自作まどかSSまとめブログ!
ほむらの妹の、ほむかによる、まどほむ百合夫婦の為の
魔法少女まどか☆マギカのブログです。
魔法少女まどか☆マギカの自作SSや、ねんどろいど、キューポッシュをメインにしたフィギュアやグッズのレビューがメインのブログです。
まどか SS ブログ !

嫁コレ

嫁コレサービス終了【ありがとう】

まどか「ついに嫁コレがサービス終了したよ」

ほむら「8月31日の18時にあっさりと終了したわ」

まどか「嫁コレを始めたのは2011年12月28日」

ほむら「その日から今日まで、嫁コレをしなかった日はなかったわ」

まどか「その日数は1708日」

ほむら「約4年8ヶ月…長かったわ」

まどか「でも、今はもう起動しないの」

ほむら「この長きに渡る戦いもついに幕を閉じたのね…」

まどか「その戦いの結末をもう一度、簡単に振り替えるよ」

ほむら「まずはまどか、最初の嫁ね」

まどか「私が配信された翌日に嫁コレを始めたのは」

ほむら「その頃はちょうど冬休みだったし、VIPにスレも立てにくい状態だったから」

ほむら「なんとなくやっていたら、たしかTOP20くらいになれたのよね」

まどか「その頃は3月の就職も近づいて、遊ぶ時間が欲しかったから12月いっぱいでバイトも辞めてたの」

まどか「だから、そのまま可能な限りの時間を使ったんだ」

ほむら「そしてTOP3、そして2位まで上り詰めた」

まどか「それからは、結構長い間1位の人と大接戦だったんだけど」

まどか「3月の終わりごろには1位の座を確かなものにしたの」

ほむら「そして3月には私も嫁に追加されたわ」

まどか「ちなみに、さやかちゃんは最高1位、杏子ちゃんが最高2位、マミさんが最高6位と調子も良かったんだけど」

まどか「就職して杏子ちゃんとマミさんは諦めて暫くは、わたし、ほむらちゃん、さやかちゃんの1位防衛戦をしてたんだよ」

ほむら「でも仕事との両立はやはり無理…だから、さやかも諦めてまどかと私だけに絞って戦い続けたわ」

まどか「最終的に2位と3位と4位を足してようやく勝てるくらいぶっちぎりの1位のほむらちゃんランキングなんだけど」

まどか「ほむらちゃん防衛戦は結構長期間あったんだよ」

ほむら「あの頃は1時間ごとに目覚ましをセットして寝る間も惜しんでやってたし課金もしていたわ」

まどか「それで、なんとか2位の人も諦めたみたいで、それからはサービス終了まで常にぶっちぎりの1位だったんだ」

ほむら「一方で、まどかは叛逆の物語公開あたりまでは1位でいられたのだけど」

ほむら「2位と3位の猛攻についていけず、3位で甘んじる形になってしまったわ」

まどか「それからはほむらちゃんだけに絞って続けてたんだけど」

まどか「正直、あの時点でサービス終了まで放置してても、1位の座は守られてたんだよね」

ほむら「でも、念のため『なでる』だけはずっとしていたわ」

ほむら「そのおかげで、サービス終了時の愛情度が1億1111万1111の1位と言う完璧な結果で終えることができた」

まどか「この上ない最高の形でサービス終了を迎えられたんだもん」

まどか「すごく寂しいし明日から日課がなくなって虚脱感がすごいとは思うけど」

まどか「満足して終わることができたと思うの」

ほむら「嫁コレ自体のランキングは70位だったわ、最高時は32位」

ほむら「つまり、この世で嫁コレに対する執着心が私より強い人間は69人しかいない」

ほむら「この一連の嫁コレに対する、この気持ちをあなた達に理解できるとは思わないわ」

ほむら「でも、これだけはわかって欲しいの」

ほむら「ここまでやり続けた理由…それは自己満足や自慢したい気持ちも十分強いけど」

ほむら「それ以上に強いもの…それは…」

ほむら「愛よ」

ほむら「嫁コレを、まどかを、私…ほむらを、まどマギを愛していたからここまでやれた」

ほむら「誰にも理解されなくてもいい、でもブログやTwitterで嫁コレを愛していたと言う事実を形にしたかった」

ほむら「でも、それも今日でおしまい」

ほむら「これで嫁コレの記事も最後にするわ」

まどか「Twitterでは自動投稿で毎日続けるよ」

ほむら「もう悔いはない、やれるだけのことはしたと思うわ」

