ほむか速報!まどマギ SS マギレコ まとめ【魔法少女まどか☆マギカ】

魔法少女まどか☆マギカのSS、フィギュアやグッズのレビュー、マギアレコードなどを主に取り扱っています。

魔法少女まどか☆マギカの自作SSや、ねんどろいど、キューポッシュをメインにしたフィギュアやグッズのレビューがメインのブログです。
現在はマギアレコード(マギレコ)の感想なども行っています。

マミホミ SS

マミホミ双の大晦日

大晦日

なぎさ「あぁー…幸せなのです…」

なぎさ「両手に華じゃなくて、両手にマミとチーズなのです!」

ホーリーマミ「なんだか小学生の台詞とは思えないわ…」

マミ「なぎさちゃんはこんな感じよ?」

なぎさ「そうなのです!」

ホーリーマミ「この子が、いろんな時間軸の私が死闘を繰り広げたお菓子の魔女…なのよね」

ホーリーマミ「その宿命の相手と今は姉妹のような関係になるだなんて」

ホーリーマミ「何があるのかわからないものね」

なぎさ「なぎさ的には、マミが二人に増えてることの方が驚きなのです」

マミ「鹿目さんは神様になったし」

マミ「暁美さんは悪魔になった」

マミ「美樹さんとなぎさちゃんは神様の使い…天使みたいなものだし」

マミ「佐倉さんは…うーん、そう!今じゃ美樹さんにべったりだからね」

ホーリーマミ「ある意味それが一番の驚きだったかもしれないわ」

ホーリーマミ「あの佐倉さんがあそこまで美樹さんに…ふふっ」

マミ「だから、私が二人に増えたくらいじゃ大した衝撃はないと思うのよね」

ホーリーマミ「たしかにね」

なぎさ「なかなかぶっとんだ会話なのです」

マミ「それよりも、お正月はどうしましょうか」

なぎさ「なぎさは神浜に行ってみたいのです」

ホーリーマミ「神浜…」

なぎさ「あそこならドッペルとして、べべを出せるのです」

マミ「そうなの?なら行きたいわね」

マミ「でも…ホミが…」

ホーリーマミ「常盤さんに会うのが怖いのよね…」

ホーリーマミ「水波さんも物凄く荒れてるみたいだし…」

マミ「レナちゃん、属性が水から火に変わったみたいよ?」

マミ「相手にするのは大変よ?」

ホーリーマミ「他人事みたいに言う…」

マミ「だって私は当事者じゃないもの」

ホーリーマミ「あなただって巴マミなんだから、当事者じゃない!」

マミ「違うわよ、当事者は巴ホミでしょ?ね、お姉ちゃん?」

ホーリーマミ「むむむ…あ、あなたねぇ…!」

なぎさ「なんだかマミの性格も変わったのです」

マミ「ふふ、心に余裕ができたからなのかもね」

なぎさ「なるほどなのです、とにかくなぎさは神浜に行きたいのです」

マミ「ゆまちゃんもまだ神浜にいるはずだし、遊んであげるといいわ」

ホーリーマミ「ういちゃんもいるし、お友だちになれるはずよ」

なぎさ「楽しみなのです」

マミ「また明日から忙しくなりそうだし、今日くらいはゆっくりしたいわね」

ホーリーマミ「そうね、ゆっくりテレビを見るのも久しぶりだわ」

マミ「紅白が楽しみだわ」

ホーリーマミ「え?絶対に笑ってはいけないインキュベーター24でしょ?」

マミ「なにそれ!?」

ホーリーマミ「キュゥべえが今いないのって、それの撮影らしいわよ」

マミ「ええ!?」

ホーリーマミ「だからそれを見るわ」

マミ「そうね」

なぎさ「どこに需要があるのかわからない番組なのです」

ホーリーマミ「MagicaTVだし、魔法少女限定よ」

マミ「そんなのもあるのね…」

ホーリーマミ「キュゥべえっていろんな魔法少女から嫌われているから」

ホーリーマミ「そのキュゥべえが叩かれているところを見てソウルジェムの穢れを落とす魔法少女は大勢いるわ」

マミ「なるほど」

ホーリーマミ「とにかく、そういうわけで…」

マミ「ええ、今年は去年よりもいろんなことがあって忙しかったわ」

マミ「明日からも忙しくなると思うけど」

ホーリーマミ「今は2018年に備えて祈りをささげましょう」

マミ「そうね」

なぎさ「なのです!」

ホーリーマミ「それじゃあ…」

マミ「よいお年を」

なぎさ「なのです!!」

マミホミ双のHappy New Year【1】へ続く

マミホミ双のMerry Christmas【完】

あすなろ市

かずみ「できたよー!」

カオル「待ってました!」

