自作まどかSSまとめブログ!
ほむらの妹の、ほむかによる、まどほむ百合夫婦の為の
魔法少女まどか☆マギカのブログです。
魔法少女まどか☆マギカの自作SSや、ねんどろいど、キューポッシュをメインにしたフィギュアやグッズのレビューがメインのブログです。
まどか SS ブログ !

sayaxtuka-

ただいまどか!

DSC_0040

ほむか「鹿目さん…もう何日も帰ってきてないよ…」

マミ「えっ?そんなに?」

ほむら「……まどか」

マミ「……大丈夫、私が探してきてあげるわ」

ほむか「巴さん…」

ほむら「!?」

マミ「ほむらさん?何か?」

ほむら「まど…か…?」

ほむか「えっ?鹿目さんっ?」
DSC_0041

まどか(1)「てぃひひ、帰ってきたよ」

まどか(2)「ほむらちゃん、ほむかちゃん…遅くなってごめんね」

ほむか「鹿目さ…!?」

まどか(1)「それにマミさんも…」

マミ「い、いえ…それよりも、その子は…?」
DSC_0043

こまどか(1)「ホムラチャー!」

まどか(1)「てぃひひ!」

まどか(2)「うぇひひ!」

ほむら「てぇひひ!」
DSC_0042

ほむか「お、お姉ちゃん…?」

こまどか(2)「ホムカチャー」

こまどか(3)「ウェヒー」

マミ「……へ」

こまどか(2)「マミサー」

こまどか(3)「ティヒー」

ほむか「鹿目さんが…いっぱい……」

こまどか(1)「エヘヘ」

ほむら「えへへ」

まどか(1)「えっとね?外国に遊びに行ったら…」

まどか(2)「わたしたち…」

まどか(3)「増えちゃった!」

まどか(4)「えへへ」

マミ「あ…あはは…」

ほむか「わわわ…」

まどかズ「と言うわけで」

まどかズ「ただいまどか!」
DSC_0044

ほむら「まどかぁー!」


続きを読む

ねんどろいど 巴マミ

DSC_0036

わが家にはほむほむ1人とまどかが2人がいる
ならマミさんも買うしかないじゃない!

