ほむか速報!まどマギ SS マギレコ まとめ【魔法少女まどか☆マギカ】

魔法少女まどか☆マギカのSS、フィギュアやグッズのレビュー、マギアレコードなどを主に取り扱っています。

魔法少女まどか☆マギカの自作SSや、ねんどろいど、キューポッシュをメインにしたフィギュアやグッズのレビューがメインのブログです。
現在はマギアレコード(マギレコ)の感想なども行っています。

microSS

ほむら「悪魔の大晦日」[microSS]

ほむホーム

ほむら「今日は大晦日」

ほむら「そして私は欲望に忠実な悪魔」

ほむら「だから、今日はまどかと二人っきりですごしてやるわ!」

ほむら「さぁ、待っててね、まどか!」

ほむら「さて、今日はまどかと二人っきりで過ごすと決めたんだから」

ほむら「頑張らなくっちゃ」

ほむら「そうと決まったら、さっそく電話よ」

ほむら「ふふふ、楽しみだわ」プルル

まどか『も、もしもし!おはよう、ほむらちゃん!』

ほむら「おはよう、まどか」

まどか『わたしも電話しようと思ってたところだったんだ』

ほむら「そうなの?」

まどか『うん、えへへ。今年最後のモーニングコールはほむらちゃんになったね』

ほむら「ふふっ、そうね」

まどか『それで、どうしたの?ほむらちゃん』

ほむら「まどかも私に用事があるのでしょう?先に話して?」

まどか『…わ、わたしは後でで大丈夫だよ、ほむらちゃんからお願い』

ほむら「わ、わかったわ…まどか、あの…その……」

まどか『…』

ほむら「き、今日って大晦日…でしょ?」

まどか『う、うん!今年はあっという間だったよね!』

ほむら「ええ…」

まどか『アメリカから日本に帰ってきて、ほむらちゃんやさやかちゃん達と仲良くなって』

まどか『それはとってもハッピーだなって、ウェヒヒ!』

ほむら「………」

まどか『…ほ、ほむらちゃん?』

ほむら「ぁ…ご、ごめんなさい、気にしないで」

まどか『う、うん』

ほむら「それで、今晩なんだけど……」

まどか『!う、うんっ!』

ほむら「ま、まどか…その、あのね」

まどか『……』

ほむら「わ、私…私と……」

ほむら(何を緊張しているの、暁美ほむら!)

ほむら(私は悪魔なのよ!何でもできちゃうのよ!)

ほむら(もう昔の私とは違うんだから、自分の欲望には忠実にならなきゃいけないの!)

ほむら(だから…がんばれ!私!ほむら!)

ほむら「わ、私…と……その………」

まどか『………』

ほむら「…私と……」

まどか『ほっ、ほむらちゃん!』

ほむら「っ?な、なに?」

まどか『ほむらちゃん、良かったら…なんだけどね?』

ほむら「…うん」

まどか『今日…その、わ、わたしの家で…パーティー……しない?』

ほむら「えっ?」

まどか『う、家はね!大晦日パーティーするんだよ!』

ほむら「そ、そうなの?」

まどか『と言っても、パパのご馳走食べてテレビ見るだけだから、当たり前なのかもしれないんだけどね』

ほむら「それはそうかもしれないけど…でも、いいの?」

まどか『えっ?』

ほむら「その…私なんかがお邪魔しちゃって……」

まどか『……』

ほむら「久しぶりでしょう?家族4人水入らずの大晦日だなんて……」

ほむら「だから、私なんかがお邪魔しちゃダメ…だと思うの」

ほむら(って、私は何を!?)