海香「ウォールナッツもいいけれど、やっぱりかずみの手料理が一番ね」

かずみ「ありがと!でもまた神浜に遊びにいきたいね!」

カオル「魔法少女の中じゃ評判の神社があるみたいだし、今度行ってみる」

海香「それもよさそうね」

かずみ「よーし!それじゃ来年のお正月はそれでいこっか!」

神浜

某神社

月夜「やっぱりここが一番落ち着くのでございます」

月咲「ここが一番落ち着くよね」

月夜「ねー」
月咲「ねー」

月夜「あの日の夜、ここで月咲ちゃんとすれ違っていなかったら」

月咲「今ごろ私は壊れていたと思います…」

月咲「うちだってあの日の夜、月夜ちゃんとすれ違わなかったら…」

月咲「きっとうちは壊れてたと思うよ…」

月夜「私と月咲ちゃんはいろんな意味で一心同体なんだと思います」

月咲「そうだね、うちと月夜ちゃんは二人で一人…二人一緒なら、きっとどんなことも乗り越えられると思うよ」

月夜「私達は魔法少女としても、普通の人間としても」

月夜「これからもいろんな試練が押し寄せてくると思います」

月夜「だけど…月咲ちゃんがいてくれれば…」

月咲「うん、うちも月夜ちゃんさえいてくれれば…」

月夜「月咲ちゃん」

月咲「月夜ちゃん」

月夜「来年も、再来年も…大人になっても、ずっと一緒にいて欲しいのでございます」

月咲「もちろんだよ、うちと月夜ちゃんはずっと一緒だよ」

月咲「毎年ここでこうして月夜ちゃんと二人で過ごしたいな」

月夜「月咲ちゃん…大好きでございます」

月咲「月夜ちゃん、うちも大好きだよ」

そして

マミ「神浜もクリスマス一色ね」

ホーリーマミ「そうね、みんな幸せそうだわ」

マミ「今までは…この光景が嫌だったわ」

ホーリーマミ「ええ…世間と自分のギャップが嫌だった…」

マミ「でも、もう大丈夫…私達にはみんながいてくれるんだもの」

ホーリーマミ「そうね、私達はもうひとりぼっちなんかじゃないわ」

梨花「あっ、マミちゃん!」

マミ「綾野さん!」

梨花「久しぶりっ!神浜に来てたんだ?」

マミ「ええ、あの…そちらの方は?」

れん「い…五十鈴れんです、はい…」

マミ「五十鈴さんね、私は巴マミ、よろしくね」

ホーリーマミ「よろしくね」

梨花「ねぇねぇマミちゃん!そっちの子は?マミちゃんとそっくりだけど!」

梨花「縦ロールが1個なところ以外違いがわからないし…双子?」

ホーリーマミ「ええ、私は巴ホミ」

梨花「ホミちゃん?珍しい名前だけど、なんかしっくりくるかも!」

梨花「どっちがお姉ちゃんなの?」

マミ「え?それなら…わた」

ホーリーマミ「私が一応姉よ」

マミ「えっ」

梨花「そうなんだ!」

ホーリーマミ「名前も『マ』の一個上のひらがなが『ホ』でしょ?そういうことよ」

ホーリーマミ「ね?妹のマミちゃん?」

マミ「うっ…あ、あなたねぇ」

梨花「あ、ならミミちゃんはいないの?」

ホーリーマミ「ふふ、いないけどもしいたらそうなっていたのかもね」

マミ「むー」プクー

梨花「マミちゃんって妹だったんだね、そんな感じ全くしかなかったから意外だよー」

マミ「ふふ、ありがとう」

梨花「でも妹って言われて拗ねてるところ見てると、やっぱ妹なんだって思っちゃった」

マミ「えー!?」

ホーリーマミ「うふふっ」

ホーリーマミ『名前と髪型はあなたに譲歩したのだから、これくらいいいわよね?』

マミ『し、仕方ないわね…』

れん「……」

れん(私…嫉妬してるの…?)

梨花「あ、そうだ!マミちゃん、前の約束覚えてる?」

マミ「約束?」

梨花「そ!約束!彼氏つくってダブルデートのやつ!」

マミ「あー…」

マミ(結局、男の子とは全く話しすらできなかったのよね…)

マミ(そもそも未だに顔と名前が一致しないレベルなのよ…)

ホーリーマミ「あなたが彼氏を?そんな約束してたのね」

マミ「もう、悪い?」

ホーリーマミ「ううん、ただ意外だなって」

梨花「えー?マミちゃんめちゃくちゃ可愛いし性格も良いから彼氏いないことの方が不思議だよー!」

マミ「ありがとう、でも私に彼氏はまだ早いみたいだわ」

梨花「そっか、ならお互い様だね」

ホーリーマミ「お互い様?あなたは彼氏すぐできそうだけど…」

れん「……」

れん(梨花ちゃんは可愛いから…すぐできそうだけど…)

れん(胸がくるしい…嫌だ…取られたくない…)