マミ「あら?ほむかさんじゃない」DSC_0038


ほむら「人違いよ」クルッ

マミ「!?」

ほむか「鹿目さん…どこにいったんだろ…」
DSC_0039


マミさんの驚いた表情の可愛さは異常

ほむら「何をしているの?」ほむか「………」

DSC_0068

ほむら「探したわよ、ほむか」

ほむか「お姉ちゃん…」

ほむら「全く、久々の出番なんだからもっと明るくしなきゃダメでしょ?」

ほむか「だって…鹿目さん、いなくなっちゃったんだよ…?」

ほむら「まどかは必ず帰ってくるわ、だからあなたも帰ってきなさい」

ほむら「待っていてくれる人は必ずいるわ」

ほむか「わたし……」

ほむら「ほむか、ほら…」スッ

ほむか「お姉ちゃん…」
DSC_0069

ほむら「帰るわよ」

ほむか「…うん!」

ほむか「わたし、これからも頑張ります!」

ほむら「ふふっ」

ほむか「えへへ…!」

杏子「2012年だな」

DSC_0027

杏子「今年の出だしはこれ」

ほむら「ハッピーニューイヤー!」

さやか「…これも、ありがとうございまどか!と同じで人気ないよね」

さやか「まぁ…元旦は時間なかったからね、短くせざるを得なかったって言うか…」

さやか「今年書いたSSは、これ以外全部ぷん太にまとめられてるから、これがもっと面白ければなぁ…」

さやか「そう思うと後悔あるよね」

マミ「…でも、インバリアントがまとめてくれたわ」

杏子「あそこは他に4本くらいしかまとめてもらえてないからな」

さやか「うん、やっぱり各管理人しだいだよね」

マミ「そして、割りと力を入れて書いたのがこれ」

まどか「ほむらお姉ちゃん!」

杏子「スレの勢いが一番良かったのがこれだな」

さやか「4時間以内で300以上行くのって何気に凄いなぁ…って自慢だよね」

マミ「メガ美さんだったのが良かったのかしら」

杏子「……う、うん」

さやか「あ、あはは…」

マミ「そして、ほむらお姉ちゃんの関連として書いたのがこれよ」

まどか「泣いてなんかないもん」

杏子「これは最初はほむらお姉ちゃんに繋げるつもりで書いてたんだよな」

さやか「でも、やっぱりパートものは避けようとして単発にしたってわけ」

杏子「その代わり、この設定の一部を後で使うんだけどね」

マミ「そして、結構自信もって書いたのがこれよ」

ほむら「わたしが憧れたあなたへ」

さやか「これは、ほむかシリーズのリベンジなんだよね」

杏子「2分間隔で投下したのに10時間もかかって大変だったんだぜ?」

さやか「ほんとはもっとのびると思ったんだけどなぁ…500は行くと思ったもん…ま、自信過剰すぎるよね」

杏子「このブログでもいまいちだったもんな」

マミ「のくすやまとめブログの評価は高いわ、やっぱりすごく嬉しいわね!」

杏子「魔王と勇者でSは嬉しいな!」

さやか「あはは…で、次はこれ」

さやか「豆まき節分いい気分」

杏子「これはさやあん…」

マミ「これもさやマミあんね!」

さやか「あはは…ま、そんな感じ?」

杏子「…んで次はこれだな」

杏子「そしてあたし達は走り出した」

マミ「珍しい佐倉さんのキャラ崩壊に加えて、ほむあんSSよ」

杏子「これは言うまでもなく、このブログで十六茶の記事書いてて思い付いたネタだな」

マミ「そして次はこれ」

マミ「思いでのティロ・フィナーレ」

マミ「久々の私主役のSSね、これは自分なりになるべく厨二にならないティロ・フィナーレへの過程を書きたかったのよ」

杏子「そしてあたし空気」

さやか「あはは…んで、これだね!」

まどか「チョコよりもとっても甘いもの」

さやか「これは所々思うところはあったけど、正直自信満々だったからね!」

さやか「のくすも好評だし、あちこちのまとめブログに乗ったし」

さやか「11時間で700越えよ?たまにはやるじゃん!」

さやか「今年のSSでは今のところこれが一番だね!」

マミ「まどほむ、さやあん、そしてマミ仁よ!」

杏子「マミ仁は無理があったけどなぁ…」

マミ「あれは、あそこから発展していくのよ?いつか書くわ」

杏子「へぇ…?」

マミ「次はこれね」

ほむら「まどかは暁美まどかになるのだぁー!」

さやか「これはさやかちゃん風ほむらのまどほむと、クールさやかちゃんの可愛さ満点のSSだね!」

杏子「うふふっ。でもまとめブログのコメントを見ていると、一番人気があったのは私かしら?」

マミ「ああ、ほとんど杏子一色だったからなぁ」

さやか「そうかしら?クールな私も中々良かったわよ?」

杏子「ふふっ、ならまた何時か似たSSでも書きましょう?」

マミ「ああ!」

さやか「ええ」

さやか「…と、次はこれだね」

マミ「とっても楽しいひな祭り」

マミ「これもさやマミあんね」

さやか「まぁ…無難に書きすぎて人気は今一だけどね」

杏子「いいじゃん人気なんて気にしなくても」

マミ「ええ、そして次はこれ」

まどか「思いでの宝物」

