ほむか速報!まどマギ SS マギレコ まとめ【魔法少女まどか☆マギカ】

魔法少女まどか☆マギカのSS、フィギュアやグッズのレビュー、マギアレコードなどを主に取り扱っています。

魔法少女まどか☆マギカの自作SSや、ねんどろいど、キューポッシュをメインにしたフィギュアやグッズのレビューがメインのブログです。
現在はマギアレコード(マギレコ)の感想なども行っています。

年末年始いろはSS

新年の色は何色に染まる【47】


そして夜になり…

いろはの部屋

いろは「……なんだか、本当に久しぶりだね」

いろは「もうずっとここにいなかったように感じる…」

いろは「実際は1ヶ月も経ってないのにね」

いろは「……」

コンコン

いろは「!いいよ」

うい「お姉ちゃん」

いろは「うい」

うい「えへへ…何かあるわけじゃないけど、来ちゃった」

いろは「うん、いいよ」

うい「…なんだか久しぶりだね」

いろは「ふふ、お姉ちゃんもそう思ってたところ」

うい「わたしもずっと灯花ちゃんにお世話になってたからね」

いろは「明日は灯花ちゃんにお礼しに行かなきゃね」

うい「うん!」

いろは「灯花ちゃんだけじゃないよ、ねむちゃん、桜子ちゃん、みふゆさん…」

いろは「みたまさん、十七夜さん、ももこさんにかえでちゃん、そしてレナちゃん」

いろは「他にもたくさん…私、いっぱい迷惑かけちゃった」

うい「…たくさんお友だちがいてくれて本当に良かったよね」

いろは「うん、本当にね…」

いろは「……」

うい「お姉ちゃん?」

いろは「うい…あのね?お姉ちゃん…実は…」

うい「……」

いろは「…まだうい達が入院してる頃…宝崎にいた頃ね?」

いろは「いつもお姉ちゃん、ういの病室に来てたよね」

うい「うん」

いろは「…もちろん、ういに会いに来るのが一番の理由だよ?」

いろは「灯花ちゃんもねむちゃんもいるんだし」

いろは「でもね…でも……」

うい「……」

いろは「お姉ちゃん…他に行くところがなくって…」

いろは「友だちがいなくて…」

うい「…」

いろは「…私にとっても、灯花ちゃんとねむちゃんが唯一の友だち…だったんだ」

うい「…」

いろは「ういにはたくさん嘘ついちゃったよね…」

いろは「学校でも私…一人だけ浮いてて…」

いろは「あの頃は学校に行くの…本当は楽しみじゃなかったの…」

いろは「なのに、うい達には毎日楽しいって言っちゃって…だから…」

うい「大丈夫だよ、お姉ちゃん」

いろは「えっ?」

うい「…ほんとはわかってたの」

いろは「!?」

うい「だってわたしはお姉ちゃんの妹だよ?」

うい「大好きなお姉ちゃんがつく嘘くらいわかっちゃうよ」

いろは「そ…そうなの!?」

うい「灯花ちゃんとねむちゃんは頭が良いから解ってたかもしれないけど

いろは「うっ」

うい「わたしはお姉ちゃんの妹だから、わかってたの」

いろは「…そ、そうだったんだ…」

いろは「うん…お姉ちゃんは友だちもいなくて…うい達しかいなくて…」」

うい「ううん、違うよ」

いろは「?」

うい「お姉ちゃんは友だちがいないって思い込んでただけだと思うなぁ」

いろは「え?で、でも…」

うい「お姉ちゃんってガンコだと思うの」

いろは「わ、私が?」

うい「うん、ガンコだよ。ガンコですごく優しくて…優しすぎるの」

いろは「そ、そうかなぁ」

うい「だから昨日までああなってたんだと思うの」

いろは「…!」

うい「そして嘘が下手なのもね」

いろは「へっ?」