梨花「あはは、あたしね、ほんとは彼氏なんて最初から作る気なかったんだ…」

マミ「へ?」

梨花「……あたし、彼氏作るって張り切ってたけど…あれ、嘘なの」

マミ「そうなの?そんな風には全然見えなかったけど…」

梨花「あたしはさ…その…私ね、好きなのが女の子なんだ」

マミ「!」

ホーリーマミ「!」

れん「…」

梨花「……変だよね?自分でもよくわかってる…」

梨花「魔法少女になった理由もそれだしね…結局あの恋は終わったけど…」

梨花「表面では彼氏作りに頑張ってるあたしを演じてたけど」

梨花「ほんとの私は女の子が好き…」

梨花「だからあの時もマミちゃんにああ言っておきながら、嘘言ってたんだ…」

マミ「そう…だったのね」

梨花「…あは、変だよね?なに言ってるんだろう」

マミ「変じゃないわ、少なくとも私の回りには女の子同士で恋人になってるカップルが二組はいるもの」

梨花「!」

マミ「むしろカップルと言うレベルを越えているわ…ハンパないわよ」

梨花「えー!?」

ホーリーマミ「私もいろんな魔法少女を見てきたけど、魔法少女同士のカップルは普通にいたわ」

ホーリーマミ「むしろ神浜では男の子と付き合ってる魔法少女の方が明らかに少ないと思う…」

梨花「そ、そうなの!?知らなかった…」

れん「…!!」

梨花「あ…でも考えてみれば…心当たり結構あるかも」

マミ「だから綾野さんは全然おかしくないと思うわ」

梨花「そっか…うん、そっか!」

梨花「なら…もうこれ以上嘘つかなくても…いいよね」

れん「梨花ちゃん…?」

梨花「……あ、あのね!れんちゃん!」

れん「は、はい…」

梨花「……私っ!れんちゃんのこと好きなのっ!」

れん「!!!」

マミ「!」

ホーリーマミ「!」

梨花「嫌われたくないから…ずっと黙ってたけど…」

梨花「失恋して…すっごく落ち込んでた私のそばに、ずっといてくれて」

梨花「励ましてくれたれんちゃんのことをね…」

梨花「いつの間にか…好きになっちゃってたみたいなんだ」

れん「……」

梨花「だ、だからね…れんちゃん、私のこと好きにならなくてもいいから…」

梨花「嫌いにならないでほしい…な」

れん「う…うぅ…」ポロポロ

梨花「れ、れんちゃん!?泣いてるの?」

れん「うぅぅぅ…」ポロポロ

梨花「ご、ごめんね!私が変なこと言ったからだよね?泣かないで?」

れん「ち…違うんです…はい」

梨花「違う?」

れん「嬉しくて…」

梨花「!」

れん「私も…梨花ちゃんが好きだから…」

梨花「!!」

れん「だから…嬉しくて…うぅぅ」

梨花「じゃ、じゃあ…私達両想いなの!?」

れん「はい…はいっ…!」

梨花「わ…!わっ!やった!やったぁ!」

梨花「嬉しい…初めて恋が実った…!」

れん「梨花ちゃん…うぅ」ポロポロ

梨花「も、もう…泣かないでよ?ね?…あれ?」

梨花「なんで私も…泣いて…」ポロポロ

梨花「う…うぅ…れんちゃーん」ギュッ

れん「はい…はいっ…!」ギュッ

マミ「……ふふ、私達はここまでね」

ホーリーマミ「ええ、二人の邪魔になっちゃうわ」

ホーリーマミ「でもせめて…」パチン

マミ「!ふふ、そのくらいの魔法が一番ね」

ホーリーマミ「ええ…そうね」

マミ「それじゃあ、クリスマスデート頑張ってね」

ホーリーマミ「行きましょう」

マミ「ええ」

梨花「えへへ…人前で泣くのはあの時以来だな」

梨花「マミちゃん、私達…あれ?いない」

梨花「…気を利かせてくれたんだね、ありがと」

れん「わぁ…梨花ちゃん」

梨花「あっ!雪だ!ホワイトクリスマスだよ!」

れん「綺麗です…はい…!」

梨花「綺麗だねー…!」

マミ「あーあ、私はいつになったら彼氏ができるのかしら…」

ホーリーマミ「あら、彼女じゃないの?」

マミ「……それに関してはノーコメントね」

ホーリーマミ「ふふ、そうよね」

ももこ「おっす!マミちゃんズ!」

かえで「こんにちは!」

レナ「えへへ」

マミ「こんにちは」

ホーリーマミ「こんにちは」

ももこ「この雪、ホミちゃんだろ?」

ホーリーマミ「あら、もうバレるなんて」

ももこ「これくらいが一番いいよ、これならみんな幸せになれるしな!」

レナ「ホワイトクリスマス…綺麗だね」

ももこ「この綺麗なレナも明日にはいなくなってると思うと、それはそれで名残惜しいんだよなー」

かえで「でもやっぱりレナちゃんは元のふてぶてしさがあってこそだよ」

レナ「ふてぶてしいなんて、酷いよぉ」

ホーリーマミ「なんていうか、色々とごめんなさい」

マミ「明日からのレナちゃん…本当に大丈夫なのかしら?」

レナ「別に今のレナが魔法で操られてるわけじゃないし、レナの意思だからきっと大丈夫だよ」

ももこ「大変と言えば鶴乃だな、あれからやちよさんにこてんぱんにやられて」

ももこ「それからずっと大人しくなってるみたいだし」

ホーリーマミ「そうなの?なら慰めてあげないと…」

ももこ「あー、そうじゃなくってさ。鶴乃って大人しくなったあと反動で急に騒がしくなるから」

ももこ「たぶん今日のパーティーはかなり賑やかになると思ってさ」

ももこ「やちよさんもかなり張り切ってるし、きっと忘れられないクリスマスになるよ」

マミ「なら私達も張り切ってケーキ作らなきゃね」

ももこ「頼むな!アタシは肉料理たんまり作るから!」

かえで「相変わらずももこちゃんは茶色尽くしだね!」

レナ「レナ、ももこの手料理も大好き!」

ももこ「ももこさんも張り切らなきゃな!」

マミ「ついたわね」

やちよ「いらっしゃい!」

いろは「もう準備はできてますよ!」

フェリシア「なー!なー!早く始めようぜー!」

さな「まずは料理が先だよ…?」

鶴乃「万々歳からも持ってきたから…」

ももこ「な、おとなしいだろ?」

マミ「たしかに」

いろは「でもさっきからウズウズしてて…」

フェリシア「たぶん五人が来るの待ってたんだと思うぞ」

鶴乃「そう!だから今から全力で楽しむよ!ふんふんふん!!」

ももこ「やっぱりかー!」

やちよ「ふふ、楽しいクリスマスパーティーにしましょうね」

やちよ「まずは最初にみんなで言うわよ」

いろは「そうですね!」

マミ「それじゃあ、準備はいい?」

ホーリーマミ「ええ!」

ももこ「それじゃあいくぞ!」

さな「せ、せーのっ」

みんな「Merry Christmas!!」



マミホミ双の大晦日に続く

マミホミ双のMerry Christmas【15】

そして…

梨花「れんちゃーん!」

れん「あ、梨花ちゃん…!」

梨花「ごめんね!もう来てたんだ…待たせちゃったかな?」

れん「い、いえ、私も今きたばっかりです…はい」

れん(本当は遅刻するのが怖くて30分前には来てたけど…)

れん(今だって待ち合わせ15分前だから…)

梨花「あは、それあたしも一度は言ってみたい台詞だなっ」

梨花(私早めに来たのに…れんちゃん何時から待っててくれたんだろう?)

梨花(今度からは待ち合わせの30分前には来なきゃいけないよね)

梨花「それじゃ行こっか!」

れん「は、はい…!」

梨花「街中綺麗だねー」

れん「はい…」

れん(緊張します…)

梨花「クリスマスだもんね、そりゃ綺麗に決まってるか」

れん「はい…」

れん(クリスマス…家族以外と過ごすの…初めてだから…)

れん(何をすればいいのか…うう)

梨花「れんちゃん?」

れん「はい…」

梨花「じーっ」

れん「うっ」

れん(どうしよう…服装変だったのかな…)

れん(いつも制服だから…私服あんまり着ないから…)

れん(私なりにおしゃれしたつもりだけど…)

梨花「れんちゃん、今日はいつも以上に可愛いね!」

れん「…!」

梨花「その服初めて見たけど、すっごく似合ってるよ!」

梨花「れんちゃんは可愛いから何を来ても似合うかもだけどねっ」

れん「あ…ありがとうございます…はい」

れん(うれしい!)