さやか「相変わらず幼さやかちゃんは可愛いよね」

さやか「…ぶっちゃけスレタイミスったけど」

杏子「あたしとマミが出てこない方がミスだけどな」

マミ「美樹さんは私たちより出番多くて羨ましいわよね」

杏子「うん」

マミ「あと、詳しくはしらないけど某ブログのコメントが荒れたとか」

杏子「よくわかんないけど、別に気にしてないからなー」

さやか「あはは…そして最後はこれ」

まどか「あなたと私が夢みた世界」

さやか「これは社会人になって一発目のSS」

さやか「そして、前々から書きたかったまど神主役のSS」

さやか「まど神主役のSSは11月から考えてたんだよね…覚えてる人いるか知らないけど前に告知してた」

まどか「鹿目まどかです。よろしくお願いします。」

さやか「これはシリアス系として11月に書く予定だったんだけど、シリアスになりすぎて今も放置中なんだよなぁ…」

杏子「んで、その設定の一部を流用して書いたのがあなたと私が夢みた世界なんだよな」

マミ「ええ、流用と行ってもほとんど別物だけどね」

さやか「それだけに、これは自信あったんだけど…」

杏子「まぁ、結構まとめてもらえたし、コメントとか見て今は満足してるんだけどな」

マミ「レスを気にしすぎる悪い癖は今すぐ直すべきね」

マミ「結局は自己満足の世界なのだから、自分の好きに書くのが一番なのよ」

杏子「うん、そうだな」

さやか「あはは…だから今は叩かれるの覚悟で、自慢いれながらこれ書いてるんだけどね」

マミ「今日はエイプリルフールよ?円谷ほどハメをはずせなくても」

マミ「この自分語りくらいいいでしょう?」

杏子「そもそもブログってそう言うもんだしな」

さやか「うん…!」

マミ「じゃあ一先ずはこれで終わりね?」

杏子「ああ、思ってたより長文になっちまったなぁ…」

さやか「最後まで見てくれた人いるかな?正直ウザかったよね?」

さやか「まぁ…今後もウザイだろうけど、ブログもSSもほむかは書くから」

さやか「みんな、今まで通りに見てくれると嬉しいな!」

マミ「それじゃあそろそろお開きね」

杏子「ああ、たまには今日みたいのも良いかもね」

さやか「おっ?じゃあまたやっちゃう?」

杏子「いいけど、来年になるぞ?」

マミ「うふふっ、一年後はどうなっているのかしらね?」

さやか「今までのどのSSよりも面白いSSを10本くらい書けたら嬉しいな」

杏子「ああ、それにこのブログも1日10000PV目指したいな」

杏子「過去最高でも5000PVが限界だったもんな」

さやか「今じゃ1000~1500だもんねぇ」

マミ「うふふ、目標は大きく持ちましょう!」

さやか「うん!」

杏子「よし、じゃああたし達はここらでお開きだな」

さやか「今日はこの茶番に付き合ってくれてありがと!」

マミ「来年も会いましょうね」

さやか「それじゃ」

3人「またね!」

マミ「11月と12月よ」

DSC_0028

マミ「11月の初めは順調な出だしだったわね」

杏子「ああ、これだよな」

マミ「と、巴マミです!よ…よろしくお願いします!」

さやか「これは初めてまともに1000までのびたSSだね」

マミ「ええ、それから唯一の私と暁美さんメインのSSね」

杏子「もしかしたら、これが一番書いてて楽しかったのかもしれないな」

さやか「マミEDのあとの5分間とか特にね、あんなにレスがつくなんてさ」

マミ「ふふっ、これは本当に楽しかったなぁ」

マミ「このブログを書くにあたって、のくすを見直してきたのよ」

マミ「自分で言うのは少し…あれかも知れないけど、評価高いわよね…!」

マミ「思わず、やったー!って言ってしまったわ」

杏子「江戸が2つとも高いのも嬉しかったけど、こっちの方が嬉しいよな」

さやか「うんうん!」

マミ「ふふ、私がメインでかかれたのは他にもあるわ」

さやか「この3つだね」

まどか「まどかの泣き顔が好きなの」

杏子「美樹杏子?ふざけんな!」

マミ「ひとりぼっちじゃないもん!」

杏子「この三部作だな」

マミ「これをまとめてくれたのは、当時は森きのこ等だったけど」

マミ「チョコよりもとっても甘いもののコメントを見ていると、エレファントみたいに」

マミ「三部作をまとめてないブログでも、あの豪華三部作って言ってくれる人がいてくれて嬉しかったわ」

杏子「意外と覚えててくれてる人がいるもんだな」

さやか「バレンタイン後にぷん太にまとめてもらえたのも嬉しかったね」

マミ「ええ、これは一応続編ものじゃないけどシリーズものとしては成功ね」

さやか「これは、10話のまどかの泣き顔を見て思い付いたんだって」

さやか「あのまどかめちゃくちゃ可愛いんだもん」

杏子「んで、まどかを泣かせるSSを書こうとしたらああなった、ってわけか」

マミ「最初は三部作の予定じゃなかったらしいわ」

杏子「うん、あたしらのSS書いてる最中に三部作にするって決めたらしいからな」