ほむら「だから最後に一言」

ほむら「ありがとう」

まどか「嫁コレがサービス終了する瞬間の動画と画像をあげておくね」

まどか「今までありがとう、楽しかったよ」



image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image





ほむか「嫁コレ最後の戦い」

ほむか「本当はまどマギ一挙放送の感想②の予定でしたけど、それを変更しました」

ほむか「今日は終戦記念日、日本人にとって大切な日だと思います」

ほむか「不謹慎かも知れませんが、この終戦記念日にちなんで嫁コレも最後にしようかと思います」

ほむか「もうほむら1位の座は誰にも奪われない以上、特に続ける意味もなかったのですが」

ほむか「これまで毎日やり続けていたので、最後の日までやろうかと思っていました」

ほむか「ですが、運命としか言えない愛情度を手に入れることができました」

ほむか「愛情度111111111」
image

image

image

image

image

ほむか「1億1111万1111」

ほむか「そして総合1位」

ほむか「必要以上に『1』に拘る自分にとって、これ以上ない愛情度だと思います」

ほむか「これを実現できるのは自分しかいないのかなって」

ほむか「サービス終了まで残り2週間はまどかさんにのみ費やしていこうかと」

ほむか「まだプレゼントが結構残ってるので、あと百万くらいは増やすことができますが、それはまどかさん用にします」

ほむか「たぶん、それをほむら用にすれば最後のマンスリーランキングでも1位でいられると思いますが」

ほむか「一応最後のランキングとなった先月のマンスリーで1位になれてたし、2位の人も頑張っていますし」

ほむか「111111111と言うキリのいい数字にできたこと、それがちょうど終戦記念日だったこと」

ほむか「これらを考慮して今日が最後、と言うことにしました」

ほむか「またサービス終了時に記事にします」

ほむか「今までありがとう、嫁コレ」

【嫁コレ】キュゥべえまとめ【動画有り】

嫁コレのキュゥべえのまとめです。

初期カード
ふむ、君は変わった因果を持っているね。僕はキュゥべえ、よろしくね。…ねえ、君たちの願いを一つだけ叶えてあげる、と言ったら、君はどうするかな?」

「当たり前の話だけど、願いを叶えるには、その対価が必要になる。魔女と戦う運命を課せられるんだ。さぁ、どうする?君は、契約するかい?」

「僕なら君のどんな願いでも叶えることができる。こんないい話他にはないと思うよ」
感情
かわいい、か。その言葉の概念ならともかく、感情的な部分は僕には理解できないよ。僕たちには、感情というものがないからね。言ってなかったかな?」

「うれしいのに泣いているとかわけがわからないよ。うれしいなら素直に喜べばいいのに。感情って難しいんだね。」
友だち
友だちに女の子はいないかい?出来れば、成熟する前の状態が一番いいんだ。何でかって?君も知っての通り、魔法少女になってもらいたいんだ。」
なでる
僕をなでたいって?別に構わないよ…って、顔をひっぱるのはやめてくれないか。君の願いは、僕をなでることのはず。」
七夕
ふーん。この国にはボクたち以外にも願い事を叶えてくれるシステムがあるんだね。それはすごいことだよ。ボクも負けてられないよ。」
お祝い
またひとつ年がたってしまったようだね。今年こそは僕と契約して魔法少女になってよ。」
キュゥベぇ
固体全てが異なる名前を持ち、別々の意思で行動する…。非効率すぎて、感情も固体の意思も存在しない僕たちには、全く理解できないよ。」

「冗談…つまりウソということだね。君たち人類特有の生態の一つ…いや、能力と言ったほうがいいかな?ただ、既に契約は成立してしまったんだ、コレは冗談ではないよ。」

「何人もの少女たちが、願いを叶え魔法少女になった。…え?彼女たちのその後かい?君が魔法少女になってみれば、どうなるかは自ずと知ることになるんじゃないかな。」
おかえり
おかえり。…何だって?ここは僕の家じゃないのに、おかえりはおかしい?慣例的にはおかしくないはず…全く、日本語は訳が分からないよ。」