れん「り、梨花ちゃんも…その、すごく可愛いです…!」

梨花「ほんと!?れんちゃんにそう言ってもらえると凄く嬉しいなぁ」

梨花「えへへ、実はね?今日のために新しく買ったんだー」

梨花「あたし、れんちゃんと今日会うのすごく楽しみだったからね!」

梨花(よかった…れんちゃん大人しいから誉めてくれるって思わなかったよ)

梨花(私ちっちゃいからあんまりサイズが合わないんだよね…)

れん「そ、その…梨花ちゃんにピッタリで可愛いと思います…はい」

梨花「れんちゃん…ありがとっ!」

れん「は、はい…!」

梨花「えへへ」

れん「…くしゅん」

梨花「わ!大丈夫?寒い中待たせちゃったから風邪引いちゃったかな…」

れん「だ、大丈夫…」

れん(本当はマフラー買いたかったけど、今日のための準備とプレゼントでお金が……)

梨花「んー、ほんとは後から渡そうと思ってたんだけど…」

れん「?」

梨花「はい!あたしかられんちゃんにクリスマスプレゼント!」

れん「あ…!」

梨花「ねっ、開けてみてよ!」

れん「!!…マフラー…!」

れん(これって…)

梨花「れんちゃんがマフラーしてるところ見たことなかったからね」

梨花「銀と白と青でれんちゃんっぽいでしょ?」

れん「こ、これ…!ありがとうございます…はい!」

梨花「どうかな?」

れん「すごく暖かい…はい!」

梨花「似合ってる!よかった…くちゅんっ」

れん「あ…」

梨花「えへへ、あたしもマフラー持ってくればよかった」

梨花(プレゼントや今日のための準備でお金使っちゃって)

梨花(私用のマフラー買う余裕ないんだよね、でもれんちゃん喜んでくれてよかった)

れん「り、梨花ちゃん…その…ぷ、プレゼント、です!…はい」

梨花「えっ?れんちゃんが私に?あ、ありがとう!」

梨花「あけていい?」

れん「はい…!」

梨花「あ!マフ…!!」

梨花「わ!わ!これってまさか!」

れん「はいっ」

梨花「金と白と赤…れんちゃんのとペアのやつだよね!?」

れん「はいっ!」

梨花「私これほしかったの!ありがとう、れんちゃん!」

れん「えへ…」

梨花「マフラー見かけたとき、あたしとれんちゃんっぽいなって思ってて」

梨花「お揃いできらたって思ってたんだよっ!」

れん「私もそう…でもお金なくて私の分は買えなかったから…はい」

梨花「そうなの!?私もそうだよ!あたし達こんなところもお揃いなんだね!」

れん「は、はいっ…!」

梨花「すごいよ!マジでちょーうれしい!」

れん「わ、私もうれしいです、はい…!」

梨花「れんちゃんっ!」

れん「梨花ちゃん…!」

一方

このは「で、できたわ!」

葉月「こ、これが…」

あやめ「このはの作ったケーキ…!」

葉月『あやめ…私たちのクリスマスはここまでみたいだねー…』

あやめ『あちし…もっとクリスマスを味わいたいよぉ…』

このは「葉月、あやめ、今回は大丈夫だと思うわ…」

葉月「そう言ってもねぇ…キッチンが結界になってるからねぇー…」

あやめ「なんでああなったの?」

このは「チキンが爆発したのよ…何故かしら?」

あやめ「ううー、肉が…」

葉月「チキンは私が買ってきたから大丈夫だよ」

葉月「それよりも、このは…まだ時間あるんだしケーキは後からでもいいんじゃない?」

葉月「食べたら私達のクリスマスは…」

このは「三人とも気絶したままクリスマスが終わるのなんて私も嫌よ」

あやめ「なら夜でいいじゃん!」

このは「作りたてを二人に食べてもらいたいの…ケーキは大丈夫だから…たぶん」

あやめ「そのたぶんで何回も葉月が泡吹いて倒れてるのみたからなぁ…」

葉月「今思うとあの魔法少女昏睡事件ってこのはの料理が原因だったとか…?」

このは「葉月…流石にそれは傷付くわ…」

葉月「ごめんごめん、冗談だよー…あはは」

このは「とにかく、ケーキだけは大丈夫だと思うから食べてみて」

葉月「……わかった」

あやめ「葉月!?」

葉月「何があっても、このはについていくって決めたんだしねぇ…」

葉月「ケーキなんかに負けるわけにはいかいから…!」

葉月(さようなら、クリスマスの私…撤収~!)

