マミ「……はぁ」

マミ(思わず話しかけてしまったけど…愛生さん、明らかに言葉に詰まってた…)

マミ(そうよね…私、クラスの中でもかなり浮いた存在だもの……)

マミ(特に…あの事件があってから……)

マミ(鹿目さん達やなぎさちゃんが側にいてくれる時は気にならないけど…)

マミ(やっぱり…私……)

さやか「あ!マミさん!」

マミ「あ、美樹さん」

さやか「あれ?もう買ったんですか!?」

マミ「え、ええ、チーズケーキよ」

さやか「あはは、なぎさの仕業ですね」

マミ「ええ、でもとても美味しそうよ」

さやか「わはー!それは楽しみ!」

さやか「あっ、いくらでした?あたしも出しますからね!」

マミ「ふふ、やっぱり今回は私が出すわ」

さやか「ええ、そんな!なぎさや杏子はともかく、あたしまで出さないわけにはいきませんって」

マミ「美樹さんはまた別の機会にお願いするわ」

さやか「うーん、そう言っていつもマミさんばっかり出してもらうのも…」

マミ「お金の心配は私はいらないけど、美樹さんはお小遣い限られてるじゃない?」

さやか「そりゃまぁ…そうですよ?でもなぁ」

マミ「それよりも、佐倉さんとなぎさちゃんは…?」

さやか「あぁ、あいつらったら勝手にいろんなお菓子の物色に……」

マミ「ふふ、相変わらずよね」

さやか「ほんとですよー」

マミ「ふふ…」

さやか「……じー」

マミ「?」

さやか「…マミさん、何かありました?」

マミ「へ?」

さやか「元気ないですよね?」

マミ「!…いえ、大丈夫よ?」

さやか「……じー」

マミ「え、えっと…」

さやか「…マミさん、もう一人で抱え込んだりとかしないでくださいね?」

マミ「!」

さやか「マミさんにはあたし達がいるんですから!」

マミ「!……美樹さん…ふふ、そうね、そうだもんね」

マミ「ありがとう」





杏子「ほんといつ来ても美味そうなのばっかだよな」

なぎさ「杏子はお金ないのにいつも物色するのです」

杏子「見るだけならタダなんだし、仲良くなりゃ試食だって貰えるだろ?」

なぎさ「あ、なぎさもたまに貰うのです!」

杏子「そ、だからアタシは顔を売ってんのさ」

なぎさ「なるほどなのです」

杏子「それにこの甘い匂いだけでも…」

杏子「うん?くんくん…なんだこの匂い」

杏子「すげぇ甘い匂いだぞ…?」

杏子「あー…」


まさら「いちゃいちゃ」
こころ「いちゃいちゃ」


杏子「あいつら朝から見せつけてくるなー…」

なぎさ「甘ったるくて胃もたれしそうなのです」

杏子「なぎさ胃もたれしたことあんのかよ」

なぎさ「チーズたれならあるのです」

杏子「はは、なんだそりゃ」