まどか『えー?そんなことないよぉ!別に久しぶりでもないし、毎年やってるもん!』

まどか『それに、ほむらちゃんがいてくれたら、それはとってもハッピーだなって!』

ほむら「まどか…」

まどか『ほむらちゃんは一人暮らしだし…わたし何かでも、一緒に年明けできたら良いな…って思うの』

ほむら「まどか…」

まどか『だから…だからさ!今日は一緒にすごそうよ、ほむらちゃん!』

ほむら「…うん、ありがとう。嬉しい」

まどか『ほんとっ!?』

ほむら「うん、ほんと」

まどか『わーい!やったぁ!』

まどか『えへへ、それじゃあ待ってるからね!』

ほむら「うん、またね、まどか」

まどか『うん!ばいばい!』

ほむら「ばいばい、まどか」ピッ

ほむら「……やった」

ほむら「やったぁ!嬉しい、まどかから誘ってくれた!」

ほむら「まどかと二人っきりではなくなったけど、この際気にしないわ!」

ほむら「ふふっ、嬉しい」

ほむら「どんな服来て行こうかしら?」

ほむら「~♪」

ほむら「ふれたー心はーかーがやいたー♪」

ほむら「鮮やかなー色になって♪」

ほむら「はーばーたーくよー希望のせてー♪」

~♪

ほむら「むーげー…あら?電話?」

ほむら「えぇ、美樹さやか?こんな時になんなのかしら?」

~♪

ほむら「……」

~♪

ほむら「……仕方ないわね」ピッ

ほむら「もしもし」

さやか『あー、やっと出たわね、留守電になるかと思ったわ』

ほむら「…ただいま留守にしております。ぴ、ピーっと言う音の後にお名前とご用件をお願いします」

さやか『もしもし、さやかちゃんだよ。ほむらー、この留守電聞いたら、かけ直してくんない?』

ほむら「プッ」

さやか『って騙されるかー!』

ほむら「チッ」

さやか『あんた思いっきり笑ってたじゃない!』

ほむら「あら、聞こえていたのね」

さやか『しかも、ピーって言うとき、若干恥ずかしがってたでしょ?』

ほむら「だ、だまりなさい!」

さやか『………』

ほむら「…喋らないなら切るわね」

さやか『ちょ!あんたが黙れ言ったんでしょーが!』

ほむら「ほんと、めんどくさいわね」

さやか『こっちの台詞だい』

ほむら「で、何の用なの?」

さやか『ほら、今日って大晦日じゃん』

ほむら「それがどうかしたの」

さやか『まあまあ良いから黙って聞きなって』

ほむら「………」

さやか『でさ、今日マミさん家で年越ししようってなってんのよ』

ほむら「………」

さやか『参加するのは、あたしと杏子とマミさんとなぎさなんだけどさ』

ほむら「………」

さやか『って、聞いてる!?』

ほむら「うるさいわね、聞いてるわよ」

さやか『ならなんかリアクションしなさいよね!』

ほむら「あなたが黙れって言ったじゃない」

さやか『あー!ほんと、めんどくさいわね!』

ほむら「こっちの台詞よ」

さやか『まぁいいや。で、そのことなんだけどさ』

さやか『あんたどうせ一人で暇でしょ?』

ほむら「はぁ?」

さやか『だーかーら!一人寂しい悪魔ほむらちゃんが可哀想だから』

さやか『あたしらが一緒に過ごしてやるって言ってんの!』

ほむら「さやか……」

さやか『言っとくけど、あんたに拒否権はないんだからね?』

さやか『マミさんも張り切って、5人分のご馳走とかそばとか用意してあるんだから!』

ほむら「……」

さやか『だから、今からマミさん家来て、待ってるからさ』

ほむら「ふふっ」

さやか『ちょっと、何がおかしいのさ!』

ほむら「生憎だけど、先客がいるの」

さやか『へ?そうなの?』

ほむら「ええ」

さやか『…あー、家族?』

ほむら「……いえ、家族じゃないわ」

さやか『え?なら誰?』

ほむら「もちろん、まどかよ」

さやか『えっ?まどか!?』

ほむら「ふふ。だから気持ちだけ受け取っておくわ」

さやか『え?え?でも、まどかは…』

ほむら「ありがとう、さやか。切るわよ?」

さやか『えっ?ちょっと!』

ほむら「ふふっ」

マミホーム

さやか「あー、切れちゃった」

杏子「ほむらのやつ、これないって?」

さやか「うん、そうみたい」

なぎさ「そうなのですか?残念なのです」

さやか「まどかと過ごすって言ってたけど…」

マミ「鹿目さん、大晦日は家族水入らずで過ごしたいって言ってなかった?」

杏子「あたしらの誘い断ったもんな」

さやか「そうなんですよねぇー、ほむらの強がりなのかな?」

マミ「うーん、余計な詮索はよしましょう」

なぎさ「じゃあ、今日は4人で過ごすのです」

さやか「そうだねー、あっ何か遊ぼうよ」

杏子「遊ぶったって何をさ?」

さやか「大晦日らしい遊び!」

杏子「なんだそりゃ?例えば?」

さやか「笑ってはいけない魔法少女24時!!」

杏子「はぁ?」

さやか「ロッソ・ファンタズマー!」

杏子「あ?」

さやか「あはは!」

なぎさ「さやか、アウトー!なのです」

杏子「てめぇ殺すぞ!」

さやか「きゃー!」

ドタバタ

マミ「あんまり騒ぐと、晩ご飯抜きにするわよ?」

さやか「ごめんなさい」

杏子「ごめんなさい」

なぎさ「さやか、杏子、アウトー!なのです!」

マミ「ふふっ」


続きを読む

さやか「帰ってきたさやかクロース」[microSS]