葉月「いただきます!」

葉月「ぱくっ!」

あやめ「葉月ー!」

このは「…!」

葉月「!!!」

あやめ「…あれ?気絶してない?」

葉月「このは…これって…」

このは「ええ!」

葉月「私達は普段ケーキなんて食べられなかったけど…クリスマスだけは食べられた」

葉月「あの大好きだったケーキ…あれに似てる…!」

あやめ「ほんと!?ならあちしも!」

あやめ「!!ほんとだ!」

このは「でしょ!?そうよね!?」

葉月「すごいよこのは!よくあれの再現ができたねぇー!」

あやめ「ほんとにこのはが作ったの!?」

このは「ええ!やったわ!やったぁー!!」

葉月「変なキノコとか持ってたし、不安でしかなかったからねぇ」

あやめ「あの毒キノコはなんだったの?」

このは「ノーコメントで。でもケーキには使ってないわ」

このは「あのケーキの味は私達にとって一生忘れられない味だから…」

葉月「そうだね…ありがとう、このは」

あやめ「ありがとう!」

このは「ケーキが大丈夫なら、他のも大丈夫なはず!」

このは「さあ!私達のクリスマスを楽しむわよ!」

翌日、恥ずかしさのあまり葉月に匿われにやって来た常盤ななかが
泡を吹いて気絶している三人の美少女を発見するのであった
その気絶した表情は穏やかだったそうな

一方

かりん「アリナ先輩にプレゼントなの!」

アリナ「フールガールからのプレゼントとか期待できないんですケド」ワクワク

アリナ「ン?漫画…」

かりん「自分で作った漫画なの!わたしとアリナ先輩の漫画なの!」

アリナ「……」パラパラ

かりん「ど、どうですか…なの」

アリナ「……そこで待ってテ」テクテク

かりん「あっ…行っちゃったの」

かりん「アリナ先輩に喜んでもらえなかったみたいなの…」

かりん「わたし…頑張って描いたの…」

アリナ「別に喜んでないなんて言ってないんですケド」

かりん「アリナ先輩!」

アリナ「ほら」

かりん「イチゴ牛乳!」

アリナ「飲んで」

かりん「はいなの!」チュー

アリナ「どう?」

かりん「とっても美味しいの!」

アリナ「そ、なら…」

かりん「わっ、取られちゃったの…」

アリナ「ちゅ~ずぞぞっ」

かりん「わぁっ!また飲まれたの!」

アリナ「アリナ的には50点だから当然でしょ」

かりん「うぅー…そもそもいつも間接キスなの…」

アリナ「嫌?」

かりん「べ、別にアリナ先輩なら嫌じゃないの…でも…」

アリナ「そ、なら」スッ

かりん「!!??///」

アリナ「アリナ、何もプレゼント用意してないから、それがプレゼント代わりだから」

かりん「あわ…あわわ??///」

アリナ「アリナ的にはただのクリスマスプレゼントだから、勘違いして欲しくないんですケド」

一方

こころ「寒いねー」

まさら「ええ、でも平気…あなたが側にいるから」

こころ「まさら…ふふっ」

まさら「?」

こころ「ね、もっとそっちに行っても良い?」

まさら「…あなたの好きにすればいい」

こころ「ありがとう」

まさら「…あたたかい」

こころ「うん、私もあったかい…」

こころ「まさら……」

まさら「なに」

こころ「まさらは…来年も一緒にこの光景を見てくれるよね?」

こころ「私はもう一人でこの光景を見なくてもいいんだよね…?」

まさら「ええ、あなたはもう一人じゃないから…」

こころ「えへへ…ありがとう、まさら」

まさら「……」

こころ「まさら?」

まさら「……」ギュッ

こころ「わっ!」

まさら「…これなら、もっと暖かくなるから」

こころ「まさら…うんっ!」ギュッ

まさら「……」

こころ「えへへ…かなり顔が近くなっちゃったね」

まさら「ええ…」

こころ「私ね…まさらと会えて本当に良かったって心からそう思ってるの」

こころ「あ、ギャグじゃないよ?」

まさら「大丈夫、わかってる」

こころ「ありがとう…あのね、私…まさらがいなかったら今ごろはとっくに…」

こころ「本当にまさらは私の心の拠なんだよ…?」

まさら「…そう」

こころ「……えへへ、ごめんね?変なこと言っちゃって」

まさら「……私は…あまり言葉にするのが得意じゃないから」

まさら「だから…一言だけ伝えるわ」

こころ「まさらから一言だけ…?」

まさら「耳を貸して」

こころ「こう?」

まさら「……大好き」

こころ「……」

こころ「ぼんっ」

まさら「……?」

こころ「」

まさら「……え?」

こころ「」

まさら「え…どうしたの?」

こころ「」

まさら「息…してない…!?」

まさら「ど、どうしよう!どうすれば…そ、そうだ!」

まさら「緊急事態だから仕方ないわ…!」

数分後

こころ「はっ」

まさら「あっ!」

こころ「あ、あれ?私…?」

まさら「良かった!」ギュッ

こころ「わっ!ま、まさら!?」

まさら「良かった…本当に良かった!」

こころ「まさら…」

こころ(まさら…こんな顔するんだ)

こころ(何があったのかよくわかんないけど…これだけは覚えてる)

こころ「まさら」

まさら「な、なに?」

こころ「私も大好きだよ」

まさら「」

こころ「ふふ、言っちゃった」

まさら「」

こころ「……まさら?」

まさら「」

こころ「息…してない!?」

こころ「まさらーっ!?」

こころ「ど、どうしよう!どうしよう!」

こころ「あ…き、緊急事態だから仕方ないよね?」

こころ「ごめんね、まさら!」
まさら「んっ」パチッ

こころ「わあぁっ!?」

まさら「一瞬記憶が飛んでいたみたい…ん?」

こころ「ま、まさら…よかった」

こころ(でも少しだけ残念かも…?)

まさら「…今、顔がものすごく近かった」

こころ「ま、まさらが息してなかったから…」

まさら「なるほど、だからあなたも私と同じことを…」

こころ「え?同じって…えっ!?」

まさら「でもこんな形では…私は嫌だから…」

まさら「だから…目を瞑って」

こころ「!?!?」

こころ「う、うんっ…!」

まさら「いい?いくわよ?」

こころ「お、おねがいします…」

チュッ

マミホミ双のMerry Christmas【14】

鶴乃「えーと、要するにこういうことだよね?」

鶴乃「マミちゃんが『クリスマスが大嫌い』って思ったら」

鶴乃「もう一人のマミちゃんが助けに来てくれた」

鶴乃「だから、ダブルマミちゃんがクリスマスを楽しめれば」

フェリシア「めでたし!ってことだな!」

マミ「そうなるのかしら…?」

ホーリーマミ「私はそれで良いと思うわ」

やちよ「あなたの魔法で変わった二人はどうなるの?」

ホーリーマミ「クリスマスが終わると同時に元に戻るはずよ」

ももこ「んじゃ、この素直なレナはクリスマスまでの限定ってことか」

レナ「ううう、レナ元に戻るの嫌だよ…」

かえで「私は元のレナちゃんの方が好きだよ」

レナ「かえでちゃん…大好き!」

ももこ「これ元に戻ったら戻ったでレナ大荒れだろうな…」

レナ「それは大丈夫、もうレナの本心はみんなにバレてるから気にしないで」

レナ「口はまた悪くなるけど…ごめんなさい」

ももこ「あはは、そっか」

フェリシア「あいつは子供のままの方がいいんじゃねーの?」

さな「一番の被害者だと思います…」

鶴乃「よかった、100点の料理になってても期間限定だったんだ」

ホーリーマミ「でもその100点の料理を身に付けられれば、クリスマスの後も大丈夫だったはず…」

鶴乃「うそ!?むー…いやいや!自力で100点にしてみせるよ!」

やちよ(あのまま、みんなが来てくれなかったら…)

やちよ(私はかなえとメルを生き返らせて欲しいと願っていたのかもしれないわ…)

やちよ(みふゆにも、戻ってきてほしかったはず…)

やちよ(仮にそれで本当に二人が生き返って、みふゆが戻ってきたとしても)

やちよ(クリスマスが終われば……)

やちよ(……本当にあぶなかったわ)

やちよ(白い巴さんに悪意はないのだろうけど…すごく残酷な結果になってた…)