うい「…お姉ちゃんがやちよさんのこと好きなのはみんながわかってたの」

うい「これはもうみんなから言われたよね」

いろは「う、うん…」

うい「なのにわたし達のこと考えて、考えて考えて…ガンコになって」

うい「宝崎に帰って…そして…」

いろは「ぅ…」

うい「…もっとお姉ちゃんはワガママになったほうがいいよ!」

いろは「ワガママ…」

うい「お姉ちゃんがワガママ言っても、みんなは応援してくれるもん!」


新年の色は何色に染まる【46】


いろは「みんな!」

うい「おかえりなさい!」

いろは「うん、ただいま!」

鶴乃「空はどんな感じだった!?」

いろは「ふわふわしてて気持ちよかった…かな?」

鶴乃「寒かったりしない!?」

いろは「うん、ぽかぽかしてたよ」

鶴乃「いいなぁー、私も飛びたい!」

フェリシア「やちよはぽかぽかってより逆上せてねーか?」

やちよ「ほっといて…」

さな「やちよさん」

やちよ「さな?」

さな「いろはちゃんと付き合うって、そう言うことですよ?」

やちよ「!」

さな「ふふっ、がんばってくださいね」

やちよ「…流石ね、私はそこまで頭が回らなかったわ…」

フェリシア「やちよがいろはの尻にひかれるなんて誰にでもわかるだろ」

さな「本人にはわからなかったみたい」

いろは「なに?どうしたの?」

さな「ううん、それよりも中に入りましょう」

フェリシア「だな、オレ達は寒いんだよ」

うい「くちゅん」

いろは「あっ、ごめんね?うい、今ティッシュ出すからね!」

うい「ううん、このくらい自分でできるよ」

いろは「!」

うい「わたし、お姉ちゃんに頼りっきりだったから…」

うい「わたし一人でも大丈夫って言えるようにがんばる!」

うい「これがわたしの今年の目標なの」

いろは「うい…そっか、ふふっ…ちょっと寂しくなるなぁ」

フェリシア「いろはは今までより忙しくなるだろ」

いろは「えっ?」

フェリシア「ここで一番でかい一番ちっちゃいあいつの面倒みなきゃいけねーんだし」

やちよ「えっ」

鶴乃「うんうん、やちよは今年成人するとは思えない子どもっぷりだったからね!」

やちよ「な、なんでよ?私は別に…」

鶴乃「今回の件でわかったよね?さなやフェリシア、ういちゃんの方が私ややちよより大人だって」

やちよ「う…で、でも私も…ね、ねぇ、さな?」

さな「がんばってください」

やちよ「ちょ?さなまで?」

いろは「大丈夫ですよ、やちよさん」

やちよ「いろは…」

いろは「やちよさんは私がしっかり面倒見ますから!」

やちよ「いろは!?」

いろは「ういが一人立ちするんだし、その分やちよさんを見ますからね!」

やちよ「何か変じゃない?私の扱いおかしくない?」

うい「お姉ちゃんのこと、よろしくお願いします」

やちよ「う、え、ええ…」

フェリシア「いろは、風呂の準備できてるし二人で入ってこいよ」

やちよ「え゙」

いろは「うん、ありがとう」

やちよ「いろは!?え?入るの!?」

いろは「嫌ですか?」

やちよ「嫌じゃないけど…」

フェリシア「オレとは何度も入ってんだし大丈夫だろ」

やちよ「フェリシアといろはじゃ訳が違うのよ!」

鶴乃「二人とも中学生でしょー?」

さな「私も入りましたよ?」

やちよ「だってさなは」

鶴乃「なぬっ!?」

うい「わたしも」

やちよ「いろはがいなかったから」

鶴乃「え!?私は入ってないよ!?」

やちよ「そりゃそうでしょ」

鶴乃「がーん」

フェリシア「やちよって鶴乃の扱い悪いよな」

やちよ「そうじゃないから!」