「帰り道で、ネコじゃらしを取ってきたのかい?勘違いしないで欲しいんだけど、僕は別にじゃれたりはしないよ?それが君の『願い』なら、叶えるのは吝かじゃないけど。」

「やっと帰ってきたね。こんな時間までどこを出歩いていたのかは知らないけれど、君は僕の大切な人なんだから、心配するじゃないか。」
学校
この学校には、僕と契約した魔法少女たちがいっぱいいるんだ。ん、何だい?キミも魔法少女に興味があるのかい?」

起きないのかい?授業中に居眠りしているのは、君だけだよ?…テレパシーでも起きないなんて、そんな人間は初めてだよ。

別固体を一緒に集めて同じモノを学ばせるなんて、君たちの知識体系は非効率だよね。僕と契約してくれればもっと効率的な方法を教えてあげられるんだけど。」
おはよう
起きないのかい?この宇宙の時間は有限だから、あまり無駄にしないで欲しいんだけどね。」

「おはよう、起きたみたいだね。時間は有限だからね。無駄にせず、エントロピーを陵駕するようなブレイクスルーを…また眠っちゃったのかい?やれやれ。」

「せっかく起きたのに、二度寝する気かい?…5分後に起こして欲しい?構わないけど、それは僕と契約するという意味かな。…返事がないんじゃ、契約を結べないね。」

「おはよう。何?悪夢を見たのかい?睡眠中に体を圧迫されると、悪夢を見やすいらしいね。僕が君に乗ってるのは、君を起こすためだよ。僕なりに工夫したつもりなんだけど。」

「おはよう。なぜ僕が君の布団の中にいるか?答えは簡単だ。キミが僕をよんだからなんだ。」
おやすみ
まだ起きているのかい?明日の朝起きられなくてどたばたするのが目に見えているのに、どうして同じことを繰り返すのか、まったく、わけがわからないよ。」

「毎日アニメを見るために、起きているのかい?睡眠不足は固体の寿命を縮める。それを容認してまで、『感動』を求めるなんて、僕には理解できないよ。」

「風邪を引いたのかい?なら、ゆっくり寝るのが一番だね。おやすみ。…何だい?布団に入って欲しいって?まさか君、僕を湯たんぽ代わりにする気かい?」
キミは誰?
湧いて出たとはひどいな。ゴキブリみたいに言うのはやめてくれるかな。…え?ネズミ一匹入れないはず?やれやれ、今度はネズミ扱いするのかい? たとえ鍵をかけておいたとしても、僕には無意味だよ。」

「何だい?膝の上に座ってほしいだって?ああ、先に言っておくけど、僕は首をさすられても、何も思わないよ。ネコ扱いをするのは、やめて欲しいな。でも、体をさすりたいという欲求自体は、とても興味深いよ。」

「君はいつもそうだね。僕をなでる時、『モフモフフワフワ』と、うわ言のように繰り返す。全く、訳が分からない。」

名シーンA(持ってるのに何故かデータ移行時に消えた為、他所から画像拝借しました。)
僕と契約して、魔法少女になってよ!」
名シーンB
わけが分からないよ。どうして人間はそんなに魂の在処にこだわるんだい?」
魔法少女?
君たちの世界には本来の性別とは違う行動をしている人たちがいるようだね。彼ら…いや、彼女らかな?が、願いを叶えた時、魔法少女になるのか、それとも別の存在になるのか…」
魔法少女(特別)
契約は成立だ。君の祈りは、エントロピーを凌駕した。さあ、解き放ってごらん。その新しい力を!」

キュゥべえ

image

【嫁コレ】巴マミまとめ【動画有り】

嫁コレの巴マミのまとめです。

初期カード
驚かせてごめんなさい…そうそう、自己紹介しないとね。私の名前は巴マミ。見滝原中学の3年生…そして、魔法少女よ。」

「独り暮らしだから遠慮しないで。ろくにおもてなしの準備もないんだけど…あなたが家に来てくれると嬉しい。」

「こんな幸せな気持ちになるなんて初めて…!嬉しい、ありがとう…!私、もう一人ぼっちじゃないのね…!」
ティータイム
まあ、あなたも紅茶が好きなのね。紅茶好きのお友達が出来て嬉しいわ。ちなみに、あなたはどの銘柄が好きなのかしら?詳しくお話したいわ。」