やちよ「かなえ…メル…みふゆ…」

いろは「…」ギュッ

やちよ「!」

いろは「やちよさん、大丈夫です…私たちがいますから」

やちよ「…ふふ、ありがとう」

ももこ「…やちよさん」

やちよ「ももこ…」

ももこ「……」

やちよ「……」

ももこ「…クリスマスパーティー、楽しもうな!」

やちよ「!…ええ」ニコ

鶴乃「えへへ」

ホーリーマミ「うーん、なんだか余計なことをしてしまっていたみたいね…」

マミ「自分が正しいと信じたら、回りが見えなくなる…良くも悪くも、それが私みたいね」

ホーリーマミ「気を付けるわ…」

マミ「あの、ところであなたはこっちの世界にいてもいいの?元の世界は大丈夫なの?」

ホーリーマミ「私がいた世界の私は、見滝原や神浜を問わず、全国各地を飛び回っていたの」

ホーリーマミ「別に鹿目さん達と仲違いをしたわけじゃないのだけど…色々あってね」

ホーリーマミ「だからね、私もひとりぼっちなの…」

ホーリーマミ「こうしてクリスマスに希望を届けることに全力を出しているのも」

ホーリーマミ「クリスマスにひとりぼっちなのが嫌だから…なんだと思うわ」

マミ「…そっか」

ホーリーマミ「だから、あなたも私も同じみたいね…」

マミ「…うん」

ホーリーマミ「でも…あなたは私より立派よ、その様子だと魔法少女の真実も知っているのでしょう?」

マミ「もちろん」

ホーリーマミ「私は…真実を知って、心が完全に折れてしまったわ…」

ホーリーマミ「紆余曲折を経て今はこうなったけど…」

ホーリーマミ「私は結局、現実逃避をしているだけなのかもしれないわ…」

マミ「私だって辛かった…でもね、私一人に限った話じゃないもの」

マミ「鹿目さん達はもちろん、十咎さん達だってそう」

マミ「みんな一緒なの」

ホーリーマミ「みんな一緒…うん、そうよね」

マミ「だから私は負けないわ」

マミ「…って強がってても、クリスマスにひとりぼっちなのが嫌であなたを呼んでしまったのだけどね」

ホーリーマミ「私だってひとりぼっちは嫌よ…お互いがお互いを呼んだんだわ」

ホーリーマミ「ねぇ…もしよければ、暫く私を匿ってくれないかしら?」

マミ「!」

ホーリーマミ「目が覚めた…って言うのかしら?」

ホーリーマミ「ようやく自分が今まで何をして来たのか客観的に考えられるようになった気がするわ」

ホーリーマミ「少なくとも、勝手に常盤さんを子供にしてしまったし」

ホーリーマミ「本人が望んだとは言え、水波さんの性格も変えてしまった…」

ホーリーマミ「それに七海さんだって、あのままなら仲間を蘇らせて…クリスマスが終わると同時に…」

ホーリーマミ「だから私…自分を見つめ直したいの」

ホーリーマミ「もう一人の自分がそばにいてくれたら、見直すにはこれ以上はないと思うから…」

マミ「ふふっ、わかったわ」

ホーリーマミ「!」

マミ「暁美さんが二人に増えた話を聞いたときは、あんまりピンとこなかったから」

マミ「まさか自分がそうなるだなんて夢にも思わなかったけど…」

マミ「いざこうなってみると、意外とすんなり受け入れることができたわ」

マミ「それに私も自分を見直したいしね」

マミ「だからよろしくね?」

ホーリーマミ「ありがとう!」

ももこ「とりあえず、一旦は一件落着…か?」

やちよ「常盤さんが気になるけど…彼女なら大丈夫なはずよ」

かえで「なんでも調整屋で修羅場になってるみたいです」

フェリシア「あいつのことなんてほっとこーぜ!」

やちよ「まぁ…クリスマスが終わったら謝罪には行った方がいいわね」

やちよ「私も同伴するから…」

ホーリーマミ「は、はい…」

鶴乃「ねぇ、白いマミちゃんってなんて呼べばいいの?」

ホーリーマミ「私も巴マミ以外に名前はないんです…」

かりん「クリスマス感があるの!だからクリスマスが生んだ魔法少女なの!」

いろは「ならクリスマスっぽい名前をつける…とか?」

さな「クリスマスっぽい…うーん…」

レナ「クリスマスと言えばホーリーじゃない?」

ホーリーマミ「!」

かりん「そうなの!ホーリーマミがよさそうなの!」

ホーリーマミ「ホーリーマミ…!」

マミ「鹿目さんはアルティメットまどかだし、暁美さんは悪魔ほむらなんだもの」

マミ「ホーリーマミはありなんじゃないのかしら?ふふっ」

ホーリーマミ「ホーリーマミ…!」

ももこ(自分だけど自分じゃないからなのか、なんかマミちゃん楽しそうだな)