鶴乃「みふゆなら入ってくれそうなのに…」

やちよ「だってあなたスキンシップ普段から激しいから…」

いろは「私も入ったことないし…ね?」

鶴乃「うぅ~…いろはちゃんは入ってくれる?」

いろは「うん、いいよ?」

鶴乃「ほんと!?」

やちよ「まって!いろはは私のよ!さては鶴乃まだ諦めて…」

鶴乃「ほ?なんのこと?」

やちよ「流石ね…」

フェリシア「いいから早く入れって」

さな「ふふっ」

うい「フェリシアさんやさなさんの方が大人みたい」

フェリシア「やちよがガキなだけだろ」

やちよ「…家主は私なのに」

鶴乃「そう言うとこだよ、やちよ」

やちよ「…泣きたい」

いろは「よしよし」

やちよ「いろはぁ…」

新年の色は何色に染まる【45】


アリナ「…で、アリナがアゲインする意味がわからないんだケド」

かりん「わたし一人だとあの二人を止められる気がしないの~!」

アリナ「アリナだって止めれる気しないんだヨネ」

かりん「アリナ先輩なら空気読まずに突っ込んでも大丈夫なの!」

アリナ「…フールガールにバカにされるとかラグナロクなんだケド…」

かりん「大丈夫なの!わたしもついてるの!」

アリナ「ヴァァァ!逆だろ!!」

かりん「先輩うるさいの、落っこちちゃうの」

アリナ「ッ!」

かりん「もうだいぶ空高く飛んでるから落ちたらあの時の比じゃないと思うの」

アリナ「……アリナ、脅されてる…?」

かりん「ふはは!なんのことだかわからないのだ!」

アリナ「……ヴァー…」

かりん「項垂れてる先輩も可愛いの」

アリナ「…七海やちよのエモーショナルがわかるワケ」

かりん「あ!いたの!先輩出番なの!」


アリナ「は?ちょっ…ウェイト!ウェイト!待ってってば!!」

かりん「二人ともそろそろ家に帰るの~!」

かりん「ってあれ?降りていったの」

アリナ「…ゴーホームしたワケ?」

かりん「わたし達が来た意味なかったの」

アリナ「アリナ達もさっさとゴーホームするワケ」

かりん「せっかくだからこのまま先輩とお空を飛び回るの!」

アリナ「えっ」

かりん「さぁ!我に捕まるのだ!アリナ・グレイ!」

アリナ「もー!なんなワケー!?」



いろは「あれ?あそこを飛んでるのって…」

やちよ「御園さんとアリナね」

いろは「そっか、かりんちゃんって何気に飛べるんでしたよね」

やちよ「あの子はああ見えてなかなかの実力者だもの」

やちよ「怪盗かりんの時は困ったのよね、懐かしいわ」

いろは「私が神浜に来る前の話ですね」

やちよ「ええ、もしかして妬いた?」

いろは「ううん、でもなんだか不思議だなって」

やちよ「…ほんとにね、まさかこうなるだなんて」

いろは「やちよさんと初めて会ったとき…」

やちよ「…怖かった?」

いろは「はい、たしかに怖かったです」

いろは「あの頃のやちよさんは誰にも心を開かないような感じで…

やちよ「…そうね、実際あの頃の私はかなり追い詰められていたもの」

やちよ「鶴乃やももこにも悪いことをしたわ」

やちよ「でも、あなたが来てくれて…本当に変われたわ」

やちよ「私も、神浜も」

いろは「ふふ、そうなんですかね」

やちよ「ええ、間違いないわ」

やちよ「いろははあの頃はどう思ったの?」

いろは「正直に言いますと…」

やちよ「ええ」

いろは「……」

やちよ「ん?言いにくい?」

いろは「私の心を探ってください」

やちよ「あ、そうよね」

いろは(すごく綺麗で可愛くて素敵だなって最初から思ってました)