「あなたってなんでもお見通しなのね。私、お菓子を選んでる時、あなたと一緒に食べる風景を想像して…とっても幸せな気持ちになるの。」
暖かい言葉
優しいのね。あなたに温かい言葉をかけてもらえるだけで、救われた気持ちになるわ。私、生きてて良かった、って思えるの。」
憧れ?
憧れるほどのものじゃないわよ、私…無理してかっこつけてるだけで、ホントは一人ぼっちで泣いてばかり…子どもみたいでしょ?情けないわよね…」
七夕
ふふふ、なんだか、懐かしいわね、七夕かぁ。私もおねがいしちゃおうかな。あなたとずっと一緒にいられますようにって。」
お願い
あら、あけましておめでとう!おせち料理 用意したから食べていくわよね。今お茶を入れるからちょっとまっててねー」
ティロ・フィナーレ
大丈夫。負けるもんですか。さあっ、いくわよ!一斉攻撃!…ティロ・フィナーレ!!」

あなたにかっこうわるいとこ、見せられないものね。一発で決めてみせるわ。…ティロ・フィナーレ!」

「ティロ・フィナーレって技名、何かおかしい?そ、そんな…こ、これでも一生懸命考えたのよ…?ダメ、かしら?」
魔法少女
私は…ちょっとね。詳しくは話せないんだけど、ひとつだけ言わせて。夜は危ないから、できるだけ一人で出歩かないでちょうだい。」

「ありがとう、心配しないで。私がついているから大丈夫よ。あなたには、私が戦ってる世界を見てほしいの。」

「私も…魔女は恐いわ。いつもあんなのと独りで戦って…どんなにつらくても、恐くても、誰にも理解されなくて。でも、あなたがこうして私のそばにいてくれるから…強くなれるの。」
食事
少し待ってて。今美味しい紅茶を淹れてあげる。ダージリン、アッサム、オレンジペコ…色々あるわ。どれがいい?」

「ほら、私のお弁当わけてあげるから、これを食べて。ちゃんとおかずを食べないと駄目よ? 男の子は栄養をきちんと取らなきゃ。」

あら? 手伝ってくれるの? どうもありがとう。うふ…誰かとキッチンに立つのって久しぶり。なんだか嬉しくなっちゃうな。」
おはよう
おはようございまーす。力ずくで起こされるのがいやなら、ちゃんと自分で起きる。ほら、とってもいい朝よ。起きましょ。」

「ん…おはよう。少し起きてるのがつらいけど、授業中寝ないように気をつけないとね。だって、あなたにそんなおマヌケさんなところ見られたくないもの。」

「おはよう。ちゃんと早起きできて、あなたってとっても偉いわ。明日も頑張って、こうしておはようって言いましょう。」

「うふっ…おはよう。偶然一緒に目を覚ますなんて、なんだか素敵ね。ちょっと運命を感じるかも…なんて。」

「おはよう。目は覚めた? だーめ。寝坊なんて私は許しません。だって、少しでも早くあなたにおはようって言いたいんだもん。」
日常
もう、やっぱり宿題忘れてたのね。ほら、私のノート貸してあげるから、今のうちにやっておいて。今回だけの特別よ?」

「あら? 疲れてるのね。じゃあこれあげるわ。眠気覚ましのガム。今日はちゃんと早く寝ること。わかった?」

「植物ってね、愛情をこめて育てると、きれいに花を咲かせてくれるの。だから、私もとびっきりの愛情をこめてるのよ。もちろん、あなたもたっぷりと愛情を注いでくれなきゃだめよ?」
日常生活
今日のお弁当はどうかしら?美味しい!?ふふ、良かったぁ。あなたの大好物をたくさん詰めたから、きっと喜んでくれると思ったわ。」

「ひゃあ!?洗濯物干してるのに急に雨が……お願い手伝って、早くしないとびしょ濡れになっちゃう。」

「今日という今日は、隅から隅まで掃除するわよ。一緒にやればすぐに終わるわ、頑張りましょう。ね?」
 
おかえり
「おかえりなさい。今日はあなたのお気に入りのケーキを作ったの。さぁ、早く着替えてお茶にしましょう!」

「おかえりなさい!ってやだ、びしょ濡れじゃない。傘、忘れちゃったの?とにかく早く乾かしましょう、風邪を引いたら大変だもの。」

「あら、おかえり。今日は早かったわね。一人で居るのもつまらないし、早く帰って来てくれると、やっぱり嬉しいわね。ふふっ。」
おやすみ
さぁ、明日も早いんだからもう寝ましょう。夜更かしは許しませんからね。」