さやか「つ、ついにこの日がやってきた…」

さやか「12月25日…く、クリスマスだね…」

さやか「だから、今年もさやかクロースが…」

さやか「真っ赤な髪の毛のあんこトナカイと……」

杏子「誰があんこだ」

さやか「プレゼントをとどけに……」

さやか「くしゅん!」

さやか「げほげほっ!」

さやか「うぅ……」

杏子「ったく、あんたは病人なんだから大人しくしてなっての」

さやか「だめだめ…今年は帰ってきたさやかクロースを……」

杏子「あんた熱が39℃近くあるだろーが、無理すんなって」

さやか「だいじょぶだいじょぶ……」

杏子「大丈夫じゃねーって、大人しく寝てな」

さやか「うー…風邪ひかないように色々してたのに……」

杏子「真冬に寒風摩擦なんかするからそうなるんだよ」

さやか「あー…あたしってほんとバカ……」

さやか「早く寒風治さないと……」

杏子「先にバカを治しなよ」

さやか「あはは…」

杏子「ったく……」

さやか「……」

杏子「……」


続きを読む

マミ「ほむらちゃんに呼び出された」[microSS]

まどか「えへへ…ありがとう、嬉しいなぁ」

まどか「てっきり、マミさんにだけかと思ってたもん」

マミ「まどかちゃんを除け者にするわけがないじゃない」

まどか「マミさん!」

マミ「はい、私からもチョコレートよ。私たちの為に頑張ってくれてありがとう」

まどか「そんな、わたし何にもしてないです!」

マミ「ううん。私がこうしてほむらちゃんと友達になれたのも」

ほむら「まどか、あなたのおかげよ」

まどか「えー?えへへ、そうかなぁ?」

マミ「ふふっ、ありがとう。まどかちゃん」

マミ「そしてほむらちゃん」

ほむら「いえ、礼を言うのは私の方よ」

ほむら「まどか、そしてマミさん。わたし…こうしてあなた達とまた以前のように一緒にいることができて」

ほむら「本当に…本当に、嬉しいわ!」

まどか「ほむらちゃん!」

マミ「私もよ」

まどか「あっ、わたしもだよ!」
キュゥべえ「君たちはいつもそうだね」

キュゥべえ「僕だけ除け者にしちゃってさ」

キュゥべえ「まったく、わけがわからないよ」

キュゥべえ「きゅっぷい!」

続きを読む

マミ「ほむらちゃん」[microSS]

キュゥべえ(僕が目を覚ました時に聞いた第一声は)

キュゥべえ(マミがほむらに対して言ったこのセリフだった)

マミ「ほむらちゃん」

キュゥべえ(僕は耳を疑ったよ)

キュゥべえ(ついこの前まで互いを避けていたマミとほむらがいつの間にか仲良くなっていたんだ)

キュゥべえ(マミは照れてて、ほむらは恥ずかしかがってて、まどかは笑ってる)

キュゥべえ(僕が気絶している間にいったい何があったんだろう)

キュゥべえ(ある程度は僕でも察することはできたけど、それでも僕は叫ばずにはいられなかった)

キュゥべえ「わけがわからないよ!」

続きを読む

マミ「チェンジ!」[microSS]

キュゥべえ「ゴディバッ!」

まどか「あぁっ!キュゥべえがマミさんにチョコを渡すために出ていったのに」

まどか「そのチョコを握りしめてあろうことか吐血しながら帰ってきたよ!」

まどか「どうしたの?」

キュゥべえ「そんな…バカな……暁美ほむらに……」

まどか「ほむらちゃんに?」

キュゥべえ「マミを…取られ……た……」ガクッ

まどか「キュゥべえ?」

キュゥべえ「………」

まどか「キュゥべえー!」

まどか「わわ、どうしちゃったんだろ?」

まどか「ほむらちゃんにマミさんを取られた?」

まどか「なら、ほむらちゃん。上手くいったのかな?」

まどか「だったら良いなぁ」

まどか「……わたしの出る幕なんてない、かぁ」

まどか「ちょっと二人が羨ましいな」


続きを読む
あけみふうふ!
www_dotup_org3517771
記事検索はここでガンガンやっちゃいますからねー!
コメント・フィナーレ!!
てぃひひ!ギャラリーだよ
  • 晴着まどか
  • 晴着まどか
  • 晴着まどか
  • 晴着まどか
  • 晴着まどか
  • 晴着まどか
livedoor プロフィールです

ほむか

Q今月は?
Aさやかちゃん感謝月間!
あん?
やーいやーいバカさやかのバーカ
は?
バカって言ったほうがバカなのよこのバカ杏子!
バカ論争や記事カテゴリよりも、私はまどかを見たいわ
アクセスアップの協力、感謝するわ
PVランキング にほんブログ村 アニメブログ 魔法少女まどか☆マギカへ
君のそばでいつまでも...
www_dotup_org3517771