やちよ「っ!?」

いろは「ふふっ、さっきも言いませんでした?」

やちよ「そ、そう言うのは頭に残らないのよ!?」

いろは「えー?ほんとかなぁ?」

やちよ「も、もうっ!からかわないでって言ってるでしょ!」

フェリシア「お前らいつまでやってんだ!」

さな「もう玄関についてるのに…ふふっ」

鶴乃「途中から私達もいたのにね!」

うい「お姉ちゃんはすごいなぁ」

新年の色は何色に染まる【44】


やちよ「そろそろみかづき荘に戻るわよ」

いろは「そうですね、みんなを待たせちゃってるかも」

やちよ「お腹も空いてきたわ」

いろは「やちよさんほとんど食べてなかったですもんね」

やちよ「流石にあの状況じゃ食欲わかないわよ…」

いろは「やちよさんでもそう言うところあるんですね!」

やちよ「あるわよ、私を何だと思ってるの?」

いろは「可愛い人だなって」

やちよ「っ!…いろは、あまり歳上をおちょくっちゃダメよ」

いろは「本音ですもん」

やちよ「まったくもぅ…」

いろは「帰ったら私が食べさせてあげましょうか?」

やちよ「私はいろはの妹じゃないわよ?」

いろは「じゃあなんですか?」

やちよ「…こ、恋人」

いろは「はい!恋人だから『あーん』してあげますね!」

やちよ「っ~!」

いろは「やちよさん可愛い」

やちよ(完全にいろはに主導権を握られるわね…)

やちよ(それも悪くな…)

やちよ(いや!私は4つも歳上なのよ!?しかもいろははまだ中学生!)

やちよ(私が主導権を握らなきゃいけないわ!)

いろは「はい、よろしくお願いしますね」

やちよ「えっ?」

いろは「主導権」

やちよ「え?なんでそれを?」

いろは(だって今の私達、心の声も聞こえますもん)

やちよ「あっ…」

やちよ(そ、そうだったわ…)

いろは(やちよさん可愛い)

やちよ「っ~~!!」


その頃

うい「お、お姉ちゃん…」

さな「私達にまでだだもれですよ…?」

フェリシア「あいつらやべーよ」

鶴乃「神浜の全魔法少女に…ほ?電話?」

静香『流石にちょっと恥ずかしいからもう少し静かにしてって伝えてほしいかな…///』

鶴乃「えっ?そっちまで聴こえてるの!?」

うい「あれ?わたしも電話だ」

結菜『新年早々見せつけてくるなんて宣戦布告かしらぁ…とお姉ちゃんに伝えておいて欲しいわぁ』

うい「えぇ~!?」

さな「あ、私にも…」

フェリシア「うわ、オレもだ…オレ達はコールセンターじゃねーよ!!」



灯花「さすがお姉様…!」

ねむ「かなりの範囲に二人の会話が拡散されているようだね…」

桜子|ウワサのみんなにも届いているよ|



みたま「なんで私が先生に怒られなきゃいけないのよぉ…」

十七夜「怒ると言うより、もっとやれと自分は受けとることができるがな」

ももこ「あちゃ~…」

レナ「い、いろは…吹っ切れたわね…」

かえで「私もレナちゃんに同じこと思うからわかるよ」

みふゆ「やっと実ったのにやっちゃんは不憫ですね…」

ももこ「マジで誰か止めに入らないと、やちよさんが可哀想だぞ!