さやか「そういえば、何気に初のあたしと杏子の百合SSだね」

杏子「あはは、まどほむばっかじゃあれだしね」

マミ「私はまともな百合SSはないから、少し羨ましいわ」

さやか「マミさんはお姉さんキャラだからねぇ」

杏子「その代わり白獣の王子さまと結ばれたじゃん」

マミ「ふふっ、たしかにあのキュゥべえは可愛かったわね」

マミ「でも、マミまど、マミさや、マミあん、マミほむがあっても言いと思うの」

杏子「まあ…百合に関してはマミは不遇だもんな」

さやか「その点まどほむは多いよね」

ほむら「ほむらんファンタジー」

まどか「私と契約して、魔法少女になってよ!」

マミ「これも、まどほむよねぇ…」

杏子「魔法少女になってよは、5人のほのぼのじゃないか?」

さやか「それはそうかもね」

マミ「ほむらんファンタジーは…いろいろと、ね」

杏子「うん、これはまぁ…いつか完結させるってことで」

さやか「じゃついにこれだね!」

さやか「転校生さん!よろしくね!」

さやか「あたしが主役のSSにしてのくすの評価が…!」

さやか「ごめん!完全に自慢だけど、本当にこれは嬉しい!」

さやか「やっぱ、さやかちゃんがカッコよかったからですからね!」

さやか「のくすに関してはこれが最高傑作なのだぁ!」

杏子「あたしとマミはちょい役なのになぁ」

マミ「私の出番が終盤からと言うのは珍しいわよね」

杏子「さやほむ自体も珍しいからね」

さやか「いやぁー、これは今もニヤニヤしちゃいますねぇ」

さやか「やればできるじゃん、あたし!」

さやか「ほんと、ガッツポーズしちゃったんだから」

杏子「ま、のくすはコメントつかないから月に1回見るか見ないかだもんな」

マミ「ええ、だからたまに見て評価があがっているの凄く嬉しいわ」

杏子「ふーん」

マミ「ただ、このSSに関してはラストをリメイクしたいわね」

マミ「もう少し余裕があれば感動系にできたかもしれないわ」

杏子「たしかに、ワルプルギスのくだりはあっさりだったもんな」

さやか「あはは…」

杏子「でも、さやかもマミも羨ましいなぁ…あたし主役のなんてこれだからな」

杏子「先輩面すんのやめてくんない?」

杏子「みんな!ついてきな!」

杏子「はぁ…」

マミ「佐倉さん…」

さやか「あ…えーと…ど、どんまい」

杏子「さやかとマミ主役のSSに成功したから、あたし主役のもって書いたのに…なぁ…」

さやか「あはは…」

マミ「し、仕方ないわ…いつか完結する日を待ちましょう?」

杏子「うん…」

さやか「それに失敗したSSはそれだけじゃないし、さ…」

マミ「…これね」

まどか「いい加減付きまとうの止めてくれないかな?」

まどか「ずっと側にいてほしいな」

杏子「これは…いろいろと惜しいSSだな」

さやか「9月から11月に書けて溜まっていたツケがいっきに来たって感じだったね」

マミ「あれはまとめてもらえているし、評価も悪くない…むしろ高いのだけど…でも…」

杏子「あれはSSじゃなくて、ほむか自身が不味かったって話だからな」

さやか「正直、途中からやめたくて仕方なかったんだよね…」

さやか「スレはあんなんだし、待ちに待ったEXVS買ってきて、やりたくて仕方なかったし…」

杏子「だからあんなに終盤失敗してるんだよなぁ…」

マミ「…でも、あれがあったからこそ、自分の何が不味かったのか理解できたわ」

マミ「だから12月以降はスタイルを変えたのよ」

マミ「少しでも悪い印象をなくしたくて、必死だったわ」

マミ「今だから言うけど、あの後しばらくはまどかSSの雑談スレは必ず目を通していたの」

さやか「案の定叩かれてるよね」

杏子「ああ、でも叩かれてかえってよかったよ。叩かれてる内容を止めれば良いってわかったからな」

マミ「ええ、だから保守は頼まなくなったし、馴れ合いも極力さけるようにしたわ」

さやか「うん…だから、あれはあれで良かったと思ってる」

さやか「…正直、このブログを続けてるのは不味いかもしれないよ」

さやか「それこそ、今この過去を振り返ってるのは、もしかしたら叩かれるかもしれない…」

さやか「でも、いい機会だし言いたいことはあったからさ」

さやか「それに、自分のブログだから良いよね?VIPと違って見たい人だけが見てくれてるわけだし」

杏子「そうだな」

マミ「…とにかく11月は成功と失敗の両方が多い月だったわね」

さやか「そして12月だね、ずっと側にいてほしいなで暫くSSを書かないと言ったわりには…」

杏子「さやかとの再会」

マミ「ふふ、9日で復活したわね」

さやか「うん、この間に自分の何が不味かったのかをそれなりに反省したんだ」

さやか「だから馴れ合いも保守も最後の挨拶もこのSS以降は止めたってわけ」

マミ「書き終わったあと直ぐにまとめてくれた、えすえすのコメントに」

マミ「ほむかかと思ったが違った、と書いてあったのをよく覚えているわ」

さやか「うん、少しは効果あったみたいだね」