フェリシア「かっけー!!」

かえで「なら略してホミさんだね!」

ホーリーマミ「ホミ…私は巴ホミ!」

やちよ「あくまで通称だけどね」

鶴乃「ホミちゃんで決まりだね!ふんふん!」

いろは「なら、これからはマミさんとホミさんって呼ばなきゃ」

ホーリーマミ「ええ、よろしくね」

マミ「ドッペルゲンガーじゃなくて本当によかったわ…」

ももこ「マミちゃんが珍しく怖がってたもんなー」

やちよ「ひとまず、この偽巴さん事件は解決できたわね」

いろは「そうですね!」

ホーリーマミ「迷惑をかけてしまったみたいで申し訳ないわ…」

フェリシア「26日は大変な目に合うぞ!」

マミ「常盤さんはかなりしたたかよ…」

ホーリーマミ「う…」

レナ「レナはホミに感謝してるし、そんなに落ち込まないで?」

ももこ「この素直なレナも残りわずかと考えると名残惜しいかったりするなー」

かえで「それでも私はやっぱり元のレナちゃんが一番かな」

レナ「かえでちゃーん!」ギュー

かえで「ふゆぅ」

やちよ「さて、これ以上この人数でここで立ち話もあれだし」

やちよ「そろそろクリスマスの準備を再開するわよ」

やちよ「二人ともみかづき荘のクリスマスパーティーにこない?」

鶴乃「歓迎するよ!ふんふん!」

フェリシア「ねーちゃん二人がケーキ作ってくれるならオレも参加するぞ!」

いろは「フェリシアちゃん」

さな「に、人数が多い方が楽しめると思います…」

マミ「ならお言葉に甘えて…」

ホーリーマミ「ありがとうございます」

ももこ「よしっ!決まりだな!」

レナ「わーい!」

かえで「かりんちゃんも来るよね?」

かりん「ごめんなさいなの、クリスマスは予定があるの…」

かえで「あっ、先輩と?」

かりん「そうなのっ!」

やちよ「なら合計で10人ね、はりきっていくわよ!」

フェリシア「結局やちよが一番楽しんでるんだよなー…」

鶴乃「やちよだって最後の未成年クリスマスを楽しみたいんだよ!だって最後なんだもん!ふんふん!」

鶴乃「もうこれがラストだから仕方ないよ!最後の少女クリスマス!ふんふん!」

いろは「あっ」

やちよ「鶴乃、今夜空いてるかしら?」ニコニコ

鶴乃「あ…」

やちよ「あなたがどれだけ強くなったのか、師匠として確認してあげるわ」

鶴乃「ひいぃぃ…なんで私だけ!?」

やちよ「あなただってギり未成年イブじゃない」

鶴乃「うぅぅー!た、助けて!」

いろは「フェリシアちゃんとさなちゃん、今日はちょっと散歩しよっか」

フェリシア「鶴乃がんばれ」

さな「あ…あはは…」


鶴乃「ホミちゃん!今こそ君の出番だよ!」

ホーリーマミ「反省したから、この力は封印します…」

鶴乃「ええ!?」

ももこ「鶴乃は最強の魔法少女なんだし、最古参の魔法少女にも勝てるって」

やちよ「あら?あなたも一緒に来てもいいのよ?」

ももこ「うげ!あ、アタシは期間限定レナを楽しむからパスな!」

レナ「えへへ」

マミ「騒がしいクリスマスになりそうね」

ホーリーマミ「本当にね…楽しみだわ」

マミ「ふふっ」

ホーリーマミ「ふふっ」

マミホミ双のMerry Christmas【13】

ホーリーマミ「巴…マミ…?」

マミ「ええ、私も巴マミよ」

ホーリーマミ「そんな…」

フェリシア「なー、なんで二人もいるんだ?」

さな「魔女やウワサじゃなさそうです…」

ももこ「でもドッペルゲンガーでもなさそうだな…」

かえで「レナちゃんはどう思う?」

レナ「レナはマミだと思う…」

かりん「それだとマミさんが二人いることになっちゃうの…」

やちよ「……鶴乃、どう思う?」

鶴乃「声や姿だけじゃなくて、魔力もよく似てる…」

鶴乃「ねえ、そっちの白いマミちゃん、変身解いてくれないかな?」

ホーリーマミ「え、ええ…」パアッ

いろは「あっ…」

フェリシア「やっぱまんまねーちゃんじゃんか!」

ももこ「…うひゃー…本当にそっくりだ」

やちよ「……ミラーズでもないわ」

さな「な、ならなんなんですか…?」

いろは「あ、あの!まどかちゃんって神様ですか?」

ホーリーマミ「えっ?鹿目さん?鹿目さんは普通の魔法少女の女の子だと思うけど…」

やちよ「!」

いろは「なら、ほむらちゃんは?」

ホーリーマミ「暁美さんも普通のはず…」

マミ「じゃあ、なぎさちゃんは?」

ホーリーマミ「なぎさ…?ごめんなさい、知らないわ」

マミ「…なるほどね」

鶴乃「マミちゃんなら普通は知ってるはずの情報を知らないとなると…」

やちよ「まさか、パラレルワールド…?」

鶴乃「だね」

フェリシア「はらへるワールド??」

いろは「フェリシアちゃん…[困った笑顔]」

さな「ぱ、パラレルワールドは…平行世界って意味で…似たような世界がたくさんあって…」

フェリシア「はぁ?世界はこの世界だけだろ?」

鶴乃「後で教えてあげるから今は待っててよ」

フェリシア「めんどくさそうだしオレはパスな!」


やちよ「その方が助かるかもね」

ももこ「なら、そっちのマミちゃんはパラレルワールドから来たマミちゃんってことかよ!?」

かえで「で、でもそんなことあり得るの…?」

レナ「かえでちゃん…」ギュー

かりん「むしろこっちの方がパラレルワールド感ある光景なの」

ホーリーマミ「私がパラレルワールドから来た…?」

マミ「以前、鹿目さんに聞いたことがあるの」

マミ「別の時間軸からもう一人の暁美さんがやってきて、暁美さんが二人に増えてる時間軸があるってね」

マミ「今はその時間軸の二人は双子として生活したみたいよ」

ホーリーマミ「暁美さん?時間軸??」

マミ「その様子だと、そっちの暁美さんはまだ最初の頃の姿のようね」

いろは「こっちの世界はういやまどかちゃん達でいろんなことがあって」

いろは「最終的になんかすごいことになってるからね…」

さな「も、もう一人の巴さんがこの世界に来たってことですか…?」

フェリシア「わかった!デカゴンボールのトランクスみたいなもんだろ!」

鶴乃「そうそう!そんな感じ!」

ホーリーマミ「わ、私…いつのまに…」

マミ「あなたは何をしていたの?」

ホーリーマミ「…私は色々あって、この姿と力を手に入れたわ」

ホーリーマミ「それからはフローレンスと一緒に神浜に希望を届けるためにあちこち移動していたの」

マミ「フローレンス?」

ホーリーマミ「ええ、私の大切なお友だちよ。今はまだ出せる状態じゃないから見せられないけれど…」

かえで「ドッペルのことかな?」

レナ「かりんちゃん!レナと一緒に頑張ろうよ!」

かりん「わ、わかったけど調子がでないの…」

かりん「マジカルかりん!ここにさんじょー!ゆくぞ!」

かえで「ノリノリだよ?」

レナ「アクセルアクセルアクセル!」

かりん「アクセルアクセルアクセル!」

レナ「レナの力無駄だったら悲しいな…」コネクト

かりん「うむ!力をかす!」コネクト

ホーリーマミ「ありがとう、これなら…フローレンス!」ドンッ

やちよ「巴さんのドッペルとは違う…!?」

鶴乃「え!?ドッペル変えられるの!?」

かえで「レナちゃん、かりんちゃん、今度はこっちのマミさんにお願い!」

レナ「うん!見ててね、かえでちゃん!レナ頑張るから!」コネクト

かりん「やっぱり調子がでないのだ!」コネクト

マミ「ティロ・デュエット!でてきなさい!」ドンッ

フローレンス「」

キャンデロロ「」

フェリシア「すげぇ!」

さな「なんだか綺麗です…」

ももこ「はー、ドッペルは似てないんだなー…」

鶴乃「うううー…いいなぁ」

やちよ「私は鶴乃のドッペル好きよ?」

鶴乃「ししょー!」

レナ「レナはももことかえでちゃんが大好き!」

ももこ「アタシも二人とも大好きだぞ!」

かえで「ふゆぅ」

いろは「ドッペルは違うけど魔力は似てる…ならやっぱりパラレルワールドの巴さん…?」

マミ「そう…みたいね」

ホーリーマミ「でもなんで私はここに…?」

やちよ「世界を飛び越えてきたことはわからなかったの?」

ホーリーマミ「え、ええ、全く…」

いろは「何かおかしなことはなかったんですか?」

鶴乃「何してたか思い出してみてよ!」

ホーリーマミ「私は願いを叶える力を手に入れて、神浜の魔法少女に希望を届けると決めたの」

ホーリーマミ「それでいろんな魔法少女の様子を見て、声をかけてたりしたわ」

ホーリーマミ「ある程度魔法でその魔法少女が何を望んでいるのかわかるから、それを実現させてあげたかったの」

ホーリーマミ「その魔法少女も喜んでくれるし、私も嬉しかったわ」

マミ(やっぱり…なんとなくその気持ちはわかるわ)