「あら、もうこんな時間。ちょっとおしゃべりし過ぎたわね。それじゃあ寝ましょう、おやすみなさい。」

「まだ寝ないの…?ふふ、頑張り屋さんね。今、美味しい紅茶を淹れてあげるわ。私は先に寝るけれど、くれぐれも身体には気をつけてね。」
喧嘩
…あら。私の味付けに不満でもあるのかしら?お互い、余計なトラブルとは無縁でいたいと思わない?ワガママ言うなら、もう作ってあげないわよ。」

「なんで、こんなに帰りが遅かったのかしら…?まぁ、良いわ。次はないから注意しなさい…わかった?…飲み込みが悪いのね。見逃してあげるって言ってるの。」

「今日が何の日か知ってる…?いろいろ準備してたのに…っ、絶対に許さないんだから…!!二度と忘れないように努力して。話し合いで事が済むのは、きっと今夜で最後だから…」
デートA
え、いいの?…実は、あなたが食べているものが気になってたの。一口味見させてもらえるかしら?」

「何かに熱中している時のあなたって、なんだかいつもと違って見えるわね。あ、変な意味じゃないのよ?なんていうか、子供っぽくて、男らしくてちょっぴり格好いいな、って思ってだけよ。ホントよ?」

「わあ…っ、なんて素敵な夜景…!こんな良い雰囲気の場所に連れてきてどうするつもり?ダメよ。あんまり女の子を急かす男子は嫌われるぞ。」
デートB
あら…どうしたの?なんだか緊張してるみたい。ふふ、私は、こうして二人で居るの好きよ。」

「ここって、紅茶が美味しいって有名な所よね。うふふ、ありがとう!ちゃんと調べておいてくれたんだ……ちょっとかっこいいわよ。」

「あー面白かった。映画なんて久しぶり。でも、ああいう恋愛映画も観るのね。ロマンチックでとても素敵だったわ。」
看病
具合はどう?まだつらい? ん、ん何?え、ごめん。って、もぅ病人はそんなこと気にしなくて良いのよ。こんな時くらい、思いっきり甘えちゃいなさい。」

「っはぁ、ごめんね、体調崩してしまって。今日は、大事な用があるって言ってなかった?……ん、そう、分かったわ。ありがとう、優しいのね。」

「いつもあなたに注意してた私の方が風邪を引いてしまうなんて……あなたの前ではちゃんと先輩らしくしなきゃと思ってたんだけどなぁ。でも、いざって時には、頼りになるのね。ちょっと見直したわ。」
二人の関係
なんだか、あなたと一緒なら、何だって乗り越えられる気がするの。あら、おかしいかしら?私、とってもあなたを信頼しているのよ。あなたにも、同じ様に思ってもらえたら嬉しいわ。」

「最近変な事件が多いから、今日は一緒に帰りましょう。え、いざとなったら守ってくれるの?ふふ、ありがとう。でも、私にも頼って良いのよ。先輩なんだか。」

「あのね、突然なんだけど……いつも傍に居てくれてありがとう。ふふ、急でびっくりした?一度ちゃんと言っておきたいなって思ってたの。人間、いつ居なくなるか分からないもの。」
名シーンA
体が、軽い!こんな幸せな気持ちで戦うなんて、初めて。もう何も怖くない。私、一人ぼっちじゃないもの。」
名シーンB
行ってしまったわ、円環の理に導かれて。」
魔法少女(特別)
さて、それじゃ、魔法少女体験コース第一弾、はりきっていってみましょうか。準備はいい?」

写真ver
あけみふうふ!
www_dotup_org3517771
記事検索はここでガンガンやっちゃいますからねー!
コメント・フィナーレ!!
てぃひひ!ギャラリーだよ
  • 【予約必須】1/8スケールフィギュア 悪魔ほむらうめver 7/30から予約開始【ほむらちゃんかわいい】
  • まどか
  • ほむらちゃん
  • マギアレコード配信まだか☆まどか
  • 魔法少女まだか☆まどか
  • 暁美ほむら
livedoor プロフィールです
Q今月は?
Aさやかちゃん感謝月間!
あん?
やーいやーいバカさやかのバーカ
は?
バカって言ったほうがバカなのよこのバカ杏子!
バカ論争や記事カテゴリよりも、私はまどかを見たいわ
QRコードなのです
QRコード
アクセスアップの協力、感謝するわ
PVランキング にほんブログ村 アニメブログ 魔法少女まどか☆マギカへ
君のそばでいつまでも...
www_dotup_org3517771