十七夜「明日から七海が引きこもりかねん」

みたま「でもこちらからのテレパシーは届かないのよねぇ…」

かえで「あっ!レナちゃんが鳥さんに変身すればいいんじゃないかな?」

レナ「レナまで巻き込まれるわよ!?あんたが飛びなさいよ!」

かえで「私は飛べないよ?そんなことも知らないの?」

レナ「いっつも浮遊って言ってるじゃん!」

かえで「ふゆぅ~」

ももこ「空飛べる魔法少女…かりんちゃんか?」

新年の色は何色に染まる【43】


いろは「きもちいいですね」

やちよ「ええ、こうして空を飛ぶだなんて初めてだから知らなかったわ」

いろは「普通は知らないですもんね」

やちよ「魔法少女でも浮いたりする子はいたけど」

やちよ「流石にこうやって飛んだりはなかったわ」

いろは「これ、今だけ…ですよね、たぶん」

やちよ「そうね、なんとなくだけどそう思うわ」

いろは「じゃあもっと高く飛んじゃいましょう!」

やちよ「ふふ、わかったわ」

やちよ「でもあんまり高すぎると酸素が薄くなるし、寒さも…」

やちよ「…そう言えば寒さも感じないわね」

いろは「これならやちよさんいつもの服でも大丈夫ですねぇ」

やちよ「いつもの?」

いろは「いつもの」

やちよ「…ふふ、あの服は思い入れがあるのよ」

いろは「はい、知ってます」

やちよ「あら?話したことあったかしら?」

いろは「ううん、でも今ならやちよさんのこと、何でもわかるんです」

やちよ「そうだったわね、なら今私が何を考えてるかわかる?」

いろは「綺麗!」

やちよ「ふふっ、正解よ。でも不正解ね」

いろは「えっ?」

やちよ「いろは、見て」

いろは「…すごく綺麗ですよね、神浜の夜景」

いろは「私達二人にしか見られない…とても綺麗な夜景です」

やちよ「ええ、そうよ…でもね?いろは」

いろは「はい?」

やちよ「…月並みの言葉だけどね、私には」

やちよ「どんなに綺麗な夜景よりも、いろは」

やちよ「あなたの方がずっと綺麗に見えるわ」

いろは「っ!///」

いろは「や、やちよさん///急に恥ずかしいこと言わないでください///」

やちよ「あら?私のことは何でもわかるのでしょ?」

いろは「う~、ずっとヘタレてたのに…」

やちよ「うっ…いろはにそれを言われると流石にこたえるわね」

いろは「だってやちよさん、いっつも逃げてましたもん!」

やちよ「…ごめんなさい」

いろは「もう逃がしませんからね!ここには私とやちよさんしかいませんから!」

やちよ「大丈夫、もう私は逃げないし逃がさないわ」

いろは「じゃあ、ずっと一緒にいてくださいね?」

やちよ「いいの?言葉通りに受けとるわよ?」

いろは「はい!」

やちよ「ふふ、その返事は4年後にするわ」

いろは「えっ!?」

やちよ「私も国の決めたことには逆らえないもの」

いろは「あーっ!またそうやって逃げる!」

やちよ「逃げてませんー」

いろは「逃げてるじゃないですか!逃がしませんからね!」

やちよ「ちゃんと側で見ててね?」

いろは「もちろんです!」

いろは「…でもなんで4年なんですか?私も今年で16ですよ?」

やちよ「愛は育むものよ」

いろは「え、答えになってませんよ!」

やちよ「ふふっ」

いろは「やっぱり逃げてるじゃないですかー!」

やちよ「逃げてませんー」

いろは「もー!」

あけみふうふ!
www_dotup_org3517771
Twitter プロフィール
まさここ!まどほむ!まどか先輩!まさここの絵を描いてました。現在修行中。ブログにて、まどマギ&マギレコのSS等もやってます。まさここは運命!Pixiv→https://t.co/ewbiKwnR39
記事検索はここでガンガンやっちゃいますからねー!
コメント・フィナーレ!!
てぃひひ!ギャラリーだよ
  • 600年の時を越えて
  • まどか警官
  • 第7回ミラーズランキング結果発表〜
  • 第7回ミラーズランキング結果発表〜
  • 第7回ミラーズランキング結果発表〜
  • 第7回ミラーズランキング結果発表〜
livedoor プロフィールです

ほむか

Q今月は?
Aさやかちゃん感謝月間!
あん?
やーいやーいバカさやかのバーカ
は?
バカって言ったほうがバカなのよこのバカ杏子!
バカ論争や記事カテゴリよりも、私はまどかを見たいわ
アクセスアップの協力、感謝するわ
PVランキング にほんブログ村 アニメブログ 魔法少女まどか☆マギカへ
君のそばでいつまでも...
www_dotup_org3517771