マミ(私もその力があったら、そうしていたのかもしれない…)

ホーリーマミ「それを繰り返していたら…こうなっていたの」

ももこ「なら無意識のうちにこっちに来ちゃったってわけ?」

鶴乃「何か違和感とかなかった?」

ホーリーマミ「違和感…?あ、そうよ!私…『クリスマスなんて大嫌い』って強い思念を感じわ」

マミ「!」

ホーリーマミ「だからその魔法少女を救うためによりいっそう頑張ろうとしたのよ」

ホーリーマミ「とにかく魔法少女の願いを叶えてみせる…って」

さな「もしかして、クリスマス反対軍…?」

フェリシア「オレそこまで嫌ってないぞ!?」

ホーリーマミ「その思念を感じて、魔法少女を探していたのだけど結局見つからなかったわ…」

ホーリーマミ「その魔法少女を私の力で救いたかったの…」

やちよ「だから手当たり次第、魔法少女の願いをかなえようとしていたのね…」

マミ「それ…もしかしたら、私なのかも…」

ホーリーマミ「!」

ももこ「えっ?」

マミ「……そもそも、なんで私が神浜に来ているかと言うと」

マミ「クリスマスを今年も一人で過ごすことになりそうだから、それが嫌で…気分転換で来たの」

かえで「あっ」

かりん「あっ」

レナ「う…」

マミ「ここなら学校での知り合いとはあわないだろうなって…」

マミ「でも呉さんとは会ったのよね…」

マミ「呉さんと美国さんが二人でクリスマスを過ごす感じだったから、少し嫉妬したわ…」

マミ「そして次に出会ったのが七海さんと環さん」

マミ「二人とも本当に仲良さそうで微笑ましかったし」

マミ「クリスマスパーティーをすると聞いて、羨ましかったけれど…」

いろは「巴さん…」

やちよ「……ごめんなさい」

マミ「いえ、この紅茶は本当に嬉しかったんです。クリスマスプレゼントが貰えたって…」

フェリシア「なー、オレとさなには何も思わなかったのかよ?」

マミ「正直に言うとね、神浜について早々可愛らしい二人と出会って」

マミ「『オレ達はもう家族』って聞いて、ちょっとだけ嫉妬しちゃったの」

フェリシア「わ!わ!ば、バカ!なんで言うんだよ!」

やちよ「フェリシアがそんなことを?…ふふっ」

いろは「フェリシアちゃん…!」

フェリシア「わー!わー!がうがう!」

鶴乃「あはは!フェリシアはやっぱり可愛いなぁ」

さな「はい」

マミ「ふふっ」

ももこ(キャンデロロがちょっとでかくなった…)

マミ「そして、次に出会ったのがデート中の二人よ」


かえで「で、デートだなんて!」

レナ「レナはかえでちゃんと二人っきりでデートの気分だったよ」

かえで「!」

かりん「むむ!まだかえでちゃんとレナちゃんの事だとは言ってないぞ!」

かりん「かえでちゃんもデートだって意識してた証拠なのだ!」

かえで「ふみゃうみゃう!?」

レナ「かえでちゃん…!」ギュー

かえで「ふ、ふゆぅ…」

ももこ(アタシの見立て通りでよかったよかった)

レナ「だから、かえでがマミに嬉しそうに話してるのみて…すごく嫉妬したもん」

かえで「そうだったんだ…」

マミ「そしてクリスマスの話しになって…辛くて逃げ出したの」

かえで「あっ…」

レナ「ご、ごめんなさい…ううう」

かりん「ふむ、それでああなっていたのか……なの」

マミ「でも…その後、十咎さんと一緒にいるうちに寂しさはなくなっていったわ」

ももこ「!」

マミ「十咎さんは私を尊敬してるって言ってくれたけど…」

マミ「私も、十咎さんのことを尊敬していたの…」

マミ「そんな十咎さんからああ言ってもらえて、嬉しかった…」

ももこ「マミちゃん…」

マミ「そんな時、もう一人の私を見かけたの」

ホーリーマミ「あの時、横を通った仲良さそうな二人組があなた達だったのね…」

マミ「ええ、だから私の『クリスマスが大嫌い』と言う気持ちが同じ魔力をもつもう一人の私に届いて」

ホーリーマミ「その『クリスマスが大嫌い』な魔法少女を救うために無意識のうちにこっちに来てしまった…と言うこと…かしら」

フェリシア「つまり黄色いねーちゃんが白くて黄色いねーちゃんを呼んだのか!」

鶴乃「うーん、そんな感じかな?」

マミ「……」

ホーリーマミ「……」
あけみふうふ!
www_dotup_org3517771
記事検索はここでガンガンやっちゃいますからねー!
コメント・フィナーレ!!
てぃひひ!ギャラリーだよ
  • ドラゴンボール超ブロリー 感想レビュー
  • ドラゴンボール超ブロリー 感想レビュー
  • ドラゴンボール超ブロリー 感想レビュー
  • ドラゴンボール超ブロリー 感想レビュー
  • ドラゴンボール超ブロリー 感想レビュー
  • ドラゴンボール超ブロリー 感想レビュー
livedoor プロフィールです

ほむか

Q今月は?
Aさやかちゃん感謝月間!
あん?
やーいやーいバカさやかのバーカ
は?
バカって言ったほうがバカなのよこのバカ杏子!
バカ論争や記事カテゴリよりも、私はまどかを見たいわ
QRコードなのです
QRコード
アクセスアップの協力、感謝するわ
PVランキング にほんブログ村 アニメブログ 魔法少女まどか☆マギカへ
君のそばでいつまでも...
www_dotup_org3517771