじゃないし、レナの意思だからきっと大丈夫だよ」

ももこ「大変と言えば鶴乃だな、あれからやちよさんにこてんぱんにやられて」

ももこ「それからずっと大人しくなってるみたいだし」

ホーリーマミ「そうなの?なら慰めてあげないと…」

ももこ「あー、そうじゃなくってさ。鶴乃って大人しくなったあと反動で急に騒がしくなるから」

ももこ「たぶん今日のパーティーはかなり賑やかになると思ってさ」

ももこ「やちよさんもかなり張り切ってるし、きっと忘れられないクリスマスになるよ」

マミ「なら私達も張り切ってケーキ作らなきゃね」

ももこ「頼むな!アタシは肉料理たんまり作るから!」

かえで「相変わらずももこちゃんは茶色尽くしだね!」

レナ「レナ、ももこの手料理も大好き!」

ももこ「ももこさんも張り切らなきゃな!」

マミ「ついたわね」

やちよ「いらっしゃい!」

いろは「もう準備はできてますよ!」

フェリシア「なー!なー!早く始めようぜー!」

さな「まずは料理が先だよ…?」

鶴乃「万々歳からも持ってきたから…」

ももこ「な、おとなしいだろ?」

マミ「たしかに」

いろは「でもさっきからウズウズしてて…」

フェリシア「たぶん五人が来るの待ってたんだと思うぞ」

鶴乃「そう!だから今から全力で楽しむよ!ふんふんふん!!」

ももこ「やっぱりかー!」

やちよ「ふふ、楽しいクリスマスパーティーにしましょうね」

やちよ「まずは最初にみんなで言うわよ」

いろは「そうですね!」

マミ「それじゃあ、準備はいい?」

ホーリーマミ「ええ!」

ももこ「それじゃあいくぞ!」

さな「せ、せーのっ」

みんな「Merry Christmas!!」



マミホミ双の大晦日に続く
あけみふうふ!
www_dotup_org3517771
Twitter プロフィール
まさここ!まどほむ!まどか先輩!まさここ絵の修行中。ブログにて、まどマギ&マギレコのSS等もやってます。まさここは運命!Pixiv→https://t.co/ewbiKwnR39
記事検索はここでガンガンやっちゃいますからねー!
コメント・フィナーレ!!
てぃひひ!ギャラリーだよ
  • ミラーズランキング2020final2日目
  • ミラーズランキング2020final2日目
  • ミラーズランキング2020final2日目
  • ミラーズランキング2020final2日目
  • ミラーズランキング2020final2日目
  • ミラーズランキング2020final2日目
livedoor プロフィールです

ほむか

Q今月は?
Aさやかちゃん感謝月間!
あん?
やーいやーいバカさやかのバーカ
は?
バカって言ったほうがバカなのよこのバカ杏子!
バカ論争や記事カテゴリよりも、私はまどかを見たいわ
アクセスアップの協力、感謝するわ
PVランキング にほんブログ村 アニメブログ 魔法少女まどか☆マギカへ
君のそばでいつまでも...
www_dotup_org3517771