こころ「うーん、どれも美味しそうで悩むなぁ」
まさら「もうここで決めていいわよね」

こころ「うん!初めて見るお店だし、きっとみんなも喜ぶよ」
まさら「確かに見ないお店だものね、期間限定かしら」

まばゆ「あぁ、ええと、そうなんです。出張販売ってやつでして」

まばゆ「神浜は今回が初めてなんです」

こころ「そうなんですね!」
まさら「ならあなたも神浜には住んでいないのね」

まばゆ「まあ、はい、そんなとこです」

まばゆ「あー、その、よかったら試食でもいかがですか?」

こころ「え、いいんですか?」

まばゆ「はい、ぜひ!」

まさら「ありがとう、ならいただくわ」

まばゆ「どうぞどうぞ」

まさら「はい、こころ」

まばゆ「うん!?」

こころ「あーん」
まさら「どう?」

こころ「わぁ!美味しい…!本当に美味しいよ!」
まさら「そんなに?」

こころ「ええと、もう一ついいですか?」

まばゆ「へ?あ、どうぞ」

こころ「ありがとうございます、はい、あーん」
まさら「あーん」

まさら「…!確かにこれは美味しいわね」
こころ「でしょ!?こんなに美味しいケーキ初めてかも!」

まばゆ「………」

まばゆ(え!?嘘でしょ!?試食で食べさせ合う人って実在したの!?)

まばゆ(しかも、二人ともごくごく自然に…さも当然のように)

まばゆ(こう…空気を吸うように、当たり前のように…食べさせあってる…!)

まばゆ(見るからに恋人同士だとは思ったけど、ここまで進んでるんだ!?神浜…!?)

まばゆ(それともあれ!?もしかして私がぼっちすぎるだけで、このくらいは普通だったりするんですか…!?)

まばゆ(いや、確かに仲のいい友だち同士なら食べさせ合うことくらい、ある…)

まばゆ(ある?え?ありますかね??)

まばゆ(いや、仮に食べさせ合うとしても、こう…ひと目につかないとことか、お互いのお弁当とかじゃないですか!?)

まばゆ(これ試食ですよ試食!それを食べさせ合うとは……)

まばゆ(い、いや…でも、かなり良い絵面なのはたしか…)

まばゆ(たぶん、その手の人が見たら満面に咲く花と光り輝く二人に見えるはず…!?)

まばゆ(じ、実際、なんかさっきよりこの店見られてますよね?!)

まばゆ(客寄せ効果…でしょうか?!)

まばゆ(顔の良い女の子二人がケーキを食べさせ合ってる光景…)

まばゆ(これ私がいない方が確実に絵になるやつ…!!)

まばゆ(ああ…消えてしまいたい…!!)

まばゆ(幸せ前回の二人とぼっちの私!どこで差がついたのか!!)