杏子「ああ、いろんな意味でリベンジのSSだったんだ」

杏子「あたしが主役だったのも、前の2本を完結できなかったリベンジってわけ」

さやか「うん、そして次はこれ」

まどか「ほむほむって何なの?」

マミ「ふふっ、やっぱりまどほむね」

さやか「ほんとまどほむ大好きなんだよね」

杏子「そして次はあたしとマミだな」

マミ「食べる?」杏子「ああ!」

さやか「これは杏子とマミさんの2人しか出てこないSSだよね」

さやか「たぶん、登場人物が2人だけのSSはこれだけかな」

さやか「あたしも、まどかもほむらも全く出てこなかったもん」

杏子「あはは、まぁ…時期的に、な?」

マミ「ええ、それに…美樹さんは何だかんだで出番多いんだから」

マミ「たまには私たちも…ね?」

杏子「うん」

さやか「…うん、そうだね」

杏子「そしてこれ」

まどか「さやか」ほむら「さやかちゃん」さやか「!?」

マミ「うふふ、ほら直ぐに美樹さんメインのSSが来たでしょ?」

杏子「あたしとマミはオチ担当だったからな」

さやか「あはは…」

マミ「次はクリスマスね」

まどか「最高のプレゼント」

さやか「さやかクロース」

マミ「シリアス系まどほむと、ほのぼの系まどほむ、さやあん…ううん、さやマミあんね!」

杏子「あ、ああ」

さやか「ほんとは、最高のプレゼントはまどか視点とほむら視点の2つのSSを同時進行で書く予定があったんだよね」

さやか「でも、ほむら視点は叩かれるのを恐れて書かなかったんだよなぁ…」

杏子「ほむらの説明が少なかったのはこのせいなんだけど…ま、今年のクリスマスにリベンジすりゃいいかな」

マミ「ええ、そして次はこれね」

マミ「大切な後輩」

マミ「これはマミまどよ!そしてマミあんよ!」

杏子「百合じゃないけどね」

さやか「意外とこのSSはあちこちでまとめて貰えたんだよね」

さやか「マミまどが珍しいからかな?」

マミ「それはあるかもね」

杏子「へへ、おまけであたしが出てきた時のレスは面白かったな」

さやか「あんなこと書かれて杏子を出さないわけにはいかないもんね」

マミ「実は大切な後輩は元から鹿目さんと佐倉さんに対してのものだったのよ?」

マミ「おまけは初めから考えてはいたの」

マミ「そして最後はこれ」

まどか「ありがとうございまどか!」

杏子「…たぶん、単発で一番人気ないのはこれだな」

さやか「あはは、まあ時間なかったから適当に短く書いたからね」

杏子「何故か百合SSにまとめて貰えて嬉しかったけどな」

マミ「…ただ、2011年最後のSSだったからもう少し真面目に書けば良かったと後悔してるわ」

杏子「仕方ないさ、まぁ12月は再スタートの月だったかな」

さやか「12月以降はSSの書き方も変えたけど、変わった事がもう1つあるんだよね」

マミ「まとめブログね?」

さやか「うん、10月11月のほむか以外の完結したSSはほぼ全部、森きのこにまとめて貰えてかなり調子に乗ってたんだよね」

杏子「他にもえすえすとかな」

さやか「でも、12月以降…特に1月以降はえすえすはともかく、森きのこに殆どまとめて貰えなくなったんだよねぇ」

マミ「だからSS自体のレベルが下がったかというと、そうでもないのよね」

杏子「ああ、森きのこの変わりにぷん太がたくさんまとめてくれるようになったんだ」

さやか「他にもエレファントやSSちゃんねる、魔王と勇者とかも増えたよね」

マミ「それぞれのブログの管理人しだいだからこれにかんしては何も言えないわね」

さやか「SSを書く以上、1つでも多くのまとめブログにまとめて貰いたいからね」

杏子「そういえば、えすえすmodeが1月1日0時の更新、つまり2012年の一発目が自分のSSだったのは嬉しかったな」

マミ「まとめブログの管理人がここを見ている可能性は1%未満だけど、書いておくわ」

さやか「ほむかのSSをまとめてくれて本当にありがとう!」

さやか「そしてコメントをつけてくれてるみんな」

さやか「すっごく嬉しい、ありがとう!」

杏子「じゃあ2012年行こっか」

マミ「ええ」
あけみふうふ!
www_dotup_org3517771
記事検索はここでガンガンやっちゃいますからねー!
コメント・フィナーレ!!
てぃひひ!ギャラリーだよ
  • さやかちゃん
  • 鹿目まどか
  • ほむらちゃん
  • さやほむ
  • ほむらちゃん
  • 悪魔まどか
livedoor プロフィールです
Q今月は?
Aさやかちゃん感謝月間!
あん?
やーいやーいバカさやかのバーカ
は?
バカって言ったほうがバカなのよこのバカ杏子!
バカ論争や記事カテゴリよりも、私はまどかを見たいわ
QRコードなのです
QRコード
アクセスアップの協力、感謝するわ
PVランキング にほんブログ村 アニメブログ 魔法少女まどか☆マギカへ
君のそばでいつまでも...
www_dotup_org3517771